(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話 「C の 世界」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01




V.V.との戦いの最中に踏み込んでしまった謎の空間「Cの世界」。ルルーシュはそこで最強であり最後の敵と対峙する!だが想像を絶する力を得ていた敵の前にルルーシュは絶体絶命の窮地の立たされる!その時、彼の前に現れたのは…。果たして真のギアスの秘密とは!?



ついにきた、ルルーシュと皇帝の対峙・・・

早くもこの時がやってきた・・・。ルルーシュは、この瞬間のためにこれまで戦ってきたのです。

だが、皇帝も同じギアス能力者である上に、ルルーシュ同様相手の目を見てかけるタイプ・・・つまり皇帝にギアスをかけるということは、皇帝のギアスにもかかる危険性もあるということ・・・。

そこで、ルルーシュの取った奇策とは、鏡の乱反射を利用して皇帝に「死ぬ!」とギアスをかけるというもの。これが見事に嵌り、皇帝は自らに銃を向け、その引き金をひいたのです・・・。

ついに、目的達成か!?・・・いや、そもそもルルーシュの目的の一つには、マリアンヌの死の謎の解明というものがあったはず。ならば、あっさりと皇帝を殺してしまった事は、失敗だったのではないか?・・・後悔の念に襲われるルルーシュ君・・・やはりまだ甘いな。

だが、あの皇帝がそう簡単に死ぬはずもなかったのです・・・。そういえば前回、皇帝がV.V.を見捨てたのではないか?という意見が多かったですが、これは実際にその通りでありましたね。

皇帝は不死者となっていました・・・よってルルーシュの下した命令は全く無意味なものとなったわけです。

では、なぜ皇帝が不死者に?・・・それに関しては、後ほど触れていきたいと思います。


スザク、ヴィレッタ、扇、そしてナナリー・・・

前回、スザクがカレンにリフレインを使おうとしていたことに、多くの批判が集まりましたが、さてスザクはそれを実行したのか?・・・いや、彼は寸前のところで留まったようです。

そうさせたのは、もはや手段を選ばないそのやり方がゼロと同じであると気づいたから・・・。

何れにせよ、最悪の事態を回避できたのは喜ばしいことですね。しかし、この後スザクはゼロの正体をルルーシュに直接会って調べるため、アッシュフォード学園を訪れます。

ここで、彼は機密情報部の連中がゼロのギアスにかかっていることを知り、ルルーシュ=ゼロの確信を強くしました。ここからスザクがどのような行動に出るのか?おそらく、この学園にはもうルルーシュの居場所はないでしょうね・・・。


一方その頃、扇との再会を果していたヴィレッタ。ブリタニアでの地位を失わないためには、扇を殺さねばなない・・・これは予測された行動ですね。

ただ、扇はヴィレッタを愛している・・・そしてヴィレッタもまた・・・。扇を撃つ事に躊躇するヴィレッタ・・・しかし、ここへその悲劇をさらに加速させる人物か現われました。

咲世子さん・・・いい加減空気を呼んでください(苦笑)。ヴィレッタが裏切ったと勘違いした咲世子さんは、彼女に攻撃!

ところがこれを扇が庇い負傷。そのまま崖下へと転落してしまったのです。その扇を助けるため飛び出したヴィレッタ・・・ああ~二人の運命やいかに・・・。このまま愛の逃避行でもすればいいと思うよ、イヤまじで


ナナリーは相手の手を握れば、その人物が真実を話しているかどうかを見抜くことが出来るようです。これはおそらくギアスの能力ではないでしょう。目が見えない代わりに、他の感覚が鋭敏になっているため手にした能力・・・と考えればいいと思います。

ローマイヤーの、スザクの、そしてルルーシュのウソに気づいてたナナリー。周囲はウソに溢れている・・・だが、彼女なら皇帝やV.V.のようにはならないだろうなという安心感が持てる。

そういう意味で、ナナリーは一つの希望と言える存在かもしれませんね・・・。


C.C.の願いとは?そして巡る血塗られた記憶・・・

ウソで固められた自分・・・学園の皆の前で見せる顔、ナナリーの前で見せる顔、ゼロでいる時の顔・・・一体どれが、本当の自分であるのか?

だが、ルルーシュに限らず、人はそんなペルソナを被り続け、社会に適応しようとするものなのです。

睨み合う、皇帝とルルーシュ・・・そんな二人の前に現われたのはC.C.。ここで彼女は、ルルーシュに自身の願いを打ち明けました。そう、それは・・・「死ぬこと」。

ギアスの果てに、能力者の力を授けた者からその地位を継ぐ・・・つまり、ギアスを使い続けることによって、能力者は不死としての力を受け継ぐ能力を得るということなのです。そして、その受け継ぎこそが不死者を殺せる唯一の方法と言えるでしょう。

ただし、あまたの契約者は誰一人としてそまでたどり着けなかった・・・ただ一人の男を除いては・・・。


気がつけば、そこはC.C.の記憶の中・・・。ここでルルーシュはC.C.の生い立ちと、ギアス能力を手に入れた過程、そしてなぜ不死者となったのかを知ることになります。

本当は生きるためにした契約のはずだった・・・C.C.が手に入れたギアスは、人々から愛されるというもの。しかし、彼女は多くの愛を手に入れた代わりに、真の愛の意味というものが、分からなくなってしまったと言います。

そしてC.C.は能力を与えた者から、コードを受け継ぎ不死者となりました。満たされたことで、それはもはや意味を持たなくなったばかりか、嫌悪の対象となってしまう・・・。愛と生・・・その両方を手に入れておきながら、結局C.C.はその全てを捨てることを選んだのですから・・・。


何たる愚かしさか~!!・・・そしてルルーシュの反逆が始まる・・・

皇帝の下へと戻ってきたルルーシュ。しかし、C.C.はすでに決意を固め、皇帝へコードを受け渡す姿勢を見せていました。

・・・これ以上奪われてたまるか!・・・それはルルーシュのウソ偽りない、心からの叫びであったのでしょう。「必ず俺が笑わせてやる!だから!!」・・・そしてその声はC.C.の心にも届いたのでした・・・。

C.C.がルルーシュの声に応え、あのような行動を取ったこと、そしてルルーシュがナイトメアで、あの場所を破壊したことは、皇帝にとって想定外の出来事だったに違いありません。

彼が初めて見せた焦りの色・・・。ルルーシュが仮面を脱ぎ捨て、むき出しの自分というものをさらけ出したこの瞬間、ルルーシュによる真の反逆が開始されたのだ。

そして、現実世界への帰還を果したルルーシュとC.C.。しかし、ここで意外な事実が判明します・・・C.C.が記憶を失っている!?それも、ギアス能力を手に入れるよりも以前の記憶に・・・。

しかも、額からは紋章が消えていましたね。一体これは何を意味しているのか?この謎に関連して、実況ラジオ掲示板のリスナーさんの書き込みをここで紹介したいと思います


66 :リスナーさん:2008/07/20(日) 17:50:22
C.C.の紋章が消えた=不死ではなくなったとは言えないかも、R2初期ルルーシュの記憶が無い時目の紋章消えていたし。

87 :鵺人:2008/07/20(日) 18:04:54
>>66 の人です
R2一話辺りだとルルーシュは記憶を取り戻すまで瞳のギアスは発動していなかった。
ブラックリベリオンの時では常時発動していたから、記憶が消えていたことによりギアスが一時的に封印されていた状態と言える。
よって、C.C.の記憶がなくなった事で額の紋章が消えたと言えると思う。

と、言いたかったんです



R2初期ではC.C.の紋章は消えていた。これに関しては私は注意して見ていなかったのですが、もしそうだとしたらその時のC.C.の状態はルルーシュが記憶を失っていたことと何か関係があるのかもしれません。

で、今回はC.C.の記憶が失われたことで額の紋章は消えたのではないか?という考察ですね、なるほど。ならば、彼女が不死者ではなくなったわけではないという可能性も考えられるわけです。

ただ、なぜ記憶を失ったのかと言えば、おそらく皇帝へとコードの受け継ぎを行っている途中でルルーシュがそれを阻止したからでしょうね。この状態が今後どのような影響が及ぼすのだろうか?

まあ、何かと手のかかるC.C.をルルーシュは構うことになるでしょうから、それを見たロロが嫉妬・・・こ、これじゃあC.C.がシャーリーの二の舞になる!!・・・色々と先行きが不安だな。


なぜころたし・・・皇帝の目的は?そしてルルーシュ達の今後は?

さて、皇帝が不死者となったのはV.V.からコードを奪ったためです。「今になってなぜ?」C.C.はそんな疑問を投げかけてましたが、理由として今のところ二つが考えられますね。

一つは、ウソをついた罰。この場合はV.V.のマリアンヌ殺し説が本当だったらと過程して、その罪を償わせるため・・・。こうした機会を皇帝が狙っていたことは考えられますね。ただ、V.V.が死んだのは傷を負った状態で、コードを奪われたから。まあ、間接的に殺したと言えますかね?

もう一つは、生き続けなければならないという苦しみからV.V.を解放してあげるという意味で・・・まあ、皇帝がそこまで優しければですけどね・・・。

ただどちらの理由にしても、最終的に皇帝は不死になるという目的がありましたから、結局V.V.はそのために利用したに過ぎなかったのか?と思えるのが悲しいところです。

いや、本来は、C.C.を殺して不死者となる目的だったはず。ならば、V.V.からコードを奪うという行動は、当初皇帝の想定していなかったものとも言えるか・・・うーん。


最後にもう一つ気になったのが、皇帝の「人はこの世界に一人しかいない。過去も未来も人類の歴史上たった一人・・・」という言葉。そのたった一人の人間というのが、皇帝の話す「神」を指しているのだろうか?

皇帝の反逆とは、アカーシャの剣でその神を殺すこと・・・だとしたら、神殺しと同時に、この世界の破滅は避けられない事態となるでしょうね。ルルーシュが、この世界で生きることに意味を持てるとしたら、きっとそれを阻止しようとするはず。

この世界は本当にウソや偽りで満ちているのか?それはきっと、ルルーシュ自身が出すべきとても大切な答えなのでしょうね・・・。


さて、今回も相変わらず詰め込み過ぎの上に展開が早くてもう大変でしたわ。製作側としては、この回で一つの決着をつけたいという意図があったのでしょうね。

つまり、一旦リセットしてここからまた新たな展開を見せていくという・・・そういう意味では非常に重要な回でありましたね。

C.C.の記憶が失われたことで、真の意味で孤独となったルルーシュ。虐殺命令に高まる兵士達の不信感、そして副指令の扇がヴィレッタと共に行方不明となったことで、さらに不安定となりそうな黒の騎士団。またブリタニアでニーナが開発していた原爆(?)の完成により、戦いはまた新たな局面へと移行していくでありましょう。

こうした様々な状況の変化の中で、ルルーシュは何を目指そうとするのか?その決意は、彼の真の目的となっていくはずです。そう、ルルーシュの真の反逆はここより始まるのです・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<今回は新作アニメ特集~!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第20弾をアップ!!(08/07/08更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第20弾」をアップしたしました。今回は新作アニメ特集!今期7月からスタートの新作アニメの中より、私が皆様にお勧めしたい作品を幾つかピックアップして紹介しております。何を見ればいいか分からないという方は、是非参考にしてくださいませ。さらに愉快なOPトークコーナーに、アニメニュースとアニメ感想をお届けする「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第20弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://manialaboratory.blog106.fc2.com/tb.php/119-6d91adae
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/nagisaboy/diary/200807210000/8904a/

0 Comments

Post a comment