(アニメ感想) 極上生徒会 第25話 「その声は風にのって」

bd765bf3.jpgさあ、いよいよクライマックス突入の極上生徒会!もう、25話ですか。時が経つのは早いものです。さあ、盛り上がっていきましょうか!



前回の続きのお話しです。神宮寺の次期当主に決まり宮神学園を自主退学した奏に会いに、彼女の屋敷に突入する極上のメンバー達。それぞれの想いを胸にいざ奏会長のいる屋敷へ!!



ああ、ただ会長に会いに行くだけなのによく考えたら何でこんなに大変な思いをしなきゃいけないんでしょうね?普通にアポイント取って会えば済む話しのような気もしますが・・・(^_^;)。もう深く考えないでおきましょう、ラスト間近ですしね。

桂聖奈って神宮寺だったんですね・・・あっそう。しかも、管理人さんがあんなに強いし、シンディまで日本語ペラペラと言う事実が・・・。

ああ、もう最後の最後でなんか無茶苦茶になってきたな・・・。



極上のメンバーが黒服を足止めしている間に一人奏のいる場所を目指すりの。一方、事態を察知した奏は、りのの能力の発動を恐れ、自身の能力を開放する・・・。



まあ、クライマックスにかけてかなり大急ぎの感は否めませんしなんかよくよく考えたら矛盾だらけのような気もしますが、このアニメに関してはあまり深く考えないほうがいいような気がします。ある意味この突っ込みどころ満載加減がミソなのかもしれません。ただ、会長になるような人だからどれだけの能力の持ち主かと思えば、インパクトはいまいちだったですね。



とりあえず、来週で極上も終わりですね。最後はキレイにまとめてくれるのでしょうか?期待したいところですね。






予約◆2006年2月◆フィギュメイト 極上生徒会 10個入りBOX予約

0 Comments

Post a comment