(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第14話 「ギアス 狩り」

コードギアス 反逆のルルーシュ volume01 (Blu-ray Disc)




シャーリーが死んだ。ギアスによって運命を翻弄され続けた彼女は、ギアスの為に命を落とした。ルルーシュはその仇を討つ為にギアス嚮団の壊滅を決意。ロロとジェレミアから得た情報からその中華連邦にある本拠地を突き止め突入する。対するは嚮主V.V.! C.C.と同じく不老不死の力を持つ謎の少年との激闘が始まる!!



意外なロロの答えと、ルルーシュの反応・・・

自分からシャーリー殺しを認めてしまったロロ。これは少し意外でした。まあただ、ルルーシュもあの状況で、シャーリーを殺せたのはロロしかないと確信していたようですし、ここは別にロロ意外の誰かが!?と疑うべきところではなかったということでしょうね。

ルルーシュはロロに「よくやった」(シャーリー殺し)と褒めました。なるほど、ここは感情を押し殺し逆にロロを利用しようと考えているわけです。ロロは確かにシャーリーを殺した・・・しかし元を正せば、それはギアスが生んだ悲劇と言えるでしょう。

ならば、ギアスこそが罪・・・そこで、教団を殲滅しようとルルーシュは考えたのです。当初の計画では、教団を利用するはずだったのですが、シャーリーを殺された憎しみという強い情動によってのみ突き動かされているルルーシュ・・・行くのか?修羅の道を・・・。


そして、行動に出たルルーシュ・・・突き進むは修羅の道・・・

ジェレミアの使っていた回線で、V.V.とコンタクトを取るルルーシュ。ここで明らかになったのは、東京決戦の時にナナリーを攫い、かみね島にスザクやルルーシュ達を集めたのがV.V.であったということ

まあ、かみね島の件に関しては、予想していた方も多いでしょう。ここでV.V.はルルーシュに記憶が戻っていたこと、そしてゼロがルルーシュであったことを知り、C.Cの引渡しを要求します。

もちろん、ルルーシュがそれを受け入れるはずもありませんが・・・突如、教団施設内に鳴り響く轟音!ルルーシュの通信はアッシュフォードからと油断していたV.V.・・・実はすでにルルーシュは、教団の施設内部へとナイトメアを潜入させていたのです。これも、V.V.の脱出する時間を遅らせるため・・・。

そして、黒の騎士団による非戦闘員への大虐殺が始まります。ルルーシュからすれば、ギアスとその研究に携わった者全てが悪であると考えているのでしょう。しかし、無抵抗の人間を殺すことに大きな抵抗感を覚える兵士達・・・この精神的ギャップが、後にどのうよな影響を及ぼすのだろうか・・・。


ウザクはやはりウザクだった?

ゼロが教団殲滅作戦を行っている間、他の黒の騎士団の主要メンバーは各地に飛んで他国との結束を固めていたようです。

ちなみに中東らしき国のホテルの一室にいた、藤堂と千葉さん・・・w あれ?枕が二つ・・・ダブルベッド!?そうかそういうことですね。いつからそういう関係になっていたのかは知りませんが、お疲れ様ですw

・・・チクショー藤堂!何が最後の侍だよ~!!・・・俺達の藤堂はもう死んだ・・・

さてそれはともかく、ナナリーとの面会を果したカレン。どうも今後はカレンがナナリーの騎士となりそうな雰囲気でしたが・・・ここに現われた、我らがスザク君。

彼はナナリーを部屋から追い払うと、カレンにシャーリーの死を告げます。さらに、自殺とされているシャーリーの死に対して、一つの疑問を投げかけました。つまり、自殺は不自然であり、シャーリーを殺した者こそがルルーシュではないかと・・・。

そして、取り出したリフレイン・・・。スザクは、悲劇の連鎖を食い止めるための手段として、これを用いるしかないと言うのです。これをカレンに使って、ゼロの情報を得るつもりなのか?

もはや目的のための手段は選ばない・・・しかし、そのような情動に突き動かされての行動こそが、悲劇を生み出す要因となっていることには、気づいていない。もちろん、ルルーシュの行動も同様に・・・。これでは恐らく悲劇は止まらないでしょう。

愛する者の死が、二人をこうまでさせてしまう・・・それも愛ゆえにということか・・・。それにしても、母を壊したリフレインを激しく憎むカレンに、そのリフレインを使おうとするなんて・・・スザクは何て外道な男なのだろうか・・・。


追い込まれたV.V.・・・しかし彼にはとっておきの秘密兵器があった・・・

ギアス能力者は一体世の中にどのぐらいいるのでしょうか?教団は古くから存在しているようだから、それは相当数いるようにも思えますね。ただし、その能力を得るためには資質が必要なのか?といったところが明確でないため、うーむやはり何とも言えないところではあります。

潜入した黒の騎士団の前に現われたギアス能力を持つ子供達・・・。彼らは、何れ大人になれば社会へと放たれるのか?もっとも子供達は、ルルーシュに傾倒するロロによって無残にも殺されてしまいましたけどね・・・。

さて、教団を破壊しつくすゼロの前に姿を見せた奇妙な機体・・・ジークフリート。それにはV.V.が乗り込んでいました。ルルーシュは、全軍にこれを一斉射撃するように命令・・・が、電子装甲が攻撃を弾き返しまるで効きません。

そこでルルーシュはロロへジークフリートに取り付くよう指示。何せ、ロロの機体には爆弾が仕掛けられており、ルルーシュはシャーリーを死んだ償いとしてロロもろとも葬る気でいるのです。もちろん、ロロはその事を知りませんが・・・。

ところが、その悪意は無残にも打ち砕かれました。ロロが突撃に失敗し、V.V.に地上へと打ち落とされてしまったのです。このままV.V.を取り逃がしてしまうのか!?・・・が、ここでジークフリードに下方から攻撃を仕掛けるものが・・・そう、コーネリアだ!!

恐らく、ジークフリートの弱点とは、下からの攻撃なのでしょう。このコーネリアの死角より弱点をついた攻撃で、ジークフリートは装甲を破損。そして、その大きなチャンスを見逃さすが、ルルーシュはコーネリアとの同時攻撃によって、これを見事破壊することに成功したのです・・・。


そして扉は開かれた・・・そこに待っていたのは親子の対峙であった・・・

戦いの後に残るのはむなしさだけ・・・。まるで無抵抗であった人間達、そしてその中には女子供達までいる・・・この虐殺の命令を下したゼロへの不信感は、おそらく多くの兵士達の間に広がっているはず・・・。

おまけに、ディートハルトがゼロに抱く疑問や、扇の不可解な行動・・・それらは、現在の黒の騎士団が非常に危うい状況にあることを示しているわけです。

ただ、ギアスが能力者を孤独にするのだとしたら、ルルーシュが手に入れたこの唯一の居場所が崩壊してしまうことは、当然の運命であると言えるでしょうね。

さて、V.V.を追って内部へと潜入したルルーシュでしたが、気がつけばアーカーシャの剣の前へと飛ばされていたのです。そして、そこで待ったいた男こそブリタニア皇帝でありました。

いよいよ、始まる宿敵との対峙・・・こんなにも早くクライマックスが訪れようとは・・・一体この後どうなってしまうのか!?


展開が速くて追いつくのが精一杯だった今回・・・謎は明らかになったのか?

今回見ていて思ったのは、ロロとV.V.はどこか似ているということ。V.V.がマリアンヌに対して抱く感情には複雑なものがあることは作中示されていましたが、もしかするとマリアンヌを殺したものこそV.V.なのかもしれません

私はコードギアスの二期目が、一期をなぞるような展開を見せていることには大きな意味があると思っています。それはつまり「連環」を示しているのでしょう。そして、ユーフェミアやシャーリーの死が意味するところは「悲劇の連環」です。

ならば、昔に遡ってみた場合、そうした悲劇が何度となく繰り返されてきたであろうことは、推察出来るのではないでしょうか?ブリタニア皇帝もV.V.もそんな理不尽なる運命に翻弄された人間ではないか?と・・・。

だからこそ、ブリタニア皇帝とV.V.は、戦いしか生み出さない神は滅ぼすべきだと誓ったのかもしれません。

何かがあって二人は、幼い時に契約を結んだのでしょう。そして、その絆は絶対です・・・ところが、そんな二人の関係に変化を及ぼしたのがマリアンヌの存在。

まあ、この辺りはロロから見た、ルルーシュとナナリーの関係と似ているかもしれません。

「兄弟はこの世でもっとも美しい関係だ」と話すV.V.・・・。また、ブリタニア皇帝は最後、V.V.に対して「また、ウソをつきましたね」と話しましたが、これも意味深な言葉です。そのV.V.がかつてついたウソこそが「マリアンヌ殺害」の事ではないか?・・・なんてちょっと考えてしまいました。


それにしても早くも皇帝との対峙。ここで、ルルーシュは多くの秘密を知ることになるでしょうね。そして、どのような行動に出るのか?甘さが消え、修羅の道を歩み始めた彼ですが、さらにその道に深く足を踏み入れることとなるのか?・・・いや、逆にこれは彼の甘さゆえの行動と言えますかね。何せシャーリーが殺されたことに逆上してのギアス教団殲滅ですからね。兵を動かすのに思いっきり私情を挟んでいるという・・・。

まあ、何にしてもここはルルーシュにとって最後の大きな分岐点となりそうですね。そういう意味で次回は重要です・・・長い一週間となりそうだ・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<今回は新作アニメ特集~!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第20弾をアップ!!(08/07/08更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第20弾」をアップしたしました。今回は新作アニメ特集!今期7月からスタートの新作アニメの中より、私が皆様にお勧めしたい作品を幾つかピックアップして紹介しております。何を見ればいいか分からないという方は、是非参考にしてくださいませ。さらに愉快なOPトークコーナーに、アニメニュースとアニメ感想をお届けする「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第20弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://turquoisefloor.blog107.fc2.com/tb.php/387-d03781cd
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/312-e7b4aebd
http://tadanogyokuro.blog110.fc2.com/tb.php/16-2ba80299
http://asagawo.blog.shinobi.jp/TrackBack/638/
http://blog.seesaa.jp/tb/102895094
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/a450eb27a4
http://blogs.yahoo.co.jp/bokuteitaraku/trackback/963741/41371902

0 Comments

Post a comment