(アニメ感想) かんなぎ 第1話 「神籬(ひもろぎ)の娘」

かんなぎ 1 (1) (REX COMICS)




仁の家で暮らすことになったナギ。横柄な態度とあまり神様っぽくないナギに、ついに仁も反論をする。ナギと言い争いしていると、そこに幼なじみのつぐみが家にやって来て――。



この大地を形作った神様なのに、外見はロリ少女という設定には、もはや突っ込んでは負けなのでしょうな(汗)。

それにしても、初っ端から良く動きます。特に、オープニングのなぎの踊りは衝撃的でしたね。これだけでも一見の価値あり!・・・ホントすっかりやられてしまいました

というわけで、仁が神木で作った精霊像に降臨なさったナギ様・・・どこからどう見てもつるぺたです。しかし、実は神様なのぞよぉ~という事は、寒い「オヤジギャグ」のセンスからも良く分かります、はいw そんなこんなで神様との奇妙な共同生活が始まった一人の少年の物語・・・。

まあ、ナギにしたら、人間の世界はめずらしいもので満ち溢れており、その純粋で無防備なさまに、仁をどぎまぎさせられる・・・そこをニヤニヤしながら見られたら楽しいアニメとなるでしょう

一応、ナギには穢れを払うという目的があり、仁もそれを手伝うという役割が与えられていますが、基本ほのぼの日常系といったところかな?ここに、仁の同級生や、ナギの妹やらが絡んでくるとますます愉快な事になりそうです。


ともかく作品の雰囲気が良かったというのが全体の印象。そして、やはりよく動くなと・・・このクォリティを落とすことなく続けられたら、それは凄い事だと思うのですが、どうなるでしょうかね?

ほとんど気にしていなかった作品ですが、これは案外ダークホース的存在となるかもしれません・・・うーん今後にも注目だ!!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1152-a38d73d8

0 Comments

Post a comment