(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話 「シュナイゼルの仮面」

Newtype (ニュータイプ) 2008年 10月号 [雑誌]




ナナリーは生きていた。しかも最悪の敵としてルルーシュの前に現れた。やはり恐るべきは策士シュナイゼル。苦悩するルルーシュにその時、スザクは!今こそ世界の覇権をかけ、天才と天才が富士の上空で激突する!!ゼロレクイエムを成就させる為に。真の最終決戦開始!コードギアス間もなくクライマックス!



ルルーシュの覚悟、ナナリーの覚悟・・・

ナナリーは生きていました。では、なぜ生きていたのか?は後で記述するとして・・・まさかルルーシュの前に、大きな壁として立ちはだかることになるとは・・・。

前回の記事で、ナナリーがルルシュ達の敵として戦うことを宣言した時に、彼女がなぜシュナイゼル側についているのか?を色々と妄想していたのですが、やはりシュナイゼルは自身にとって都合のいい情報しか与えていませんでしたね。

ただ、私はフレイヤを使ったことまでは話していないだろうと思っていたのですが、これについては話していたようです。しかし、ペンドラゴンの連中は避難させていたというウソをついていましたけどね・・・。実際には、避難させずにフレイヤの餌食としたのですが・・・

ナナリーには相当の覚悟があります。彼女がそのように激しく突き動かされる動機としては、ルルーシュがこれまで、「自分のためにしでかした事」が大きく関係しているでしょう。もちろん、この事については前回も予想した通り、シュナイゼルが散々吹き込んでいるはずです。

お兄様は自分のために、ゼロとなり多くの者を犠牲にしてきた・・・」、こうなるとナナリーの事ですから、全力でルルーシュを止めようとすると考えるだろう事をシュナイゼルは、よく分かっています。

しかし、ルルーシュはこれを真っ向から否定しました。「お前は俺が否定した古い貴族そのものだな」と・・・。

ナナリーに、この言葉は深く突き刺さったことでしょう。そして、ルルーシュにとってこの発言は、ナナリーへの決別を示したことになりますが・・・その手は震えていた・・・。ブリタニア皇帝としての仮面を被り、心を殺しながら演じ続けたという、それは切ないシーンでありましたね。

もっとも、このようにルルーシュが振舞うこともシュナイゼルの中では想定済みだったのではないか?と私は邪推してしまいます。ルルーシュにとってあの突き放し方は、自身の覚悟を示すと同時に、ナナリーへのせめてもの優しさだったと思うですが、それはナナリーに逆効果として作用したように思えます。

私は戦うことも守る事もできません。だからせめて、罪だけは背負いたいんです」・・・このようにナナリが話したのには、先ほどのルルーシュの「自らは手を汚さず、他人の行動だけを責める」の発言が効いているのでしょう。そして、このような覚悟をナナリーが示すことをシュナイゼルは知っていた・・・いやあ~、恐ろしく頭のキレる男です。


シュナイゼルの目指すもの・・・えっ!?どんなたいそうな理想を掲げているのかと思ったら・・・そんなものなの?

シュナイゼルの目指すもの・・・えっ!?どんなたいそうな理想を掲げているのかと思ったら・・・そんなものなの?

シュナイゼルの目指す理想とは何なのか?・・・一体彼が何を考えているのか?これは、ずっと疑問であったわけですが、ようやく彼の口からその本音が今回は聞けましたね。

様々な問題を抱える人類・・・溢れる問題をなくしたいと思いつつも、人は絶望的なまでに分かり合えない。この想いのすれ違いという部分が悲劇の連環を生み出している・・・と

人は戦争を否定しながらも、その根本ではそれを止められないと諦めている・・・ならば、心や主義主張はいらない、システムと力で平和を実現すべきである・・・。まあ、結局彼の発想というのはシャルルと大して変わらなかったということですわ。

力による支配・・・それは、現在の混沌とした世界において、一番効果的な手法であると、合理的なシュナイゼルは判断したのだと思います。それを実現するのがフレイヤで、これによって民間人が犠牲になったとしても、後に恒久的な平和が訪れるであろうと・・・

シャルルは、世界のウソ(これが人々のすれ違いを生み出していると考えていた)をなくすために、人々の心を一つのしようと考えました。ところが、それは結局のところ自己満足的な発想で、そんな価値観の押し付けによる理想が、世界に平和をもたらすものではないと、ルルーシュは真っ向から否定したのです。

シュナイゼルも、そんなシャルルを偽りの舞台にいると批判しておりましたが、私から見れば、彼のやろうとしているも、シャルルと大差はないと思います。

世界の現状を憂えての決断」だと彼なら言いそうですが、自身が神になる(まあその仮面を被るということなのでしょうが)という発想からも、大きな思い上がりを感じるし、自分は決して傷つかない場所(天空の城)からフレイヤを撃ち、戦争ゲームに興じるなどはまさに狂気です。

人々が求めるものは決してそこにはないはず・・・シュナイゼルのやろうとしていることもまた、押し付けの正義であり、所詮は思い上がった愚者の発想・・・。もう少し何かあると思ったのですが、シュナイゼルの目指す理想にはがっかりです・・・。


ヴィレッタさんが妊娠!?・・・そして戦いが始まる・・・

尺が足りないんだろうな・・・ということは、とても理解出来るのですが、シーンの省略の仕方が今回はいつもに増してひどかったですね。ほぼワンシーンで理解しろというのはあまりにも、情緒がない・・・もうちょっと何とかならなかったのでしょうか?

まあこの一連のシークエンスで気になったのは、やはり「ヴィレッタ妊娠!!」の衝撃でしょう・・・扇やりやがったな!!w まあ、この二人には幸せになって欲しいです・・・扇に死亡フラグが立ちましたが・・・。

後は、シンクーに久々に死亡フラグが立ったことかな(苦笑)。まだ吐血するんだ・・・生きろ!

さて、いよいよルルーシュとシュナイゼルの最終決戦!!ここの、黒の騎士団がどちらにつくのか?という場面ですが、シュナイゼルは見事シンクーを説き伏せ、仲間に引き入れました。

前回も記述しましたが、やはりルルーシュは最後の保険として集まった各国首脳陣を人質に使うつもりだったようです。幾らシュナイゼルでも彼らを撃つことは出来ない・・・ただ、シュナイゼルの目指すものを考えたら、それすらも躊躇しないだろうと、今回は思いましたが・・・。

しかし、シンクーはそれをさせないと訴え、ならばとシュナイゼルは自身に、協力することを約束させたわけです。こうしてシンクーが協力せざるを得ない場面を作り出した・・・同時にフレイヤが、最後の脅しとしてブリタニアと超合衆国には効いてくるわけですが・・・相変わらず巧妙だ

ここからの二人の戦場での読み合いは、それなりに見ごたえのあるものでしたね。黒の騎士団の放ったハドロン重子砲!そして、ルルーシュの最後の切り札としての、サクラダイトの爆発・・・これら切り札を有効に使うための戦術・・・。

ここは、味方を犠牲にしてまでも勝ちに拘ったルルーシュの方に、軍配が上がりましたかね?・・・ところが、シュナイゼルはさらにこの先をも想定していました。最終兵器・フレイヤの投下です。黒の騎士団がルルーシュに勝てば良し、敗れればフレイヤを使う口実にもなる・・・何という恐ろしい男!

さあ追い込まれたルルーシュ・・・彼の最終的な切り札は、もはやニーナしかいない。では、彼女を引き込んで何を開発させているのか?というところですが、これに関しては後ほど触れていきたいと思います。


改めて、ルルーシュの目指すものが何であるのかを考える・・・ゼロレクイエムとは?

シュナイゼルの目指していたものは、今回明示されました。では、ルルーシュは?というと、それらしいキーワードは出ていますがやはりぼかされているという印象です。

しかし私は、ルルーシュの目指しているものというのは、最終的に自己犠牲の後に成り立つ希望であると予想しています。彼は手段として暴力的な方法で、世界の統一を目指したのでしょうが、この部分においてはシュナイゼルやシャルルと大差ないのかもしれませんね

ただ、決定的に違うのは、世界を一つにしたその後・・・一体どうするのか?という考えたについての部分なのです。

黒の騎士団のゼロであった頃のルルーシュというのは、ナナリーが幸せに暮らせる世界を目指していたわけですが、いまいちそれには具体性が伴っていたように私は思います。

それはおそらく、ブリタニアを打倒し世界を統一した後の世界をどうするのか?その辺りのビジョンが明確でなかったからなのでしょう。

だが、現在のルルーシュはきっと違う。そこで、スザクとの約束・・・「ゼロレクイエム」と言うキーワードが気になってきますね。今回、ルルーシュとC.C.の会話で「俺が悪を成さねばならないだろう」というルルーシュの言葉、そこからは最後の目的のため、あえて憎まれ役を演じ続けているという彼の覚悟を感じました。

そして、ゼロレクイエムという単語・・・それは死を連想させる言葉です。ゼロとは記号化した存在であり、今悪の仮面を被っているルルーシュも、ゼロであると言えるでしょう。つまり、ゼロの死・・・私はルルーシュは自らの死を捧げることで、本当の意味での統一を目指していると思います。

Cの世界からの脱出後のスザクとの約束とは、彼に自分を殺させること・・・ユフィーを殺したルルーシュに対しての憎悪向けるスザクを納得させる言葉としては、これ以上のものはないのではないでしょうか?


では、ルルーシュが死んだ後はどうなるのか?・・・ですが、ここの部分の考え方がシュナイゼルやシャルルと大きく違うところだろうと思います。

繰り返すようですが、シュナイゼルもシャルルも所詮は同じ穴の狢です。高い位置から人を見下ろし、偽りの劇場を興じる存在・・・。結局のところ、本当の人々の願いを分かっていない。早い話し、彼らは人々を信頼していないのです

ルルーシュは恐らく、自身が死んだ後に、人々の可能性に賭けようとしているのではないだろうか?人々を信じた上で、その後に必ず世界を、より良き方向に導いてくれると・・・託したいわけですね。

この世界の悲劇の連環は、気持ちのすれ違いによって生じています。では、これを止めるためにはどうすればいいのか?シュナイゼルのように、恐怖によって人々の心を支配するのか?それとも、シャルルのように心を一つにしてしまうのか?

いや、これは私のあくまでも妄想ですが、ルルーシュは自らが人々への理解を示すことでその悲劇の連環を食い止めようとしているのではないかと思っています。まあその後に、人々を先導してくれるのがこの作品の唯一の救いであるナナリーなのではないか?とは前回までは予想していたのですが・・・もしナナリーがその手を汚してしまったら、それもなくなるかもしれませんね。

ああ~、ナナリー・・・何であんな簡単にスイッチを押してしまったんだ・・・もっと葛藤してくれよ・・・ors


最後に色々と・・・なぜナナリーが助かったのか?ニーナの開発しているものとか・・・

ではここで、今日開催しました実況ラジオでのリスナー様の書き込みを紹介したいと思います


20 :藤:2008/09/14(日) 17:24:47
たまきがかっこいいだと!?

21 :AK:2008/09/14(日) 17:24:49
あれ・・・玉城が格好いいぞ・・・

23 :リスナーさん:2008/09/14(日) 17:27:21
玉城はおそらく唯一の見せ場を使い切りましたね
なんかギアスって終わりが近付くにつれて切羽詰まってるな
もう引き方とか気にしてる余裕もないんですかね



はい、今回は玉城さんがとってもカッコ良かったです。もう二度とないだろうというぐらいの活躍っぷり・・・スタッフに愛されているなあ~。


35 :リスナーさん:2008/09/14(日) 17:32:24
ネリ様の命って軽かったなぁ…。

39 :藤:2008/09/14(日) 17:35:40
>>35
 あれじゃコーネリア何のために生きていたんだか分からないよな

40 :AK:2008/09/14(日) 17:37:58
なんとなくネリさんは生きてそうな。確証はないが

50 :リスナーさん:2008/09/14(日) 17:42:44
それにしても、どういった流れで超合衆国がシュナイゼルと敵対するんでしょう
ねぇ。
ネリ様がメッセンジャーになるんだろうか…?



コーネリアがあんなにもあっさりと殺された事にビックリ!でしたが・・・40番さんと同じく私も生きていると思っています。彼女は全てを見届ける存在です。ギアスの事も知っているし、シュナイゼルの企みも知っています。そんな彼女がこの作品で果たすべき役割は、きっとこれからあるだろうと・・・まあ勝手な想像ですが。


42 :おやっさん:2008/09/14(日) 17:38:50
まて、囮があったとしてなぜ脱出できるんだ?

42 :おやっさん:2008/09/14(日) 17:38:50
まて、囮があったとしてなぜ脱出できるんだ?

45 :おやっさん:2008/09/14(日) 17:40:19
光に包まれたぞ。
2つあったところで広域の空間に作用する爆発から逃れるすべはないと思うんだが

55 :いーじす:2008/09/14(日) 17:47:26
たぶん、フレイヤの爆風とか炎は意志を持っていて
ナナリーが乗っている囮の船に襲い掛かって
二つ目の船は見逃したんだよ

57 :藤:2008/09/14(日) 17:48:02
>>45
 量子論的にナナリーを構成する素粒子はどこにでも存在する
確率があります。つまり、光に包まれたナナリーは同時に
どこか別のところにも存在する可能性があるのです。
…後は分かるな?

63 :二人の猫:2008/09/14(日) 17:51:11
ワームホール通過時はいったん自分の体を分解
そして出口で再構成という手順が踏まれると
スターゲイトでは言っていた



最後の方の書き込みは、ネタ合戦になっていますが・・・しかし、残念ながらナナリー生存に関しては、我々が納得出来る答えは提示されなかったですね。まあ、ここはあまり深く考えないほうがいいのかもしれません。

囮を使えばルルーシュはそこへ向かわせナナリーを救出するだろうと、シュナイゼルは考えていたのでしょう。そこに気を取られている間に、ナナリーを別の脱出艇で脱出させていた・・・あれ?ナナリーは寸前まであの場所にローマイヤーと共にいなかったっけ?・・・やはりおかしいなあ・・・すいません、分かる方がいらっしゃいましたら詳しく説明してください(苦笑)。


24 :藤:2008/09/14(日) 17:27:37
ニーナが開発しようとしてるのはフレイヤを無効化する
装置なのかな?

32 :リスナーさん:2008/09/14(日) 17:31:01
ニーナが完成させたのは…機動戦士ガンダムOO

33 :オノッチ:2008/09/14(日) 17:31:12
>>24
普通に考えたらフレイヤにフレイヤぶつけたら空間消滅どうしで相殺されんのかな?
まぁ失敗したら相乗効果で全部ふっとぶ終末END



やはり、ニーナが作っているのはフレイヤを無効化する装置ではないか?という意見。なるほど、同じようにフレイヤを作らせたのではシュナイゼルと同じになってしまいます。それを考えるとこれは納得出来る意見ですね。

それが開発されれば、シュナイゼルは大きな切り札を失うことになる・・・ただ彼の事だからさらなる最終手段を用意している可能性が高いですね。それこそ、地球そのものをぶっ壊すような恐ろしい何かを・・・油断は出来ません。


ということで、長くなりましたが、まあ次回と最終回に期待するしかないですね。何とも言えないこの消化不良感は尺の足りなさに起因しているところが大きいと思うので、もはやどうしようもないでしょう。

今個の黒の騎士団の動向と、ルルーシュの華麗なる反撃には注目しております。・・・でも、今回は引きもいまいちだったですね・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<OPトークに素敵なゲスト登場~!!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第21弾をアップ!!(08/09/02更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第21弾」をアップしたしました。今回はOPトークコーナーに当ブログのOPソングを歌って頂いている秋月まめさんをお呼びして楽しいトークを繰り広げております。アニメニュースと今期お勧めアニメを紹介する「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」では「夏目友人帳」の魅力を余すことなく紹介!、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第21弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、夏目友人帳、RD潜脳調査室、恋姫無双、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。、スレイヤーズ REVOLUTION、魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~、ひだまりスケッチ×365、西洋骨董洋菓子店、鉄腕バーディー DECODE 、薬師寺涼子の怪奇事件簿、乃木坂春香の秘密、ワールド・デストラクション、ゼロの使い魔~三美姫の輪舞(プリンセッセのロンド)~等 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://takamabo.blog118.fc2.com/tb.php/216-74efdd0d
http://dokuganneko.blog96.fc2.com/tb.php/232-53e0cc41
http://adv59782.blog36.fc2.com/tb.php/18-9b4d9420

0 Comments

Post a comment