(アニメ感想) マクロスF(フロンティア) 第14話 「マザーズ・ララバイ」

マクロスF(フロンティア) 2




アルト、ミシェルに続きルカも戦場に向かうことに。ルカはナナセに気持ちを打ち明けようとするが・・・。そして母の子守唄に秘められたランカの記憶。その記憶が指し示す真実とは?バジュラやブレラとランカの関係は?謎が謎を呼ぶ。

残された者達の想い・・・

アルト達が大事に巻き込まれている間、マクロスフロンティアでは彼らの帰りを心配し、待つ者達がいた・・・。

ルカ君は、ナナセとちゃっかりデート。ランカの帰りを心配し、すっかり精神的に弱っているところへ取り入ろうという魂胆だな、この野郎!!

一方のオズマも、自分の制止を振り切って行った、ランカの事が気になってしょうがない様子。まあ、娘の成長に一抹の寂しさを覚える親父の心境ってやつでしょうか?そんなオズマに、ボビーが女心を代弁・・・例えオカマでも、心は女。そんなボビーは今日も乙女ですw

そして、オペレータの女性陣はというと、オズマとボビーの話題に触れ大盛り上がり。キャシーは昔、オズマと付き合っていたことをあっさり打ち明けちゃってるし・・・。オズマ→ボビー→キャシー・・・ああこういう三角関係もありなのですね(苦笑)。

ちなみに、オペレーターのモニカはSMSの艦長に首ったけ・・・親父の魅力が分かるとは、世の中には素晴らしい女性がいたものですね。


そして、現われたバジュラ達・・・いよいよ戦いが始まる・・・

フロンティア中に鳴り響く避難警報のサイレン。いよいよ、バジュラがフロンティアの前に姿を現したのです。これを迎え撃つべく出撃したのが、マクロスクォーターとSMSの隊員達。守るべき人がいる・・・そう、それぞれの思いを胸に・・・そして戦いが始まる!

一方、バジュラとフロンティアが激しく交戦している戦場のど真ん中で、意識を取り戻したシェリル。しかし、同乗していたミシェルは怪我を負い、意識を失っていました。そこで、このピンチを脱するため、シェリルはミシェルに変わってバルキリーを操縦することを決意したのです。

ここで、彼女がパイロット養成コースに通った事が役立った!・・・と言いたいところなのですが、現実はそんな甘いものではありませんでした。シェリルの操縦する機体のコントロールを失い、しかもバジュラにも囲まれるという緊急事態に陥ってしまったのです。

しかし、無謀にもシェリルはこれとやり合おうという構えを見せます・・・が、もちろん素人にまともな戦闘など出来るはずもなくあっさりと撃墜!何とか脱出装置にて、機体からの脱出に成功しますが、バジュラがシェリルに迫る!さあ大ピンチだ!!どうなる!?


ヒーローというのはいつだってピンチにならないと現われないものさ・・・

正直、今回こそはルカが危ないなと思っていました。ナナセを守るために戦う!と強い決意したあたりなんかも、もう自ら死亡フラグを立てているようなもので、いやはや・・・と思っていましたが・・・。

シェリルとミシェルのピンチに駆けつけたものの、自分がピンチへと陥ったルカ、いよいよきたかと覚悟したその時・・・そう、奴がきた!!

いやあ~、ここでのアルト君の活躍は高く評価したい。もちろん、これもシェリルとミシェルがアルトに新型フォールド機関を託した事によって、自分達の身を救ったとも言えますが、これをちゃんと有効活用し、仲間を救いに現われたアルトはやはり素晴らしかった。

ただ・・・ミシェルが放置気味だったのは、何とも寂しいものでしたね。シェリルと共に、宇宙空間へと飛び出していたのですが、画面にも隅の方に小さく映っている程度で、彼が救出されたという描写もあまりありませんでした。おかげで、初見では死んだかと思いましたよ(苦笑)。

さて、激しさを増すバジュラの攻撃。ついに、それはフロンティアにも及ぶ事になったのです。知能もロクに持ち合わせていないバジュラが仕掛けた意外な陽動作戦・・・しかし、三島はこれには秘密があると言いました。

バジュラとは思えない組織だった攻撃・・・恐らく指令を出している者がおり、それは敵の母艦の中枢に存在している・・・と。かつて、三島はバジュラを操作している何者かがいると予想していましたが、まさにそれであったわけです。


アルト発つ!!

ついに大統領が反応弾の使用を許可した。しかし、バジュラの母艦にランカがいることを訴えたアルトは、自身でランカを救出しに行くことを決意する・・・。

バルキリーに乗り込むアルトに、声をかけるシェリル。しかし、その時のアルトはまるでランカの事しか頭にないように、映りました。

まあ、大きな危機に見舞われているのだから当然なのですが、この時点でのアルトとシェリルの距離というものが分かりやすく表現されていたと思います。

バジュラの母艦へと向かうアルト・・・途中、ピクシー小隊のララミアが撃墜されてしまったのは衝撃でしたが、正直名前すら覚えていないような子だったので、悲しみといった感情は沸いてこなかったかな?

まあ、あの死はアルトの怒りの感情を喚起させるために必要なシーンだったので、わりと当たり障りのないところを殺したのでしょうね。さすがにルカやミシェルが死ぬと物語的に欝になり過ぎるでしょうから・・・。

さて、ここから怒りのアルトはバジュラを蹴散らし母艦へと突入!しかし、アルトより先んじて内部へと潜入し、ランカを救ったのはブレラでした。ランカの悲痛な叫び声が鳴り響く中、バジュラのマザーを攻撃するアルト・・・かくして、フロンティアはバジュラとの戦いに勝利したのでした・・・。


新たな謎・・・三島の狙いは?グレイスの狙いは?

今回、フロティアとバジュラを戦わせたグレイスの狙いとは何だったのでしょうか?理由は分かりませんが、おそらくそれはバジュラのマザーを葬ることにあったような気がします

そして、三島の目的とはこうした緊急事態に陥らせ、大統領に反応弾の使用を許可させることだったのでしょう

こうして、三島とグレイスは互いの目的のために、利用し合った関係であったのでしょうが、今後も共闘関係を続けるかは微妙なところですね。

それと、ブレラはギャラクシーの人間であったわけですが、これは10話で予想した通り。詳しくはその時の記事にも書いてますが、彼がランカの兄と考えるなら、第117移民船団のバジュラ襲撃で大怪我を負ったところをギャラクシーに拾われ、肉体改造手術を施されたのでしょうね。

そのブレラはランカを特別な存在だと認識しつつあり、今回彼がランカを救ったことは、もしかするとグレイスの指示になかったことかもしれません。

ただ、グレイスはランカを「リトルクィーン」と呼んでいたので、後でその行動を責められることはないと思いますが・・・。


そしてバジュラとランカの関係は・・・

さて、ランカとバジュラの関係についてですが、これに関しては逆に謎が深まりました。

ランカの母親らしき人が「アイモ」の歌を伝えると、それに応えランカがアイモを歌った事で、バジュラの攻撃が一瞬緩む場面がありましたね。

これは、ランカの歌声に反応しているのか?アイモの歌の反応しているのか?・・・もしかすると、その両方なのかもしれませんね。

そして、一瞬映った緑の細胞のようなもの・・・。あれは何を意味するのか?どうやらランカの歌に反応していたようにも見えましたし、彼女のお腹が光っていることと何か関係があるのかもしれません。

仮にそれがランカの体内に存在してたとして、同じようにバジュラにも内在していたら?と考えると、バジュラがランカの歌に反応する理由も見えてくるような気がしますね。あくまでも予想ですけどね。

そして、これもあくまでも私の妄想なのですが、あの緑の細胞は地球人、あるいはプロトカルチャー、もしくは生命そのものの根源となるものではないか?と考えています。

今後、ブロトカルチャーによって作られた地球人やゼントラーディの秘密について、さらに掘り下げられると面白いですね。

次回は、また日常編かな?次回予告を見る限り、グレイスさんが普通に暗躍していたようですが・・・この人はまだ何かを狙ってるのでしょうかね?


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<今回は新作アニメ特集~!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第20弾をアップ!!(08/07/08更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第20弾」をアップしたしました。今回は新作アニメ特集!今期7月からスタートの新作アニメの中より、私が皆様にお勧めしたい作品を幾つかピックアップして紹介しております。何を見ればいいか分からないという方は、是非参考にしてくださいませ。さらに愉快なOPトークコーナーに、アニメニュースとアニメ感想をお届けする「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第20弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://app.blog.livedoor.jp/pmx_00x/tb.cgi/51144466
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/fce088f4b5802870f8b0ae6b6deaa9b1/0e
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/b4b804333e496659d15b0a6ff78217b4/80
http://blogs.yahoo.co.jp/aclucifer/trackback/1673250/41139885
http://blogs.yahoo.co.jp/usagi_milkway/trackback/1362886/43367065
http://blogs.yahoo.co.jp/puripuribosi/trackback/450661/24396828

0 Comments

Post a comment