(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第20話 「ダイヤモンド・クレバス」

マクロスF(フロンティア) 3 (Blu-ray Disc)




美星学園でのランカのコンサートで顔を合わせたランカ、シェリル、アルトの3人。それぞれの思いが交錯する。そして再びバジュラの攻撃が開始された。誰もがいつ死ぬかわからない状況の中、 想い人との心の絆を確かめようする・・・。



早くも波乱の予感・・・その時アルトは!?そして、シェリルとランカは・・・

というわけで問題のシーンです。前回のラストでは、アルトとシェリルが抱き合っていて、丁度その場面に出くわしてしまったランカというシーンで終わっていましたが、今回はその続き・・・。

で、大方の予想通り、アルトとシェリルが抱き合っていたのは、ほんのはずみで・・・というオチだったわけです。ただ、そうと知らないランカは激しく誤解・・・まあ、大切な人への想いに気づき、素直な気持ちのままアルトにぶつかっていこうとしていたランカにとって、それはとてもショッキングな場面であったというのは十分に理解出来ます。

そこから逃げ出したいと思う心・・・だが、ここで予想だにしなかった事態が起こるのです。・・・フロンティア内で突如、バジュラが発生!そして強襲!!フロンティア内は混乱の坩堝と化すのでありました・・・。

ちなみに、バジュラ大量発生で、三島の大統領暗殺計画は失敗。さらには、拘束しようとしていたオズマとキャシーにも、うまく隙をついて逃げられてしまうという失態を演じてしまいました。小物化した途端に、まったく使えない男へとチェンジ!!

あまり無能っぷりをさらし続けていると、すぐにグレイスに見限られて殺されてしまいそうだわ・・・。


ああ~哀れランカ・・・落ち込み、それでも歌えと強要されるのか・・・

ところで、暴れだしたバジュラを見たルカの一言、「第二形態のバジュラ!?」。アイ君と第二形態のバジュラは似ても似つかないですが、フリーザのように変身を重ね、その度に形態や特性も変えていくのでしょうかね?・・・そう考えるとちょっとしたホラーですわ。


さて、街を破壊しつくすバジュラに、アルトはランカに歌を歌って鎮めるよう促します。自分が修羅場の原因を作っておきながら随分と勝手な話しですが、これって「愛・おぼえていますか」でヒカルがミンメイに「君には歌があるじゃないか?」と言った場面と酷似しています。

ただあの時のミンメイはすぐに、自分が何ために歌ってきたのか?を理解し、戦場に立ちましたから、やはり彼女は本当に強い女性だったのだなと思います。それに比べてランカは・・・あまりのショックで歌えないと拒否・・・まあこれは、当然の反応かもしれません。何せ、彼女が歌うのは人々のためではなく、アルトのためだったとさっき気づいたばかりなのですから・・・。

心を閉ざしてしまうランカ・・・ところが、ここでランカをその気にさせたのは、アルトではなく、シェリルでありました。ランカを平手打ち、そしてギュッと抱き寄せると、「できることをなさい・・・あなたの歌声には力があるわ。私が望んでも得られない力が・・・」そう伝えたのです。

シェリルのその言葉からは、彼女の真の強さというものを感じました。彼女だって今の状況は、苦しみでしかないのですから・・・。

そして、バジュラに向けて歌われたランカの「アイモ」。ところが、一瞬ランカの歌声に反応を見せたものの、バジュラは以前のように沈静化するどころか、むしろ凶暴化しているように見えます・・・これは一体どういうことなのか!?

つまり、ランカが精神的に落ち込んでいる状態で歌ったため、感情指数が下がりバジュラには効かなかったということですね。ランカの歌をによってバジュラを鎮めるためには、彼女のメンタル部分はかなり重要です。

だからこそ、グレイスは「調教が必要」なんて言い方をしたわけでしょう。ランカの精神の安定には、やはりアルトが必要か・・・。まあ実際、ウソでもバジュラを鎮めるためにアルトが「好き」だと言えば、ランカは戦場に立つことが出来るかもしれない。しかし、アルトの性格からしてそれはしないだろうし・・・となると、重要な戦いの前に、アルトの選択が見られることは十分考えられるでしょうね。

アルトはランカとシェリルのどちらを選ぶのか?仮にランカがアルトにふられたとしても、「皆のために歌う」を最終的なモチベーションとすることで、立ち直る可能性もある・・・。ともかく、この辺りの描写は丁寧にやって欲しいものですね。ランカとシェリルの成長を描くためには、とても重要だ・・・。


激しさを増すバジュラの逆襲!!その時シェリルは・・・

そこは完全に戦場と化していた・・・。フロンティア内部に発生したバジュラが外部からもバジュラをおびき寄せ、街の混乱は極限に達ていたのです。これに巻き込まれてしまったアルト達は、所持していた銃で応戦するも、その数の多さの前には、まるで歯が立たず・・・そこで、SNSの基地へと向かったのでした。


ところで、バジュラの凶暴化は想定外だったと話すグレイス。まだフロンティアには利用価値があるとして、ブレラに外部からやってきたバジュラの駆除を命じます。

しかし、シスコンブレラはランカが心配・・・するとグレイスは強制モードにするぞと脅し、力づくでもブレラに言う事を聞かせようとしました。

これって三蔵法師が孫悟空が暴れた時に押さえつける輪っかじゃないか~!!・・・そして、VF27を遠距離操作で呼び出すブレラ・・・筋斗雲ですね、分かりますw


さて、アルト達から離れ、一般市民と共に避難区域にいたシェリル。周囲の人々は、激しくなるバジュラの攻撃に、恐れ、嘆き、絶望の表情を見せます。そんな人々の姿を目の当たりにた彼女の中に、沸き起こってくる感情・・・。

「誰のために歌うのか?」、その問いはもちろんシェリル自身にも、投げかけられているものです。

ランカの歌はバジュラに効果をもたらすもの・・・。それはまさに、人々にとって救いの歌姫として映った事でしょう。しかし本来歌とは、人々に向けて歌われるものであり、バジュラとの戦いの道具などでは。決してない・・・。

シェリルが今出来ること・・・それは、絶望の中にある人々へと向けた歌・・・そして響き渡るシェリルの歌声「ダイヤモンド・クレパス」。その歌声は人々の心を大きく揺り動した・・・。

なるほど、シェリルの歌が例えバジュラに効かないとしても、その歌声が人々に届くのであれば、彼女は歌手として、十分にやっていけるはずです。絶望の中より、自身の行動によって、迷う心に決着をつけたシェリルは、やはり強い女性。これまで、どこか危ういところがあると感じていたのですが、彼女ならばアルトに寄りかからなくとも十分に生きていけるでしょうね。


お前の恋はどこにある?・・・恋する乙女クラン、だがその答えは・・・

ここに、もう一つの恋の形があった・・・。「お前の恋はどこにある?」、ミシェルに問うクラン。バジュラの攻撃が激しくなり、切羽詰った現場での問いかけでした。しかし、それはとても大切な問い・・・そう、クランとミシェル違いが前に進むためにも・・・。だけど、ミシェルは真正面からクランと向き合おうとせず、答えをはぐらかしたのです。

「お前は臆病者だ!」・・・それはまさに不意打ちのキスでありましたが、その前にしっかりとミシェルへボディアッパーを食らわせているところが、クランらしい(苦笑)。

そして、「死ぬのが怖くて恋が出来るかあ~!!」そう叫びながらクランは走り去っていったのです・・・。

なるほど、覚悟を決めた女の、とてもカッコイイセリフでしたが、幼稚園児が駄々をこねているようにしか見えないところがなんとも悲しいなあ~・・・早くデッカイクランになってくださいね。


バジュラに対抗すべく、マイクローン装置で巨大化するクラン。ミシェルはそんな彼女をバジュラから命がけで死守しようと奮闘します。だが、次々と襲い掛かってくるバジュラの攻撃をかわしきれず、ついにその一撃を食らい、負傷してしまいます。

それでも、その傷ついた体で、クランを守りきったミシェル。最後の愛の告白も、宇宙空間へと飛ばされる前のほんの一瞬の出来事になってしまったのが、なんとも切ない・・・。

不器用な男でしたが、決して触れようとせず、しかし温め続けたその愛は、まさに本物の恋であったと言えるでしょう。さよなら・・・ミシェル。


まさかの悲劇・・・ミシェルが死んでしまうなんて誰が予想しただろうか?そういう意味では、かなりの衝撃度でありましたね。

ただ本当に彼は死んだのだろうか?・・・まあ生きている可能性もなくもないですけどね。

耳の形から察するに彼は、ゼントラーディのハーフかクォーターでしょう。初代マクロスのブリタイは宇宙空間でも平気な顔して行動してましたし、ランカも「ゼントラーディの血を引いているから丈夫」みたいな事を話していましたからね・・・短時間ならば、耐えられる可能性はあります。

・・・もちろん、あの後すぐに誰かに拾われていれば・・・ですけどね。ちなみに、初代マクロスの輝は、マグロを捕獲するため生身で宇宙空間に飛び出していました(苦笑)。

ただ、問題は仮に生きてたとしても、あれだけバジュラの血を浴びていたのでV型感染症に感染している恐れはあるということですね。

何れにせよ、この悲しみを背負い、クランが立ち上がるでしょう。次回予告での復讐の怒りに燃えるクランの表情・・・静かではありましたが、なんとも鬼気迫るものを感じましたよ。

クラン無双!!壮絶なるリベンジ戦が始まる・・・愛する者を失った女の怒り、考えただけでも恐ろしい。正直、敵に回したバジュラに同情しますよ・・・。


<毎週木曜日深夜1時25分より「マクロスF実況ラジオ」を放送中~!!>

毎週木曜日、深夜1時25分のマクロスFの放送時間に合わせて、実況ラジオを放送しております。マクロスFで一緒に盛りあがろう!!興味のある方は是非聴いてみてください。

掲示板も設置しております。掲示板では、リスナーさんが書き込み、意見交換をされています(時には熱い議論も)、あなたも参加してみませんか?詳しくは、当日このブログのトップページをご覧になってくださいませ。

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1096-7815cafe
http://app.blog.livedoor.jp/beslave19/tb.cgi/65067168
http://app.blog.livedoor.jp/kirakiramegane/tb.cgi/534973
http://app.blog.livedoor.jp/mado2wien/tb.cgi/51357949
http://meteor01.exblog.jp/tb/8897729
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/trackback/1489620/54549894
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/diary/200808230001/df08f/
http://ainokatami.blog110.fc2.com/tb.php/1299-25927231

0 Comments

Post a comment