(アニメ感想) まかでみ・WAっしょい! 第1話 「なんか女の子出てきちゃったんですけど。」

まじしゃんず・あかでみい (マジキューコミックス)




なんの特徴もないごく普通の男子、羽瀬川拓人には裏の顔がある。それは、非公開教育機関〈学園〉の生徒である事。そんな拓人は、召還術の追試中、魔法陣が原因不明の暴走を起こし、一国を滅ぼせるほどの強大な力を持つ正体不明の超美少女を召還してしまう。その非常事態に駆けつけた〈学園(マジシャンズ・アカデミィ)〉の先輩である榮太郎とエーネウス、そして拓人の従姉妹の鈴穂は、拓人を抱えて逃げる少女をなんとか捕まえようとするのだが…。



女の子が突然降ってきたとか・・・もうこの手の話しは今期はありふれていて、お腹一杯であります。もっともこの作品の場合は、「女の子を召還した」なんですけどね。

主人公は羽瀬川拓人、ちょっと頼りない少年だが実は魔法使い学園に通う、魔法使い見習いだそうです。

で、その拓人が召還術の追試の時に呼び出してしまった者がとても可愛い女の子「タナロット」。ところが、そのタナロットが拓人を抱えて逃げたものだから、学園中は大パニックとなる!というのが今回のお話しでした

ある事が原因で全く話せない鈴穂が嫉妬して好戦的な人格が出現したり、オタク趣味の先輩がタナロットに着せ返して暴走したり、なぜか犬耳メイドがいたりと、いかにもなキャラクター達のオンパレードに、少し「ウッ」となってしまった。

また展開も典型的なドタコメで、今回は終始タナロットを追い回していただけという・・・勢いがあるうちはこれでも、視聴に耐えられるのでしょうが、果たしてこれからこのノリで通せるものなのか・・・。

私は思うのですが、この作品は深夜にするようなものではないと思うのですよね。ノリ的にもどちらかと言うと夕方の時間帯にやるべきアニメだと思います。確かにお色気シーンもあるが、ターゲットを「大きいお友達」にしないほうが受ける気がするのは私だけか・・・

初回の感想としては、正直あまり楽しめなかったが、まあそれも今後登場するキャラ次第という感じかな・・・。でも、どうせ女の子が一杯で主人公のハーレム状態になるのでしょうが・・・。うん、きっとこの手のテイストに飽きてしまったんだな。


ところで、小清水さんの少年声って久しぶりな感じがします。こういうちょっと頼りない少年の声はとても合っている気がしますね。この部分には今後も注目したい

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


http://pinpan7.blog94.fc2.com/tb.php/48-f5cb8440
http://blog.crosschannel.jp/TrackBack/1368/
http://poninchu.blog104.fc2.com/tb.php/308-fbc45417
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/tb.php/560-f3a44e66
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20679842

0 Comments

Post a comment