(アニメ感想) ノエイン もうひとりの君へ 第12話 「タタカイ」

ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第1巻




今年最後のノエインです。思えば、去年も「巌窟王」と「ファンタジックチルドレン」にはまってたなあ~。さて、今回で今年の放送は終わりですね。いやあ、年越しを前にこのアニメが見られるなんてとても幸せですね。それでは感想です。冒頭いきなり、カラスとフクロウが戦闘。そして、フクロウは敗れ去り・・・それを見守るハカル。「お前は変わらないなあ・・・」そんな言葉を残してフクロウは消え去ってしまいます。ってこれ見た時「あれ?一話見逃したったけ?」ってめちゃくちゃあせりました。しかし、ハルカの夢だって事が分かって取り敢えず安心。もう、脅かさないでよ!

フクロウとコサギの会話・・・。コサギはカラスなんて殺してしまえとフクロウに激しく詰め寄ります。「まさか逃がすつもりじゃないだろうな?」とチクリ。一瞬眉が動くフクロウ。図星ですか?しかし、コサギのカラスに対する憎しみは尋常ではないです。一体彼との間に何があったのでしょうかね?もしかして愛憎ってやつ?「カラスがそんなにすきか?」フクロウにそう言われて「違う違う違う」と必死に否定のコサギ。あらら、やっぱりそうだったのね。つかお前はシャナか!!でも、ちょっとコサギが可愛いかも。いいんだよ、自分の気持ちに素直になって(笑)。それにしても、フクロウ渋すぎるこの人ホントにむ27?37、8歳って言う設定で良かったような・・・。

カラスがいなくなったから一緒に探してくれとユウとイサミに頼み込むハルカ。しかし、ユウの反応はそっけないものでした。仕方なく一人で探すハルカ。一方、カラスとフクロウは港で接触。どうやら、二人の戦いがいよいよ始まるようです。しかし、今日はなんか初めから作画が微妙だなあって思ってたらこれは一体!?いや、ついに始まったカラスとフクロウの戦闘シーンなんですけどねなんか画がえらいことになっています!もう、スタッフが開き直ったのか?なんですかこの「カムイ伝は?」。

激しさを増すカラスとフクロウの戦い。一方、カラスを探すハルカの身に異変が!そして・・・

いやあ、最後の最後でアトリがやってくれました。もはや、人間とは思えないホラーな動きと完全にイってしまった目でフクロウをいたぶる。これぞ、アトリ様ではありませんか!しかも、切られた腕まで再生するしもうヤバイですよ。この人どんどんエグく進化していっているみたいですけど今後どうなるんでしょ?

とにかく、今回は色んな意味で凄い回でした。あの戦闘シーンの作画は賛否両論でしょうね。まあ、動きにこだわった結果ならあれはあれでいいと思うのですが、ハルカが走るシーンであの絵柄はかなり違和感ありましたよ。そして、フクロウがいよいよ・・・。まだ中盤だと言うのに早くも戦線離脱ですか、このアニメで一番好きなキャラだったのでがっかりです。アトリはどうなったの?とかカラスの腕はあのままなの?とかまだまだ気になることがてんこ盛りですが、取り敢えず今年の放送はこれで終わり。これからも期待出来る大作なのでまだまだ楽しみですね。今期のアニメの最終回ラッシュで寂しい想いをしている方も多いと思いますが我々にはまだ「ノエイン」があるではないですか~!ってことで次回も期待しましょう。

noin05123000



TVアニメ「ノエイン」エンディングテーマ: 夜明けの足音 / solua

0 Comments

Post a comment