(アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第24話 「贖罪の楔」

ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.3




十年前のその日。昨日までと変わらぬ日常が明日も続くことを誰もが信じていた冬の午後、綾凪市沿岸部を中心に突如起こった同時多発事故、そして原因不明の地震を含む多重災害。多くの人々が一瞬にして無気力症状態へと陥り、都市機能が麻痺したその瞬間、その爆心地と呼べる場所――鉛色の富山湾を望む海岸に、小松原彩音、そして両親とともに神郷諒がいた。そのとき、彼の腕の中に抱かれていたのは ――。

今回は、十年前のあの時、慎の身に何が起こったのか?という謎が明かされると同時に、両親の罪、そして諒の抱える罪の意識というものが、物語の中で示されていたのでした・・・。

微笑ましい家族団らんの時・・・両親も健在であり、慎、諒、ユキ、洵もとても、明るい表情を見せています。思えば、家族にとってこの時が一番幸せだったのかもしれません。

しかし、暗い影は確実に忍び寄っていました。それは、決して消えることのない罪・・・。慎達の両親が許されない研究をしていたことは、すでに明かされている事実です。しかし、あやねの身に怒った悲劇を目の当たりしてから、二人はあの研究から手を引いていたのです。

だが、その罪と向き合う時が来たと感じたのでしょう。両親は諒にだけ真実を話し、これまで行ってきた事への責任を取りたいと伝えたのです。

そして、事件は起きました・・・それが綾凪市沿岸部を中心に突如起こった同時多発事故だったわけです。


やはり、それは悪魔のささやきでありました。突然起きた事故により、瀕死の重傷を負った洵とユキ。切羽詰った状況で、洵の命を救ったかに見えた小松原・・・しかし、実際は二人の命を実験の道具として弄んだのです。

これは、以前から思っていましたが、ユキが助からないというのもウソだったのではないでしょうか?どうしても実験の対象が欲しくて、無理やり移植手術を決行しようとした・・・もしそれが事実としたら、小松原とはまさに悪魔であります・・・。


ところで、物語の早い段階で、諒が医師に究極の決断を迫られるというシーンは回想にありましたが、その時は諒が医師に従いサインしたことに対しての罪の意識(仕方がないと分かっていてもユキを失ったことへの)を抱いていたのだと私は思っていました。

しかし実際は、知らなかったとは言え、小松原の企みに手を貸す形となってしまい、そのおかげでユキを失ってしまった、サインをしたが故に・・・。それに対しての罪を、諒はずっと背負い続けていたというわけです。


ではあの時、慎はどのような状態に陥っていたのか?最初は、無気力症なのかと思われましたが、小松原の話しではどうやらそうではないようです。あまりにも、ショッキングな現場に遭遇したことで、無意識にそれを思い出したくないという心の作用によって記憶が失われたのかもしれませんね。

それぐらい、あの現場は壮絶なものでした。浜辺で会話をしていた諒と両親・・・そこに姿を現したのはあやね。その表情は強い怒りに満ちていたのです。

まさに、あやねは両親の罪の象徴そのものでした。どこへいても、決して逃げられるものではない・・・。

あやねのペルソナによって、両親は取り込まれ、そしてそこに慎が現われた・・・。彼のペルソナが目覚めたのはこの時です。そして、慎のペルソナはあやねのペルソナへとその攻撃性を示しました・・・。

ところで、後に慎は、自身が両親を殺したのだと思い込むようになります。真実は、両親のペルソナに刺さった剣を慎のペルソナが引き抜いた・・・ということだったのですがね。

そして、その剣を使い、取り込んだ両親のペルソナをあやねのペルソナから切り離した・・・。あの剣は、元々は両親が生み出したものなのでしょうね。だとしたら、それは両親があやねを解放したいという想いから生じたのかもしれない・・・。

だから最後に、二人のペルソナが消える時、あやねに対して、優しくうなづいていたのではないでしょうか?両親は自分達の罪を認めると同時に、あやねを受け入れた・・・彼女の解放を心から願っていたように思えます。

こうした真実を知りながらも、全てを背負う形(両親の罪をも)で生きてきた諒。慎の涙は、それらを理解したという涙なのでしょう。諒が守ろうとしたもの、その強さと大きな優しさ・・・だが、今ここに彼はいない・・・それがあまりにも悲しいのです。


最後の墓地の描写・・・多くの命が失われました。それは罪の代償としては、あまりにも大きすぎる犠牲だったのではないか?という思いを禁じ得ません。

ただ、慎のペルソナは唯一の希望です。両親から受け継いだ想い・・・それを行使するのは彼にしか出来ないことですから・・・。前回に続き止まらない涙・・・ああ次回も楽しみだ。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<今回はマクロス特集~!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第19弾をアップ!!(08/06/14更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第19弾」をアップしたしました。今回はマクロス特集!現在放送中のマクロス・フロンティア。その原点である、初代マクロスTV版と劇場版の紹介と考察。さらに愉快なOPトークコーナーに、アニメニュースとアニメ感想をお届けする「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第19弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/a06aa71d0b
http://d.hatena.ne.jp/ennoea/20080616/persona24

0 Comments

Post a comment