(アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第21話 「残刻」

ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.3




洵を拉致した稀人たちは洵のペルソナを利用し、制御の限界を超えつつある複合ペルソナの安定を図ろうとする。そして慎は、かつてペルソナの研究に関与していた柊社長から、諒だけが知っていた両親の過去についての真実を知らされる・・・。

稀人達にさらわれてしまった洵・・・。ただ、これは真田が稀人達の根城を見つけ出すための、危険な賭けであったわけです。そして、洵自身が望んだこと・・・。

当然この事実を知った慎は、真田に怒りをぶつけたわけですが・・・もう真田達には洵に頼る以外の手段しか残されていなかったことも、また事実なのです。

それにしても、「あの人は昔、ボクングの学生チャンピオンだった」という戌井のセリフ・・・一瞬何を言っているんだ?とポカ~ンとしてしまいましたが、本来なら避けることは造作もないはずなのに、慎にあえて殴らせたということを言いたかったようですね。

うーん、この作品はキャラクターの心情を、他のキャラクターのセリフによって、代弁させるのが非常にうまいのですが、これはタイミング的にもあまりうまいと思えなかったのは残念・・・。


空っぽの心・・・サキによって語られた真実は、カナルにとってあまりにも残酷なものでありました。まゆり、そしてカナルという存在もこの世には存在しなかったのです。サキは「設定」という言葉を使っていましたが、それは彼女に植えつけられた偽りの記憶でありました。


一方、九条が目覚めない今、稀人達にも少しずつ限界が近づいてきていました。ここで、有働は慎のペルソナによって自分達とペルソナを分離させることを提案します。

しかし、決して首を縦に振らないサキとソウタロウ。サキはかつてこんなことを話しました、「九条にすがるしかなかった」と・・・。ただ、彼女が本当にすがっていたのは、九条から告げられた「特別な存在」という言葉なのでしょう。

これまで、心と体を両方を酷使してまでも九条についてきた・・・。当たり前の幸せを知らなかった彼女達が、唯一信じられたのは、そんな苦労も最終的には「特別な存在」へと昇華することで全てが報われるのだという言葉だけ・・・

それは、稀人達の思考を麻痺させるほどの、強烈な縛りとなっているのでしょうね。立場の弱い子供達を集め、自分にすがるしかない状況を作ることで結束力を高める・・・九条とは随分とムゴいことをする男です。

まあ、彼の場合は稀人だけでなく、自分の娘も平気で実験台に使う男でありますからね。適性に優れたていたあやね・・・注がれ続けた薬物の副作用で、成長が止まろうとも、あやねは父親を喜ばせたい一心で献身し、魔女になったと言います。

しかし、やがて、自らの存在が大いなる過ちの象徴であることに気づき・・・と柊社長の言葉はここで途切れましたが、それは自ら命を断ったということなのでしょうか?いや、もしかするとこの件には諒も絡んでいたのかもしれません。まあ、これに関しては何れ、明かされていくでしょうね。


さて、最後に衝撃の事実が明かされます。隠されていた器・・・それは、九条の娘・あやねでありました。九条は、最終的には稀人のメンバーから全てをむしりとり、あやねへと結合させるつもりだったわけです。

カナルや洵は、それの実験体になったと言えます。ただし、カナルの場合には両方の人格が競合しているためか、二つの人格同士はリンクを取れない状態

それに比べ、洵の場合はユキ本人も話していた通り、「一つになるのが早かったから」、互いの人格がうまく共存している状態で生活出来るのでしょう。

ともかく、カナルがただの人形に過ぎなかったというのはあまりにも残酷すぎる話しではありませんか。全てが偽りの記憶・・・空っぽだったから、おそらくは洵も彼女の心は読めなかったのでしょう。

しかし、ユキは言いました「今は想いが伝わってくる」と・・・。それは今は決して、カナルの心が空っぽではないということを示しています。過去はどうあれ、現在の彼女は慎達との交流の中で満たされつつある。

そして、慎への想いも決して偽者ではない・・・今を生き、その結果に生まれた思いであるからこそ、それは大きな価値を持つのです。しかし、次回予告を見る限りは・・・いや、ここは慎の奮闘に期待したいところでありますね。


さて、その慎にも一つ大きな謎があります。十年前の事故のことを覚えていない彼・・・。その事実を聞かされた柊社長の複雑な表情が気になりましたが、あれは一体何を示していたのでしょうか?

また、両親が亡くなった理由というのも明かされていません。これと、慎の記憶がないということと何の関係があるのか?これは非常に気になるところです。

まだ多くの謎を残したまま・・・最終回が近づいていますが、これら全ての伏線は回収されるのか?今後の展開にも期待しましょう。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第18弾をアップ!新コーナーに新たな女性パーソナリティ登場!!(08/05/05更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第18弾」をアップしたしました。今回より新パーソナリティをお迎えしての新コーナーが登場!一週間のアニメニュース、そして放送中のアニメについて熱く濃く語っております。そして、女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、レトロゲーム紹介などのおなじみのコーナーも充実!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第18弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://app.blog.livedoor.jp/pizzadon/tb.cgi/50989065
http://boogiepop77.blog24.fc2.com/tb.php/808-aecea3c1
http://arekao.jp/kumix/tbinterface.php/90f1dc9fe636f61b3e6d2db4b63741cb
http://hibizakkan.blog.shinobi.jp/TrackBack/372/
http://key623.blog2.fc2.com/tb.php/5864-2cca270f
http://sanaedukidenpa.blog104.fc2.com/tb.php/303-7a48bbdc
http://d.hatena.ne.jp/zenit-joker/20080528/p2

0 Comments

Post a comment