(アニメ感想) ソウルイーター 第27話 「800年の殺意~異端の魔女降臨?~」

ソウルイーター SOUL.4




クロナとの共同戦線でギリコを止めようとするマカ。だが突如、一切動けなくなってしまう事態に。なんと彼女の体に無数の"糸"が絡み付き、動きを封じ込めてしまったのだ。一方、独自にゴーレム騒動の原因を調べるシュタインは、800年前、レーフ村を中心に起きた集団幻視事件、そしてその背後に潜む異端の魔女・アラクネの存在を突き止める。そのレーフ村では、マカ達を救うべく、デスサイズスの一人・ジャスティンが姿を現していた・・・。



マカ&クロナvsゴレーム&ギリコの対決。ところが途中、マカの体が無数の糸に縛られ動けなくなるという事態に・・・。一体誰の仕業なのか!?・・・やがて、物語が進むにつれ、その糸の持ち主と、ゴーレム騒動の黒幕の正体が明らかとなっていくのです・・・。

シュタインによると800年前、レーフ村を中心に起きた集団幻視事件には、ある異端の存在が大きく関わっていたそうです。その異端の者とは、女・アラクネ。実は彼女、メデューサの姉でありました。そしてこのアラクネは、魔女の魂を使って最初に魔武器を作り出した魔女でもあります

その為、裏切り者として魔女からも追われ、さらに死神からも目をつけられた・・・。800年前に姿を消したのは死神に追われ身を隠したため・・・ってええ!?死神って一体幾つなのだ・・・。

まあ、それはいいとして身を隠す際にアラクネは自分の体を蜘蛛にしてバラバラにし、本体の魂はゴーレムに隠したというわけです

そして鬼神が復活した今、バラバラになった蜘蛛は一つとなり、マカ達の前にアラクネは姿を現した・・・。鬼神が復活したことによって引き起こされる危機というのは、こういう事だったのですね。


マカが無力化し、クロナもアラクネの前に撃沈。このピンチに駆けつけたのはジャスティンでしたが、結局アラクネが途中で立ち去ったため、ジャスティンとギリコの対決はお預けとなってしまいました。

それにしても、ギリコは想像以上のかなりの手練でありましたね。ソウルもジャスティンとギリコの武器職人としての凄さを目の当たりにし、焦燥感を覚えているようですが、さらなるレベルアップを果たすには、そうしたあせりも向上心と捉え修行に励むしかないでしょう

もっとも、ジャステインで驚いていたら、死神様や阿修羅などはもはや神クラスとしか映らないでしょうな。まあ、実際そうなのだろうけど・・・。

ともかく、死神への復讐を誓うアラクネの動き・・・気になるところであります。

彼女はある意味、メデューサよりも強敵かもしれません。何せ、情報が筒抜けですから・・・。死武専大丈夫か!?次回にも期待!!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


http://wonder.fmn.catfood.jp/trackback/1049483
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/382-731778c0
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/rulamoon/diary/200810090000/9a400/
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/646-526a0d22
http://kuragome.blog57.fc2.com/tb.php/544-28818c36
http://hurune.blog44.fc2.com/tb.php/5-256ac78f
http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/3755-f7f2235c
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/7e771ddf04
http://hiyori302.jugem.cc/trackback/767
http://app.blog.livedoor.jp/yamountain23/tb.cgi/51281042

0 Comments

Post a comment