(アニメ感想) 魍魎の匣 第4話 「火車の事」

魍魎の匣 (2) (怪COMIC)
魍魎の匣 (2) (怪COMIC)




たった今、見たばかりの加菜子がベッドの上から消えたと知った木場、陽子、石井らは、驚愕した。見張りの警官の話によると、木場らが加菜子を見舞った後、病室から出たのは、美馬坂と須崎だけ。雨宮は、木場、頼子らが到着する前に研究所から出て行ったらしい。木場は、加菜子に関する詳しい事情を明かすよう求めるが、陽子はあっさり拒否。程なく、須崎の他殺死体が、研究所裏の焼却炉の前で発見された・・・。



加菜子が消えた!!多くの人間が見ている前で、誰がどのようにして連れ去ったのか?・・・まあ、それについての推理は「すでに見えている部分があると」の声も聞かれましたが・・・なるほど、私は前回この辺りをすっかり見逃しておりました(汗)。

現在の状況としては、加菜子が消えたと同時に須崎が殺され、そして美馬坂と雨宮が消えた・・・

また、加菜子を狙う存在を木場が陽子に問うたところ「それはあなた」だと答えましたが・・・これの意味するところは、木場の所属する「国家権力」を指して言っているのか、それともまさに木場自身を指して言ったのかは定かではありません・・しかし、やはり可能性としては前者が高いでしょうね。

何せ、加菜子の脅迫状が届いた時に、あれだけの警備が敷かれたわけですし、木場のさらに上にいる人間達と何らかの関係があると見るのが自然かもしれません。ともかく事態は、次第にきな臭くなってきたというわけです

そして、青木が担当している武蔵野バラバラ事件・・・。この事件と加菜子の失踪事件が繋がり始めます。

被害者の周辺で、黒い服を着た黒手袋の男がいた、との目撃情報・・・これは、加菜子を突き落としたという犯人のそれとも共通するところです。

ちなみにバラバラ事件は、連続事件として青木は捉えています。最初の事件ではバラバラとなった部位が金属製の匣に入れられており、どういうわけかそれ以降の事件では腕が全て桐の木匣に収められている・・・。

後の犯行が模倣犯による仕業という可能性も、体の一部が「金属製の匣」に入れられているという事実に関して誰にも口外していないため、それはないだろうと青木は考えています

ただし、思わず捜査員が口をすべらせたため、小説家の関口は知っており・・・彼が犯人でなければの話しですけどね・・・。

そして、この後木場はある情報から、陽子と美馬坂が知り合いだったと知り、さらに美馬坂には「フランケンシュタインの怪物を作る科学者がいる」という噂があったことも聞き出しました。

つまりここまで出た情報を整理し、現段階での私の妄想を展開していくと・・・美馬坂が人造人間を作れるとしたら、バラバラにした肉体も繋ぎ合わせることが出来るかもれない。そして、加菜子は体をバラバラにして持ち出された・・・今回冒頭で美馬坂の助手が箱を持っているシーンが確認出来ました。これがそうではないか?と・・・

ちなみに、桐の木匣に入れられた事件は関口が最初の事件を模倣したもの。以前に、箱の中に入った少女の生首を目撃して以来、甘い妄想にとりつかれての犯行か?・・・とまあこんな感じですね

ともかく、京極堂まだ~?やっぱり、早く彼に登場してもらわないとね・・・。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


http://tosiuenosensei.blog.shinobi.jp/TrackBack/183/
http://app.blog.livedoor.jp/matanoni/tb.cgi/897739
http://kurorizu.blog39.fc2.com/tb.php/285-8dce5220
http://kedamonomania.blog78.fc2.com/tb.php/1394-8c4d3bb8
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10158798256/2b9de6f9
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/8d143101dab506134338e19c7b89e06f/93
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/soumak/diary/200810300000/e7cd5/
http://engage10.exblog.jp/tb/8862844
http://emmmas.blog33.fc2.com/tb.php/31-ef1cc2fa
http://100yeneditor.blog36.fc2.com/tb.php/12-61ea1d72

0 Comments

Post a comment