今期(前期)終了のアニメを評価してみないか? 前期終了アニメ作品の評価点の集計結果発表! PART2 「かのこん」、「仮面のメイドガイ」、「D.C.Ⅱ S.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~ 」

はい、それではPART2でございます。こちらでは、「かのこん」、「仮面のメイドガイ」、「D.C.Ⅱ S.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~ 」の評価を発表していきます。じゃんじゃんいきますよ~!!



PART1はこちら→http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51069444.html



*この企画についての細かい説明はこちらをご覧下さいませ↓

「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」



*なお、それぞれの作品ごとに、参加して頂いたブログ様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させて頂いています。掲載に問題等がございましたら、ご連絡くださいませ。メールアドレス→koubow@hotmail.com


☆かのこん

はい、まずは「かのこん」でございます。原作は西野かつみのライトノベル。製作はXEBEC、キャストには能登麻美子さんや、川澄綾子さんが出演されています。「ラノベ史上最強の寸止め作品」として有名ですね。はい、内容はエロエロでしたw

かのこん

このレビューに参加して頂いた方の人数は32人。各項目の平均評価点は、ストーリー 2.09 キャラクター 3.81 画 3.84 演出 3.84 音楽 3.16  総合的な評価 3.41 総合点 20.16となっております。

キャラクター、画、演出で高い評価を受けていますね。まあ、キャラクターに関しては好き好きがありますが、ここが評価されているということは多くにあのキャラが受け入れられたという証拠なのでしょう。

画に関してはやはり作画の評価が良かったのと、演出に関してはギリギリのエロというものを追求した結果でしょうか。これでストーリーの評価が足を引っ張らなければ、数少ない良作お色気アニメとして評価されたかもしれませんね。

というわけで、ここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


Shooting Stars☆様
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/


キャラクター性
非常にエロかったね。


このようなアニメはちょっと崩れるようなイメージがありましたが崩れるどころかだんだん良くなったような

演出
ローションプレイとかはけっこう印象的だった。



俺のものはきみのもの、きみのものは君のもの様
http://blog.livedoor.jp/ore1975/


ストーリー
正直エロが先行し過ぎで、お話はありがちかなと。

演出
エロの演出がワンパターンだし。ラストだけうまいこと言えと言われても。

総合的な評価
正直エロ以外の見所がありません。レビューでも書きましたがいっそのこと18禁でやるくらいの思い切りがあったほうが良かったのかなと。



日常と紙一重のせかい様
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/


ストーリー
エロアニメにストーリーは必要なのだろうか?原作は一応「葛の葉」という組織との対立が描かれていますが、いまいちわかりません。

キャラクター性
ビースト・オブ・エロス!耕太はエロス大王確定!

総合的な評価
原作と時系列が異なってますな。8話の旅館ではもうちょっと阿鼻叫喚であってほしかった。3巻の扉絵の状況です。



やはり、作画に関しての評価が高かったですね。確かに最初から最後まで崩れることなく、またよく動いていたと思います。演出は、声優さんの演技の評価、そして限界ギリギリまで挑戦したお色気表現の挑戦意欲を評価された方が多かったです。反面、別にエロが見たいのなら、18禁アニメでいいのでは?という意見もございましたね。

評価の低かったストーリーに関しては、この作品にストーリー性を求めること事態がナンセンスというような論調も多かったと思います。キャラクターの魅力も評価されていたので、お色気アニメとしては一応成功したと言えるのかもしれませんね。


☆仮面のメイドガイ

次は「仮面のメイドガイ」でございます。原作は赤衣丸歩郎の漫画作品。製作はマッドハウス。キャストは井口裕香さん、小山力也さん等が出演されています。ムキムキメイドギャグコメディ作品ですね。

仮面のメイドガイ01仮面のメイドガイ03

このレビューに参加して頂いた方の人数は55人。各項目の平均評価点はストーリー 2.33 キャラクター 3.93 画 2.96 演出 3.16 音楽 3.45  総合的な評価 3.15 総合点 18.99となっております。

全体的に点数が伸び悩みましたが、最も評価点が高かったのは、キャラクター。まあ、これはコガラシの個性が評価されてのものでしょう。コガラシあっての仮面のメイドガイですから、ここは重要です。

次に音楽の項目の評価点が高いですが、これはOPとEDの歌が評価されてのものだと思います。両方ともインパクトのある曲でしたね。

それでは、ここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


深・翠蛇の沼様
http://greensnake.blog70.fc2.com/


ストーリーは、好みでない話が2話あったのと、
やっぱり1クールである点が残念な事から。
他は全く問題ないです。
この作品をここまで絶賛しているのはうちぐらいじゃなかろうか(ぉ
OPとEDは書く意味無いよね(ぉ
どっちも好きだけどだぁ。



ぶろーくん・こんぱす様
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/


ストーリー
乳が全てを地で行ってたし。スタッフはヘンドリックと乳ファンクラブなのか?

キャラクター性
コガラシの存在感は圧倒的だが、その割を食って他の面々の印象が希薄に


なんか一部のみに全力を使ってないか?

総合的な評価
乳ばかりでコガラシの存在感を有効に活用できてなかったように思う



箱庭迷宮様
http://labirinto.blog112.fc2.com/


演出
メイドガイセンシズには驚かされました。
が、もうちょっとネタに幅を持たせてほしかったです。

音楽
OP・EDともに作品に合ってて良かったと思います。
あとはコガラシの効果音。(←それ音楽に入るの?

総合
お馬鹿なアニメで好きでしたよ。少々マンネリになってしまったのは残念です。
二期をやるなら コガラシのインパクトと乳インパクト、コガラシの方の濃度を高くお願いします。
PCに向かってると うたわれのパッケージが見えるのがなんともいえません。



やはり全体的には、コガラシの強すぎる個性に言及した意見が多かったですね。まず彼という個性を受け入れることが出来るか?ダメな人はダメなのでしょう。また、コガラシのキャラが勝ちすぎていて他のキャラクターが目立たないという評価も幾つか見られました。

評価の低かったストーリーに関しては、ヒロインの遺産相続問題がスルー気味であったことの指摘が目立ちました。そう言えば、実は乳アニメなのでは?という意見がとても多かったです・・・うん、確かに乳アニメだったw 放送される前は前評判の高かった作品の一つですが、実際の評価はなかなか厳しいものになりましたね。


☆D.C.Ⅱ S.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~

「D.C.Ⅱ S.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~ 」です。原作はPCゲーム。製作はfeel.。キャストは高垣彩陽、堀江由衣さん等が出演されています。

ダカーポ2

このレビューに参加して頂いた方の人数は42人。各項目の平均評価点は、ストーリー 2.79 キャラクター 3.17 画 3.67 演出 3.17 音楽 3.74  総合的な評価 3.02 総合点 19.55となっております。

画に関しての評価が高かったですね。確かに作画は終始安定しておりました。個人的にはもっと評価されても良かったのではないかなと思っております。

後は、音楽の評価が高いのですが、これに関してはOPの歌がいいという風におっしゃっていた方が多かったですね。


それでは、ここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


迷宮と幻想と様
http://hibizakkan.blog.shinobi.jp/


ストーリー
1期未視聴。朝倉姉妹中心にみやすく後半は泣かせ所もありよかったです。

キャラクター性
朝倉姉妹中心のせいか目立たないヒロインは目立たないままのがちょいもったいなかったかと。

音楽
yozuca*さん、Coorieさんの歌はとてもよかったです。Coorieさんあってこそのダカーポですよね!

総合的な評価
桜は枯れても人の思いは枯れない。その思いだからこそ奇跡をとハッピーエンドでよかったなと。DCSSのアイシアが好きだったので、さくらの選択で色々と考えたり。あまり萌えアニメみないんですが久々にみてよかったのはやはりダカーポだからでしょうか?
まあ年令指定の美少女ゲームまずしないんでその意味でもみやすかったのかも。



ニコパクブログ1号館様
http://blogs.dion.ne.jp/nininga/


ストーリー
やっぱりあの最終回は、物語上は綺麗に納まってるけど、納得いかない。
無理矢理にでもハッピーエンドにする必要はあるのでしょうか?

キャラクター性
美夏のみの字も出てきませんでしたね。


絵は安定してましたね。

総合的な評価
私的には、最後までだめーぽだったかな。
恋愛面も決着がついてませんですし。



yukitaの想い出日誌様
http://youkita.blog101.fc2.com/


ストーリー
第1期と同様に『義之と小恋の関係性』を中心にすると思いきや、何時の間にか『朝倉姉妹(特に音姫)との関係性』にシフト。
それに伴い、小恋の存在感が希薄になってしまった感があり、そこは非常に残念です。
(第1期では、朝倉姉妹が『背景キャラ』でした。)
ただ、物語自体は、朝倉姉妹の義之への切ない想いが丁寧に描かれていたので、感情移入は出来ました。
終盤は、観ていて辛い展開が続き、義之が消滅した際の音姫の嘆く様は、本当に辛かったです。
その分、義之の復活シーンは感動的でした。
(義之と想い出を共有した皆が、『枯れない桜』の魔力に打ち勝った点が特に。)

演出
派手さは無いものの、登場人物の心理描写を丁寧に重ねて行く手法は、良かったと思います。
特に、『枯れない桜』が枯れ、義之の存在感が希薄になっていく過程は、義之の辛い心情を良く表していたと思います。
そして、忘れてしまった義之の事を、皆が思い出していく過程も良かったです。
朝倉姉妹や小恋達の『義之との絆の強さ』が、『枯れない桜』を本当の意味で『魔法の桜』にし、義之が復活した場面は、感動的でした。
また、義之と少女達との恋路の行方をはっきりと描かなかったのも、好印象です。
前シリーズ(特に、『D.C.S.S.』)は、『音夢(メインヒロイン)ありき』だったので、『出来レース』の感が否めませんでした。
しかし、この結末なら第3期があっても無くても、対応出来ます。
PS2版の新ヒロインを登場させて、第3期を始める事も出来るし、『結末は皆さんの想像に…』と、このまま物語を完結させる事も出来ます。

総合的な評価
色々と問題点を書いたものの、『終わり良ければ全て良し』で、満足しています。
鬱EDにならず、程良い着地点だったので安心しました。
もし今後、義之と誰かが結ばれる展開が描かれるのなら、『小恋ED』を希望します。



やはり、作画が安定していたということに関して評価される方が多いですね。後は、OPとEDの歌も人気が高かったです。
ストーリーに関しては賛否両論で、美しく締めていたと評価する方もいれば、ありきたりだと評価する方もいましたね。
小恋の空気化に関しては、朝倉姉妹の関係を中心に描くというストーリーの構成上仕方のないところはありますかね。
全体的にはそこそこの評価。もしかすると、前期よりも評判は良かったのかもしれませんね・・・。


というわけで、PART3に続きます・・・

0 Comments

Post a comment