(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話 「超合集国決議第壱號」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01




終に実現した超合集国構想。合衆国日本と合衆国中華を中心に批准した国は47ヵ国。これによりEUは完全に弱体化し世界は超合集国とブリタニアに2分化され、世界は新たな局面を迎える。その最高評議会の場で決議された第壱號とは!



行方不明となった皇帝・・・その時ブリタニアは!?

皇帝が行方不明となったことに戸惑う、ブリタニアの上層部達・・・。ここで、総督であるナナリーは重大な決断を迫られることになります。治安の問題もありますし、方針を決めねば内部の混乱が生じる危険性がある・・・まあ、しかし今のナナリーにはちと任が重過ぎるでしょうかね?

一方、ブリタニアの動きより、皇帝があの空間へと置き去りになっていることを確信したルルーシュ。取りあえずはこれでナナリーの安全が確保出来たのです、彼としたら一安心といったところでしょう。

それにしても、C.C.が・・・ギアスを得る前の奴隷の時の心情にまで、退行してしまった彼女。すっかりビクビクしてしまって・・・そんな彼女に優しく声をかけるルルーシュはやはり優しいのでありますよ。

そして、カレンに侘びを入れるスザク君・・・あらあら、怒りゲージMAXのカレンから連続攻撃を畳み掛けられていますよ~W 右ボディから左アッパーの返し、続けて頭へ手刀、顔にビンタと、なかなかいいコンビネーション。

これでラストに蹴りを繋ぐことが出来ればいいキックボクサーになれるのですけどね(苦笑)。いや、それはいいとしてあの瞬間「気持ちいい~」と思ったのは私だけでしょうか?「抵抗しないところがホント腹立つ!」byカレン・・・いやあ~おっしゃる通りでw


ルルーシュが新たな一手を打ってきた・・・それは超合集国の設立!!

ゼロが超合集国の設立を宣言!中華連邦に、ブリタニアの植民エリアとなった亡命政権からも参加表明が届き、これでブリタニアに対抗出来る一大勢力の誕生ということになりましたね。

さらに、解放戦争という大義名分も立ち、多くの国々の賛同と協力を得、そしてその大きな一体感の中で戦うということは、兵士の士気の高揚も期待出来るわけですね・・・んん!?どこで聞いたことがある話しだぞ(苦笑)。

ともかく、これはブリタニアが動き出す前に事を進めなければならないということで、早速批准式が開催され、参加国が集まる中、神楽耶によって超合衆国の設立が宣言されました。

問題は国ごとに編成された軍隊では連携に欠くということ・・・つまり所詮は烏合の衆でしかないということです。しかし、ゼロはこの問題に関を、参加国に軍事力を永久に放棄させるという方法で対処して見せました。

その上で、それぞれの安全保障に関しては、どの国家にも属さない戦闘集団「黒の騎士団」に契約させるという形を取ったのです。

つまり、戦争屋という名目で軍事に関する全権はゼロが握ることになるわけですな。そして、資金や人員は各国に援助させる・・・ゼロにとってこの後ろ盾が重要であったわけです。

さて、この辺りの事に関しては、今日開催しました実況ラジオ掲示板の方で幾つかの意見が出ましたので紹介させて頂きたいと思います。


30 :リスナーさん:2008/07/27(日) 17:27:20
合衆国(もう面倒なのでこの一発変換でww)ってもうちょっと反対されるような気が
少なくとも該当国内は結構混乱するとことかないんでしょか

31 :おやっさん:2008/07/27(日) 17:28:31
>>30

まぁ、前々から根回ししてたんでしょう。

33 :リスナーさん:2008/07/27(日) 17:29:29
根回しがあった上でも ということでは?
さすがに根回しなしだったら一笑に臥されておわりでしょうね


34 :おやっさん:2008/07/27(日) 17:30:44
あと、一つ。

中華連邦と、ブリタニアと真っ向から立ち向かっている黒の騎士団。

さて、これに頼まれて拒否する弱小国があるか?
超大国ブリタニアがいるんだぞ、しかも植民地というカタチで世界を支配している。

37 :ぬ~ん:2008/07/27(日) 17:34:01
どうもでーす。

あまりにも弱小だった場合や、
自国での防衛がとても無理な弱小国としてはありがたい制度ではあるかも。
基本、軍事力の一括制御をされて損をするのは強国でしょうね。
ブリタニアの電撃侵攻に対する各地域の自主防衛くらいは認めてるでしょうから。



該当国内での混乱があってもおかしくないだろうに、その辺りが描かれていないことを少し不自然に思われたという方の意見。

そして、それに対して事前に根回しがあったろうし、ブリタニアの支配を受けるような弱小国ならば、解放ための戦いという大儀を掲げている黒の騎士団に従わざるを得ない(それ以外は植民地意外に生きる道はない)だろうから、反対意見なんてものはないだろうという意見ですかね。

さらに、弱小国にとってはこの制度はむしろありがたいものであろうという意見ですね

これに関しては該当国の国民に対し、どれだけの情報が開示されていたのか?にもよる気がしますね。どのような状況であっても反対派は存在するだろうし、上には事前の根回しがあったとしても、突然あんな風に公表されれば「えっ!?」と戸惑う国民も多いのではないでしょうか?

そもそも、黒の騎士団に対しての信頼度の問題もあるでしょう。そうせざるを得ないという状況だとしても、元々テロ集団だった黒の騎士団に軍事の全てを任せるという状況を危険視する声はあったのではないかと・・・まあ、そういう反発が強ければそもそも参加を表明してないのでしょうが・・・いや、少し気になつてしまいました。


皇帝の復活によって、またまた大きく動き出した事態・・・その時ルルーシュは!?

毎度定番となっております、ラストの衝撃・・・皇帝は生きていた!?・・・これは何より、ルルーシュに大きな精神的ダメージを与えました。

このままではナナリーが危ない!!しかし、ルルーシュ自身がナナリーを救う手立てはない・・・切羽詰ったこの状況にC.C.にまでアタルぐらいの狼狽ぶり・・・もはやカレンの事などこれっぽっちも頭にないのだろう・・・(汗)。

ともかく、こうなってはルルーシュが頼れる人間はスザクしかいない!最悪の敵は最高の味方・・・そう、スザクはルルーシュが唯一安心してナナリーを任せられる存在なのです。

しかし、ルルーシュがスザクに頼った事で、スザクが完全に優位に立ってしまった・・・彼はナナリーを守る代わりにルーシュに一人で会いに来るよう指示をする・・・スーパーウザクタイム発動か?

まあ、ルルーシュの事だから当然何か策を講じているとは思いますが・・・ここでそろそろ二人の決着がつくのでしょうかね?次回には注目です。


さて、最後に今回気になった部分を幾つか挙げてみたいと思います。

まず、ロロの「黒の騎士団における個人の価値はどれだけゼロの信頼を得ているかで決まる」という発言に、朝比奈の「僕の価値観とは違うね」という反発。

これも反乱フラグと見ていいのでしょうね。特に四聖剣は、ロロのこうした発言には反発心を抱くでしょうね。

彼らはゼロに同調しているというよりも、自分達が慕う藤堂に従っているという感じでしょうから。

もし、ゼロの正体がルルーシュであると知れば、ゼロから離れる可能性は高くなると思います。ただ、彼らだけの力で日本を取り戻せるはずもなく・・・そうするとゼロの抹殺を図るか?・・・何にしても今の状態は危険ではありますね。


そして、スザクの件。彼が紅蓮のパイロットとなりそう事も気になりますが、恐ろしいのはニーナがランスロットに開発した核を搭載しようと考えていることです。

よりによって最も一番危険な男に・・・まるでユーフェニア自身の罪を背負わせるかのごとく、それを強要するニーナはやはりエグい。

しかし、ロイドの指摘通り「その矛盾は彼女自身をも殺す」ことにもなりかねない。まあ、実際に核を使わせた場合には、ですが・・・。核兵器というのはそういうものでしょう。

ともかく、「矛盾」という言葉がロイドから出ましたが、今回のスザクとルルーシュを見ていれば、あの指摘はなかなかに核心をついていると思いました。

そもそもこの作品では、キャラクターが抱く「自己矛盾」を描き続けています。特に、ルルーシュとスザクの・・・。

だからこそ、それを側で指摘する存在としての、ロイドやディートハルトというのは、ある意味においては際立っていると思えるのです・・・。


最後に皇帝ですが、あの映像だけを見て、復活したと見るのは早急ではないかと思いますね。「偽りの劇場を気取られますか?」とシュナイゼルも話してましたし、事前にVTRを用意していたか影武者である可能性もあるような気がします。

何れにせよ、ルルーシュは皇帝の手の中で踊らされているに過ぎません。これをどう打開するつもりなのか・・・まずその前にスザクとの決着ですか、次回にも期待しましょう。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<今回は新作アニメ特集~!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第20弾をアップ!!(08/07/08更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第20弾」をアップしたしました。今回は新作アニメ特集!今期7月からスタートの新作アニメの中より、私が皆様にお勧めしたい作品を幾つかピックアップして紹介しております。何を見ればいいか分からないという方は、是非参考にしてくださいませ。さらに愉快なOPトークコーナーに、アニメニュースとアニメ感想をお届けする「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第20弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://animax00.blog87.fc2.com/tb.php/9-3203b4b8
http://app.blog.livedoor.jp/minami122/tb.cgi/51160585
http://blogs.yahoo.co.jp/tako4936/trackback/862569/33369345

0 Comments

Post a comment