一週間のアニメまとめ感想 純情ロマンチカ、あまつき、隠の王、BLASSREITER、S・A ~スペシャル・エー~、ヴァンパイア騎士 6/24日更新

ヴァンパイア騎士 2




「今期終了アニメ評価」には多くの方に参加していただいてありがとうございます。随時募集中なので興味のある方は気軽に参加してくださいね。今から結果が楽しみです。



というわけで、一週間のアニメまとめ感想いっくぜ~!!



あまつき 第12話 「児手柏の両面」

なかなか、面白い問題提起をしていたと思います。このように、主人公を甘やかさない、そして自身の頭で考えさせ、選択させるという展開は好きです。

一連の不可解な事件と怪は無関係。偶然が重なって起きた事故。そして、中村屋が神木を引き取ったのは平八の話すように善意からではない、阿片の隠し場所として利用したものだった。

偶然と悪意との混在・・・その中で、狐の怪の憎しみはどこに向けられているのか、それすらも曖昧になってしまっている。だからこそ、この復讐はむなしいということなのです。

鴇時が狐の怪に向かって歩みだしたのは、それを理解しているからでしょう。止めるつもりなのだろう・・・と。

だが、梵天の言うようにこれは彼自身が選んだ運命。何かを選んだのなら、何かを捨てなければならない。全てを救えるはずなどない、それでも・・・鴇時の可能性を少し見てみたい気がした。次回に激しく期待!


S・A ~スペシャル・エー~ 第12話 「高熱・情熱」

ようやく、光とのデートまでこぎつけたというのに、高熱を出して倒れてしまうという大失態を演じてしまった慧。他の事ならうまくやれるのに、どうして彼女のこととなるとうまくいかないのか・・・。

それは光が慧にとって心震わす存在であるから・・・。成績では光がどうしても慧に勝てないが、恋の駆け引きにおいて慧は、光には敵わない。

その意味で、この二人は対等と言えるでしょう・・・いや、どっちかと言うと光の方が優位に立っているかな?しかし、慧はそれでもいいと思っているはず。

それこそが愛・・・優先されるべきは彼女の気持ちなのであります。

とまあ、そんな慧の気づきがあったところで今回は終了。最後のキスで慧が少しだけ復讐を果たしたかな?という感じ。もうこれで最終回でもいいんじゃないかな?(苦笑)


隠の王 第12話 「意思」

灰狼衆に入ることを決意した壬晴。それは彼が宵風のために森羅万象を使うという意志の表れでありました。

雲平は壬晴が灰狼衆に入ることを止めなかったが、森羅万象を使うというのなら全力でそれを阻止するという・・・まあ実際には彼の心は今も揺れているのでしょうけどね。

それにしても、灰狼衆は思った以上にアットホームな雰囲気でありましたね。服部が食えない男なのは分かりますが、それでも壬晴にとっては居心地にいい場所であるでしょう。

そして、宵風達と共に甲賀へと向かうことになった壬晴。いざ地獄へまっしぐら!!だって雷光さんが運転するんですよ!?・・・ほうら、事故った・・・あっやべ!死んだかも?(苦笑)。


ヴァンパイア騎士 第12話 「純血の誓い(プライド)」

零を救うための条件として閑に自らの血を捧げる覚悟をした優姫。しかし、零にとっての望みは、家族を殺した閑を亡き者にし、そして自身も滅びること・・・。この両者の想いのすれ違いが悲しい。

閑を殺そうとする零に立ちはだかる壱縷。戦いの中、「家族も、師匠も、そして閑でさえも自分を見てくれなかった・・・」と壱縷はその想いを吐き出した。

しかし、それは零も同じであり、一番振り向いて欲しい人がいつも見ているのは他の誰かという残酷を味わっていたのだ。

そして、この後に衝撃の展開が待っていた。枢が閑をその手にかけたのだ。閑の力をも取り込み、枢が目指すものとは一体何なのか?・・・それでも、彼の優姫に対する愛だけは真実なのだろう・・・。

次回、壱縷がどのような行動に出るのかには注目したい。


純情ロマンチカ 第11話 「好きこそものの上手なれ」

まるで遠慮もなく、ずけずけと自分の中に入ろうとしてくる忍は宮城のもっとも苦手なタイプであります。なぜか?・・・それは昔の自分に似ているから。

過去の記憶・・・ただ好きで好きで大好きで、少しでも相手に近づきたくて・・・しかし、現実は容赦なく残酷を突きつける。宮城の心は癒されていない・・・だから彼の時間はあの時から止まったままなのだ。


傷つくことを恐れて、忍と向き合えない宮城。しかし、忍が自分から離れて始めて、彼の存在が自分にとって何であるかを考えることが出来たのです。

人はいつだってやり直せる。それは恋だって同じ。忍が宮城のことで迷い傷ついているように、宮城もそこと同じ次元で始めればいいということ・・・。

やれやれ、これで二人はやっと対等になった。本当の恋はきっとここから始まるんだ・・・うんうん。

0 Comments

Post a comment