(アニメ感想) 地獄少女 第11話 「ちぎれた糸」

毎回パターンを変えてくるよになったこのアニメ。やはり、視聴者のワンパターンでと言う意見が反映されているのかなと思いました。だとしたらなかなか好感の持てるスタッフですよね。でも、アニメの製作時間はかなりかかるみたいですから実際は反映されているのかは微妙ですが。今回も柴田は出てくるのでしょうか?相変わらず、役に立たないのでしょうかね?(苦笑)



jigoku051218001jigoku051218002jigoku051218003jigoku051218004

金持ちの息子から一転、転落人生の一途を辿る雅哉が今回の主人公ですね。今回も、展開が早いです。あっと言う間に人形を渡すところまでいきました。それにしても、一目漣と骨女とのやりとり緊張感がなさすぎます。人間味を出すのはいいですけど、神秘的なお仕置き人がどんどん俗っぽい人間に成り下がっていくのはこのアニメにとって良くないことだと思います。そもそも、あい達が復讐者の近辺を調査すると言う描写は必要なんでしょうかね?私は、必要ないと思うのですけどね。地獄の住人ならそんなことをしなくとも全てお見通しでしょ?

さて、ある事をきっかけに柴田と雅哉が接触します。雅哉の話しを聞いて復讐なんてやめろと説得する柴田。しかし、今の雅哉は何も耳に入りません。自分を落としいれた稲垣に対して復讐心を燃え上がらせます。一方、雅哉が地獄少女に復讐依頼したと悟った柴田は稲垣を調べ始めます・・・。

「あいつ、邪魔だな・・・」ってなんか完全に悪党のセリフじゃないですか?柴田が復讐の邪魔をしようとするのを見た一目漣と骨女のセリフですが、なんかこのアニメの世界観がどんどん崩れていくような・・・。たけど、今回はいつもと展開が違います。柴田がなんとか雅哉の復讐を思いとどまらせようとして、人形の糸を解くなと指示。もしかして、初めて復讐はなし?と思いきや・・・。

久しぶりにアイの「一遍死んでみる?」が聞けたわけですが、私はどうも雅哉の決断には納得出来ませんでした。なんだそりゃ?と言いたくなるようなこの結末、正直がっかりです。もしかして、時間が足りなかっただけかな?この話しは全編と後編に分けて2話にまたいで見せて欲しかった。稲垣と柴田の関係、そして結局雅哉が復讐するにしてもそこに至るまでのプロセスをもう少しちゃんと描いて欲しかったし、一目漣と骨女の「あいつ邪魔だな」と言う発言も気になりました。2クールならもっとじっくりいってもいいんじゃないでしょうかね?

jigoku051218005

地獄少女 1

0 Comments

Post a comment