(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第24話 「ラスト・フロンティア」

マクロスF(フロンティア) 4 (Blu-ray Disc)




かつての第117調査船団の事故の秘密をつきとめたマクロス・クォーターのメンバー。そこにはグレイスの野望の影が。一方、船団の存続を賭け、バジュラとの決戦に臨む決意のフロンティア軍部。アルト、ルカ、クランもそれぞれの思いを胸に、船団はバジュラの星に向かう・・・。



ランカは人類に災厄をもたらす存在なのか・・・それとも・・・

第117調査船団を襲った悲劇・・・。あの時、バジュラをおびき寄せたのはランカの歌でありました。あまりにも、大きな罪を背負ったランカ・・・。

激しい混乱の中、「誰にも言っちゃダメだぞ。お前がバジュラを呼んだことを!!」その、ブレラの言葉はランカの心に強く刻まれたに違いありません。

彼女があの時の記憶を思い出せなかったのは、償いきれないほどの罪を心の奥底に、封じ込めたせいでしょう。だが、グレイスはそんな彼女の心の闇につけこみ操ろうとしている・・・そう、全ては自身の野望のために・・・


ところで、グレイスの目的に関しては大体の事が明かされました。大まかな部分では、前回考察した通りでありましたが、結局銀河を全て一つに・・・というのは聞こえのいい理想であり、実際は上位存在(つまりグレイス達)による銀河の支配であるということ・・・。

この辺りは、以前から思っていたのですが「ヒロイックエイジ」の銀の種族と似ているかもしれませんね

ただ、グイス達の理想を叶えるためには、全ての者をインプラント化しなければならない・・・。それは不可能に思えますが、そのためにバジュラを使ったということなのでしょう。従う者には隷属を、従わぬものには滅びを・・・逆らう者はバジュラによって駆逐させる・・・だから、グレイス達は人類にバジュラを嗾けたということなのです。


さてここでマオ・ノームについても、幾つかの事実が明らかになりましたので、ちょっと解説を・・・。

彼女は、ブロトカルチャー研究の第一人者であり、第117船団の団長だった・・・。さらに・・・「ノーム」からも分かるように、どうやら彼女はシェリルの祖母であったようです

グレイスの「ランシェ、ドクター・マオ・・・もうすぐよ。お前達の血が互いを傷つけ、殺し合いを始める!そしてその時こそ、私の正しさが証明される。人類はプロトカルチャーを超えるのよ!!」という言葉。ここの「お前達の血が互いを傷つけ、殺し合いを始める」は恐らく、ランカとシェリルの事を言っているのでしょう。ランカはランシェの娘です・・・つまりシェリルは・・・。

さらに、オズマ達の調査で明らかになったマオが「孫に送った」と言う、イヤリング・・・。これは、おそらくシェリルが持つイヤリングでしょう。孤児だったシェリル・・・ただ、ギャラクシーでグレイスが彼女を拾ったのは本当に偶然だったのかもしれません。それが、マオの孫だった・・・・

しかし、こうなるとなぜシェリルがV型感染症に感染していたのかが分かりませんね。マオに対する復讐のため、わざとグレイスが感染させたのか・・・そうなるとますます黒いのですが・・・うーん、謎です。


恋愛面ではケリがついたのか・・・そして戦いが始まる!!

さて、いよいよアルト君、決断の場面・・・。アルトはシェリルに告げました「俺は帰ってくる。この戦いを生き抜いて、必ず帰ってくる」と・・・。そして次の言葉が重要です「人は一人じゃ飛べない・・・飛んじゃ行けない」。

前回までのアルトからは、シェリルへの同情で彼女の側にいる・・・という心境が垣間見えたものですが、先ほどのアルトの言葉には、決して「不健康な依存」ではなく、「愛し愛され・・・人は支え合い生きていくものだ」という気づきがもたらした、シェリルへの真の告白といったニュアンスが含まれていたように思えました。

そして口づけ・・・。これまでの微妙な三角関係に、ここで一つの決着がついたと見ていいでしょうね。

まあ、アルトが「ランカを殺す」ではなく「助ける」と決意したことも良かったのではないでしょうか・・・ただ、個人的には、彼のどの部分が変わり成長したのか?いまいち分かりにくいところでしたが・・・。結局、父親との問題もぼやかされた感じですしね


それにしても、やはりシェリルの歌はバルキリー戦闘に良く合います。カッコイイ音楽に合わせての激しい戦闘シーン!これこそがマクロスであります。何も考えず、音楽とバルキリー戦闘に酔え!!・・・いやあ~そんな意気込みを感じさせる見事なバトルシーンでありました。

そしてにここより物語は大きな盛り上がりを見せるのです・・・そう、あの歌によって・・・


再び蘇る伝説の名曲・・・我々はそこにマクロスの真髄を見た!!

グレイスのマインドコントロールによって、オヤシロ様モードに突入したランカ・・・。彼女を支配する罪の意識は、やがてバジュラの星を守らねばならないという強迫観念に摩り替わり、人類にとっての大きな壁として立ちはだかるのです・・・

そして銀河へと鳴り響く、「愛・覚えていますか?」。・・・かつて人類を勝利へと導いたあの歌が、今度は人類を滅ぼす歌として作用してくる・・・何という皮肉でありましょう。

それにしても・・・ランカの歌によって力を取り戻したバジュラが人類に一気攻勢を仕掛ける場面、「やはりランカは裏切ったのか!?」と上層部があせるシーンより切り替わって、歌い続けるシェリルがランカの歌の力を思い知る場面など・・・ここは、激しく感情を揺さぶられる秀逸な展開だったと思います。

「愛・覚えています」が滅びの歌として作用し、次々と人類側の機体が破壊されていく・・・いや、圧巻だった・・・まさにデカルチャー!!

さらに、ここから続くラストの衝撃・・・ブレラと激しく戦うアルトが、ついに撃墜されてしまった!!!ここで主人公死亡か!?いやはや、今回の後半はあまりにも凄すぎました・・・


もはや最終回では何が起こるか分からない・・・次回への大きな期待感を胸に・・・

中盤以降の展開には首を傾げたくなるところも多々あり、正直クライマックスも盛り上がるかな~?と不安な面もありましたが、それを見事に解消してくれた素晴らしい回でありましたね。

激しいバルキリー戦闘とそれを盛り上げる歌・・・このように感情に訴えかけてくるのが、マクロスなのであります。


しかし、アルトは本当に死んでしまったのか?まあ、かなりの確率で生きているだろうとは思いますが、あの場面によって、もはや最終回では何が起こるか分からない!という大きな期待感を抱かずにはいられなくなりましたね。


さて、人類とバジュラの激しい戦いが行われている裏で、着々と計画を推し進め大きな目的を達成しようとしているグレイス・・・。いよいよ、深層部に潜んでいたバジュラのクイーンの姿が見えましたが、これが全てのバジュラの意識を統率しているものなのか・・・。

私は未だにバジュラはプロトカルチャーが生み出したものだと思っていますが、仮にそうだとして彼らがなぜこのような生物を生み出したのか?は非常に気になる部分でありますね

プロトカルチャーは、二派に分かれ激しく争いました。その際の戦闘マシーンとして生み出されたのが、ゼントラーディであり、監察軍であったわけです。

しかしその一方で、決して戦うだけの存在ではない地球人類も生み出しています。彼らが真に求めていたものが何であるかは分かりませんが、惑星環境に適応出来るもう一つの可能性としてバジュラを創り出していたとしても、おかしくないでしょうね。

まあ、マオ・ノームならこの辺りについてもある程度の部分までは突き止めていたかもしれません。まあ、最終回では彼らブロトカルチャーの秘密についても迫ってもらえれば、最高なのですけどね。

ともかく、次回には大きく期待しています。この盛り上がり・・・どうか、最後の最後で冷まさせないで欲しい・・・。


ところで、次回どんな歌が飛び出すのでしょうかね?「ライオン?」それとも「新曲?」。でも、愛おぼえていますか?はもう一度聞きたいなあ~・・・


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ブロガーの皆様に需要なお知らせ・感想記事を募集しております>

マクロスFが次回いよいよ最終回でございますが、10月1日(水)に放送予定のネットラジオ「マクロスF&コードギアス特集」を開催する予定でございます。そこで、両作品の最終話の感想記事を募集しております。どちらの記事でも(あるいは両方)でも構いません。「ラジオでうちの記事を読んでもいいよ~」と言う方がおられましたら、是非コメントか、メールでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

メールアドレス→koubow@hotmail.com

http://deviation06.blog56.fc2.com/tb.php/582-881f5134
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/128-4f62e44d
http://blog.so-net.ne.jp/karu/2008-09-20/trackback
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/5eea942559499c7ae3a41522f812011b/b4
http://app.blog.livedoor.jp/paprika200502/tb.cgi/51495900
http://komenowana.blog43.fc2.com/tb.php/68-a672f2af
http://hirowara.blog66.fc2.com/tb.php/440-080f1b12

0 Comments

Post a comment