(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第10話 「神虎 輝く 刻」

コードギアス 反逆のルルーシュ volume04 (Blu-ray Disc)




ブリタニアと大宦官。困窮する中華連邦の臣民達。蒼天はすでに死した如く中華連邦は混迷する。そして戦場もまた…。敵味方が入り乱れ、戦局が寸刻で逆転する大混乱の最中、数々のテストパイロットを再起不能にした脅威のナイトメア「神虎」がついに牙を剥く!その餌食となるのは!?

飛び出したシンクー!しかし、そこにはゼロのワナが待ち受けていた・・・

前回、かっこよく式場に乱入にしたシンクー。その姿には、激しくしびれたものですが、最後の最後でルルーシュがおいしいところをもっていってしまいました。これも、彼がシンクー達の反乱を予測しての作戦であったわけです。

自分達の行動を逆に利用される形で天子を目の前で奪われてしまう・・・シンクーにとってこれほどの屈辱はありますまい。

天子の奪取、そして逃走・・・。しかし、それを阻止すべく現われたのがスザク乗り込むランスロット!今回は、奇しくも藤堂とスザクによる、師匠vs弟子対決となりましたね。

まあ、これまではランスロットの性能があまりにも高かったため、戦う前より勝負は見えていた感がありますが、パワーアップを施された斬月ならば、スザクとも互角に戦えるというもの・・・。

もちろん、スザクは強い!今の藤堂でも、やはり苦戦します。しかし、今はランスロットのフロートを破壊しただけで十分。これでスザクはゼロ達を追えなくなりまたからね。あの時点ですぐに藤堂を引かせた、ゼロの判断は的確なものでした。


ロリコンがまた一人・・・ゼロ、ロリ天子を口説く・・・

天子を連れ去ったゼロ。その意味を彼女の前で説くわけですが、どうにも要領を得ないようです。「私達の国、合衆国日本はもっと巨大な合衆国連合の一部だと考えている」と、それ故「合衆国中華」だと言うわけです。

なるほど、合衆国というからには一定の独立性は保たれるのでしょうが、少々胡散臭く感じてしまうのはゼロが仮面を被っているからか?(苦笑)。天子がピンとこなかったのは、それ(胡散臭さ)を敏感に感じ取ったからではないのかな?と思ったりして・・・

ところで、「シンクー・・・将来を言い交わしたお方ですか?」と天子に尋ねる神楽耶。彼女は他人の色恋沙汰にも興味深々のようであります、さすがミーハー皇女!そしてその質問に頬を赤らめる天子・・・まんざらでもないようだ・・・。

「そんな・・・ただ約束を・・・」「許婚として?」「外に出たいと6年前に・・・」「そんなに昔の事を?運命の人ですね~!!」・・・神楽耶よ、なぜそっちに話しを持っていきたがる・・・ダメだコイツ、早く何とかしないと!!

まあ、ただゼロも天子と話すのは苦手のようでありますね。「分析しづらい」とは彼の談。ああ~、神楽耶同様、感覚や感性で生きている人達はゼロは苦手でしょう。スザクがいい例でございますよ(苦笑)。

ちなみに、「財務大臣や金融大臣のポストを・・・」とゼロに訴える玉城は分かりやすいタイプね。ホント、今までよく死ななかったですよね~(苦笑)。


冴えるルルーシュの策略!!だが、いつだって不測の事態は起きるもの・・・

逃亡するゼロ達黒の騎士団。しかし、前方の渓谷にかかる橋は破壊され、黒の騎士団は立ち往生してしまう。ところが、それもゼロの想定の内でありました。

潜んでいた兵士達。気がつけば、黒の騎士団を追っていた中華連邦の軍は、黒の騎士団に取り囲まれていたのです。こうして、この場を切り抜けたゼロ・・・やはりこの男は抜け目がない・・・。

しかし、これらの仕掛けや作戦の一部はシンクーが考案していたものであったという事実・・・シンクーの才能はルルーシュも認めるところであります。まあ、敵として対峙すれば恐ろしい男であることは確かでした・・・。

そして・・・噂をすれば何とやら・・・奴が現われます。それは、かつてラクシャータの開発したというナイトメアフレーム・神虎。あまりにも性能が高いため、それを乗りこなすパイロットがいなかったと言います。

だが、その神虎を乗りこなし、黒の騎士団の前に立ちはだかった者こそ、シンクーその人でありました。


神虎飛翔!それと対峙するは紅蓮!!この決着やいかに!?

恐ろしいほどの力を発揮するシンクーに、黒の騎士団のエースを名乗るカレンが挑む!凄い、地が響き、大地が裂けるほどの戦いとはまさにこの事であります。

しかし、紅蓮と互角のパワー・・・また、それに搭乗することは困難と言われた機体を乗りこなすパイロットの腕・・・シンクーと神虎恐るべし!!

ただ、このシビれるような一騎打ちで、唯一残念だったのは紅蓮のエネルギーの補給が不十分であったということ・・・。お互いイーブンな条件での戦いが見たかった!結局、紅蓮のエネルギー切れにより、紅蓮もろともカレンは中華に捕らえられてしまったのです・・・。

カレンが捕虜になる!この緊急事態にゼロのとった行動は意外なものでした。なんと!カレンへの通信を開くと、「諦めるな必ず助けてやる!」と声をかけたのです。

前回も気になっていたのですが、ルルーシュとカレンの距離はとても近くなっていますね。それは、カレンに今後の展望を打ち明けていたところにも表れていましたが、しかし指揮官が思わず私情を挟んでしまうというこの行動・・・果たしてこれでいいのだろうか?

そんなルルーシュの甘さを指摘したのが、ディートハルト。まあ、前期からそうでしたが、彼の役回りというのはここにあると私は思っています

ニーナや彼のような狂人は、社会の人々の歪みそのものの象徴です。だからこそ、そんな彼らの言葉には人間の矛盾を強く糾弾し、その人間の心をエグるような鋭さがあると思うのです。優秀な部下としてだけではなく、物語の中でそうした厳しい指摘を投げかけルルーシュの矛盾を浮き彫りする存在としても必要なキャラクターですね。


大望を為すために・・・迫られる選択・・・だがルルーシュならば・・・

ディートハルトはゼロにカレンを見捨て、このまま撤退するよう進言しました。「カレンは一兵卒に過ぎない」というのが彼の意見。なるほど、それには一理ありますが、しかし感情論抜きでカレンの能力を考えた場合に、それも難しい選択となる事は確かです。

今の中華がシンクーに頼った戦術を用いているように、ゼロの戦術思考においてカレンは相当に重要な役割を果たしています。彼女抜きでは成立しない作戦もあるでしょうから・・・。それだけ、カレンと彼女の機体である紅蓮はセットで重要なのです。だったら、多少のリスクを負ってもそれを取り戻したいと考えることも間違いではないような気がしますね。

ただ、組織の規律というものを考えると、カレンのために多くの犠牲を払うのは、得策ではないとする考え方はあるでしょう。

難しい選択・・・しかし、ゼロはカレンの奪還を指示しました。やはり、どこまでいってもルルーシュはルルーシュなのであります。

敵は神虎を前進に推し進めての一点突破!!ゼロも敵の戦い方をよく理解し、兵を動かします・・・。そして、神虎に頼りっきりの中華は、次第に劣勢へと追い込まれていきますが・・・ここでシンクーが予想外の手を打ってきたのです。

運河の決壊によって流れ込んだ河の水・・・。これほどの水量程度で・・・とルルーシュは油断していましたが、実はこの地には大きな秘密がありました。

灌漑開拓地・・・ところが、癒着による手抜き工事により、水が流れ込むと途端に足場が非常に悪くなる底無し沼と化してしまうのです。

実は、ゼロが決戦を挑む事も、この布陣をとることも全て、シンクーの想定内であったわけです。その上での作戦・・・地の利を活用するのも戦術のうち・・・でありましたね。これには、さすがのゼロも撤退の宣言せざるを得なくなったのでした・・・。


天は二物を与えたもうた・・・だが、時間だけは与えてくださらなかった・・・

その武力、その知勇・・・まさに、シンクーとは完璧な男であります。惜しい人材だ・・・彼にとつての敵はゼロでも宦官でもなく、時間だけなのですから・・・。

さて結局、撤退した黒の騎士団は天帝八十八陵へと立てこもります。この場所であれば、中華も手を出しにくい上に、正面からの襲撃にも斑鳩のハドロン銃砲で駆逐できるというわけですね。

問題は、敵が中華だけではないということ。宦官共はついに、ブリタニアへと戦力の補充を要請したのです。現われたのは、スザクを含むナイトオブラウンズの三人・・・さらにシュナイゼルもいる。

しかし、ゼロにはまだ策があるようです。ディートハルトに用意させていた仕込みが何であるのか?この作品のことだから、きっと想像もつかないようなことをやってくれるのでしょう。いやあ~、楽しみだ。


ルルーシュが二人!?その謎に迫る!!

ラストで登場した学園のルルーシュ。なぜ彼があの場所にいるのか?謎は深まるばかり・・・これについては今日開催しました実況ラジオの掲示板のほうでリスナーさんから色々と面白い意見が飛び出しましたので、紹介しながら少し解説してみたいと思います。


22 :おやっさん:2008/06/15(日) 17:28:09
影武者って説。(学園が)

強制催眠とか


つまり、あの学園にいたルルーシュは影武者であり、その者をルルーシュであると思い込ませる催眠をかけたという説ですね。ただ、それがギアス能力であるのか?それとも普通の催眠術であるのか?というのでまた違ってきますね。


34 :「娘フロ」買ったtako:2008/06/15(日) 17:37:21
だから、こんちわぁ。

学園の生徒みんなにギアスで、誰かをルルーシュと見えるようにしてしまっていた
として、すでにギアスを掛けていた人にはかからないよねぇ?

35 :リスナーさん:2008/06/15(日) 17:38:14
ギアスかけれるの一回だけジャン

36 :リスナーさん:2008/06/15(日) 17:39:23
シャーリーは?



これは、ギアスで催眠をかけたと仮定した場合にどうしても出てくる疑問ですね。確か、学園の生徒会メンバー以外の他の生徒は総入れ替えしてたはず。ですから、彼らにはギアスは効くでしょう。

問題は、シャーリーです。彼女は一度ギアスをかけているため、それは効かない。では、ギアスを使ったと仮定した場合それはどう説明付けるのか?


38 :オノッチ:2008/06/15(日) 17:41:17
シャーリはかけたしあとは猫が仮面もっていた騒動の時むしゃくしゃして書けた数人ぐらいか?
あとは学校出る前の先生とか
ヴィレッタと口裏合わせればいいんじゃない?

シャーリーは純粋な子だからルルーシュがあらかじめ手を打っておいたってことで



上の疑問に対しての回答です。問題となっているシャーリーは、ルルーシュがうまいこと言ってその者をルルーシュだと思い込んだふりをしてもらうというもの。

ただ、ロロはもちろん、真実を知っていますが、シャーリーは真実を知りません。問題は、シャーリーが最後まで自然な演技をこなせるか?ですね。


37 :おやっさん:2008/06/15(日) 17:40:45
だから、ロロの存在を認めさせて、ナナリーの存在を消失させた方法を用いたんだよ。

さすがに全校生徒にギアスをかけたとは思えなかったし。

45 :おやっさん:2008/06/15(日) 17:48:56
>>38

それは、悪いが無い。
ヴィレッタには弱みがあって従わざるを得ないが、口裏を合わせる側にメリットが一切無い上に、むやみにリスクを増やすだけ。

シャーリーは、純粋が故に心配して演技どころじゃない。
というか、そんな演技なら生徒会メンバーが気づかないわけが無い。(素人の演技には確実に違和感が付きまとう。)



ギアスではないと仮定した場合のご意見。なるほど、現在どのような方法で生徒会メンバー達にナナリーの存在を消失させたかは明らかとなっていません。

色々憶測が飛び交っていますが、例えば皇帝が記憶を操作したとかですね。個人的な意見を言わせてもらえれば、皇帝がわざわざ生徒達の記憶を操作したとは思えません。

37番さんの意見では、それはギアスではない別の方法(催眠とか)で記憶を操作したのではないか?とおっしゃっています。今回、ルルーシュはこの方法を起用したのではないか?ということです。

もし、この方法で・・・と考えるならば、やはり鍵を握っているのはヴィレッタであると私は思います。彼女を懐柔しているルルーシュはブリタニアがどのような方法で記憶を操作したかを聞いているはず。

今回も、その手法を使ったことは十分に考えられるでしょうね。掲示板で、皆さんの貴重な意見ありがとうごさいました。

もう一度整理すると、<ルルーシュが学園にいる理由>

ギアス使用説・・・ルルの影武者を立てる。生徒達にそれをルルだと思い込ませるギアス使用。シャーリーはルルが説得。

催眠術使用説・・・ルルの影武者を立てる。生徒会メンバーのナナリーの記憶を消失させた手法を用いる。

といった感じですかね。そして新たに浮上してきたかルルーシュ双子説!!(苦笑)・・・すいませんウソです。しかしどちらの説も、ルルの影武者というところでは一致しているのですよね。まあ、逆に言えばそれしか考えられないわけですが・・・。


さて、次回はルルーシュの巻き返しに期待しますかね?相変わらず、引きの凄さには毎回圧倒されています。おまけに、シンクーのかっこよさときたら・・・ああ本当に次回が待ち遠しい。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<今回はマクロス特集~!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第19弾をアップ!!(08/06/14更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第19弾」をアップしたしました。今回はマクロス特集!現在放送中のマクロス・フロンティア。その原点である、初代マクロスTV版と劇場版の紹介と考察。さらに愉快なOPトークコーナーに、アニメニュースとアニメ感想をお届けする「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第19弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/eaae86b463d7e7a227587761845bda5b/7d
http://d.hatena.ne.jp/yamaman/20080617/1213698803
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/41557701
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e0f75aa90d3c577856fc39a90d644913/f5

0 Comments

Post a comment