(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話 「傷痕」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1




アロウズの攻撃により倒れるカタロンの兵士。今わの際につぶやかれた言葉に、スメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を同じくして、リントから戦果報告を受けていたカティもまた、過剰ともいえた作戦に表情を曇らせていた。



沙慈の罪・・・スメラギの罪・・・そして、マネキンの罪・・・

全てを沙慈のせいには出来ないが、そのきっかけを作ってしまったのは事実です。その意味では、彼の罪はあまりにも大きい。そして、彼の本当の罪とはティエリアの話す通り、「無自覚な悪意」にあるのです。世界の歪みが生じる原因とはそこにある・・・まあ私からすれば、その「無自覚の悪意の象徴」こそアリーだと思っていますがね。

いずれにせよ、沙慈がこのように罪を背負ってしまった事により、彼がCBで行動する理由は出来ましたね。状況的に、そうせざるを得ないと言うべきか・・・。

しかし、CBにいるメンバーの多くは何らかの罪を背負っている。決して互いの事を詮索しようとしないが、皆それを理解しているし、またそうした罪を背負っているからこそ、ここにいるのだとという事を知っているのでしょうね

さて、スメラギさんもまたこれまで、他のメンバーと同じように過去に何らかの罪を背負っている事が示されていましたが、今回それについての幾つかの情報が明らかになりましたね。


彼女は過去にマネキンと同じくAEUの戦術予報士として所属していたようです。ところが、ある戦いにおいて、誤情報が原因で友軍同士が戦うことになってしまい、多くの兵を失ってしまうという経験をしていたのです

ちなみにその際に、もう一つの部隊の戦術予報士務めていたのがマネキンでありました。この二人・・・意外なところで因縁があったわけです。

互いに優秀過ぎたが故の悲劇・・・「戦術予報士」が味方を必ずしも勝利に導くものとして機能するわけではない、それはこの時にスメラギが得た教訓だったのでしょうね。

でも、肝心な時にぶっ倒れてしまうなんて・・・相変わらずダメラギっぷりに・・・ors


ぶったな?上官にもぶたれたことなかったのに!

先のカタロン襲撃は、何ともいえない後味の悪さだけを残した。それは特に、オートマトンを用いてカタロンの人々を皆殺しにした事が一番の原因であり、アロウズ側の兵士にも少なからず動揺を与えたようであります。

マネキンやセルゲイ、そしてソーマの心の揺らぎがまさにそれですが・・・やはり気になるのはソーマであります。カタロンが粛清されたのは、セルゲイが沙慈から聞き出した情報がきっかけとなったわけですが、これにはセルゲイ自身も胸を痛めていた

しかしそのような状態にも関わらず、彼はソーマの傷心を気遣うメールをよこした。それはソーマの胸に響き彼女は強くあらんと、あくまでも「自身は兵器であり人の殺すための道具であり続ける」というところで決意してしまったのです。

少しでも人間的な感情が任務の妨げとなり、セルゲイにも迷惑をかけることになる。彼女のセルゲイに対する思いやりがこうまでさせるのですが、その決意が何とも悲しい・・・。

人の心に目覚めた彼女が、このまま冷酷に徹して戦い続けられるものだろうか?戦うたびに何かが壊れていくのは目に見えている・・・なるほど、それで救いが必要だということなのですね。そのためのアレルヤか・・・


さて、アロウズの追撃に備え、カタロンから目を反らすため動き出したCB。しかし戦術予報士のスメラギが戦線離脱し、彼女なしでの戦いを強いられることになってしまいます。「ガンタムが戦術だ!」が通用するうちはこれでも問題ないのでしょうが・・・しかしこの戦い、色んな意味で興味深いことになっていました。

アロウズ側では、ソーマ、ミスターブシドー、ルイスが出撃!!ここではまた、それぞれの因縁というものが明示されていたわけですが、それだけに戦闘の盛り上がり方が半端ではなかった。

刹那はミスターブシドーと、アレルヤはソーマと、そして戦うことを決意した沙慈君はルイスと・・・そんなシチュエーション。特に、沙慈君とルイスの運命の再会には注視せざるを得ませんでしたが、トリガーを引こうにもやはり迷いが生じてしまう沙慈君・・・

そしてその照準を合わせている機体こそ、ルイスの乗るアヘッドだった!!さあ、沙慈よどうするよ!?・・・そんな場面での引きは、結構くるものがありましたね。前回の引きも良かったけど、うーん今期のガンダムは確かに面白い!


部屋に引きこもってウジウジ、戦場に出てもウジウジ・・・沙慈君よ一体君はどこに行く・・・

さてここで、今日開催されました実況ラジオの掲示板のリスナー様の書き込みを紹介したいと思います。


18 :AK:2008/11/09(日) 17:09:40
ホンロン兄さんだったのかよw

19 :ジーノ:2008/11/09(日) 17:09:53
執事、兄ちゃんなのか。

20 :ぬ~ん:2008/11/09(日) 17:09:53
お兄様ぁ!?



ああ、これは衝撃的でしたw 一期では全くそれを匂わせていなかったですからね。二人の過去に何があったのか?・・・そうそう、予想はしていましたが一応留美はリボンズを利用しようとしているみたいですね。

しかし、その辺りの彼女の企みもリボンズが気づかないわけはないと思うのですが・・・。まあ、後ろから撃たれないことを祈っています(アリーあたりに)。


35 :ぬ~ん:2008/11/09(日) 17:18:45
は? 小熊一目惚れでもしたか?www
ちょ、言うに事欠いて乙女ぇ!?

36 :隣野 時雄:2008/11/09(日) 17:18:59

アンドレーがヒトメボレwwww

37 :AK:2008/11/09(日) 17:19:19
ルイスに心奪われたか

38 :ジーノ:2008/11/09(日) 17:19:24
なにが、乙女だよ。

39 :リスナーさん:2008/11/09(日) 17:21:03
ルイスも親父に奪われることも知らずに、可哀そうに・・・・



なんだって~!?ルイスを一目見た時のアンドレの反応から、イヤな予感がしてましたが、「乙女だあ~!?」。お前、横にいるソーマは乙女じゃないのかよ?失礼じゃないかチミ!!

しかし、沙慈君の前に妙な恋敵が現れたものです。そのうちアンドレが「ルイス君は僕か幸せにする~!!」とか言い出して、沙慈君と男らしく殴りあうのでしょうかね?ともかく、ルイスとの戦闘中は後ろに気をつけろよ、沙慈!!


59 :オノッチ:2008/11/09(日) 17:27:11
結局ブシドー、超兵、ルイスが3トップなのか
4VS4だとあと一人は誰が入るんだよ
候補多そうだが



やはりそこにはコーラサワーが入った方が盛り上がるかと・・・。でも、彼って誰と因縁あったっけ?いつも出オチだったから分かんないやw


66 :いーじす:2008/11/09(日) 17:32:18
皆、サジに対してキツイね
オレはけっこう同情してるけど・・・

69 :おやっさん:2008/11/09(日) 17:32:45
>>66

同情する余地が無いだろう・・・・

70 :ぬ~ん:2008/11/09(日) 17:33:41
>>69

そうっすかねぇ、自分はサジ君好きですよ?

72 :おやっさん:2008/11/09(日) 17:35:42
>>70

だってさ。お前たちが悪いんだ!、俺は悪くないんだ!
なんで俺が巻き込まれなきゃいけないんだ!
俺は戦争なんてごめんだ!

って、勝手に逃げ出して、勝手に情報与えて、自分だけ保護してもらおうとして
保護されなくなったから、カタロンに戻ったら壊滅してて。

少し考えればわかるのにねぇ・・・



今回の沙慈の行動についての議論が沸騰したので紹介します。ちなみにかなり書き込みが続いたので幾つかに分けますね。

まず主に、沙慈君の迷いに関してですが、これに否定的な意見と同情的な意見が見受けられましたね。否定的な意見を言えば、彼の起こした行動が悲劇を呼び込んだ事に対するもの・・・まさに「無自覚な悪意」。こういう結果になるのは目に見えていただろう?と突っ込みたくなったのでしょう

同情的な意見では、一般人の感覚からすると、あの行動も仕方がないものかもしれないというものが多かったですかね。もちろんだからと言ってその罪が許されるわけではない・・・というスタンスですかね?

沙慈にしたら訳の分からないうちに巻き込まれてしまい、しかも保護されたのが敵と見ていたCBで、反政府組織のカタロンまで現れた・・・半分パニック状態で逃げ出したくなった気持ちも分からないではないですね。

結局、連邦政府に保護されたわけですが、表向きの情報しか知らされていない沙慈からすれば、連邦政府を世界の正義だと信じている部分があったでしょうし、セルゲイの邪気の無さも相まってポロッと口が滑ってしまったのは仕方がないことかもしれないと言うのは、私の意見であります


78 :ぬ~ん:2008/11/09(日) 17:38:05
>>72

でも、大半の一般人はあぁなると思いますよ。
特に、サジは世界の全てと言えたルイスをガンダムに、姉をCBの影響で失ってますから。

彼にとっての生きる理由そのものがCBの否定だと思うんです。
思考力の欠如は、平和な国に生きている人間全てに言える事だと思いますし。

サジは結局、“平和な一般人”の象徴と描かれていますからね。

82 :ジーノ:2008/11/09(日) 17:42:09
サジは、無力だからね。それだけで責められるのが、ガンダム世界だけど。
逃げる事もできなくなってしまって。ソレスタに保護されていないと生きられないからね。
サジがカタロンではなく、ソレスタにいる理由が出来たし。



沙慈が「平和な一般人」の象徴というのは同意するところであります。前期でも、刹那達が戦場で極限の状態で戦うという描写の合間に、一見無意味とも思える沙慈とルイスの日常の描写が挿入されていました。

ところがこの積み重ねが後に、ルイスが重傷を負うという衝撃を際立たせたのです。前期では沙慈とルイスの描写は日常であり、刹那達のいる戦場は非日常であった・・・ところが今世界で起こっている現実こそが刹那達の見ていた世界であったという事が明らかとなったわけです

沙慈はルイスの悲劇を目の当たりにしたことで、世界とは無関係ではいられなくなったわけですが、彼の限界とは、これを受けてその悲劇の発端の全てがCBにあるとし、そこで思考を停止させてしまったところにある気がします。

思考を停止してしまった人間というのは、自身が敵と認めた対象以外はまるで疑わなくなる・・・もちろんそれは自身の行動に対して同様に・・・そこがティエリアの指摘する「無自覚な悪意」という部分なのでしょうね


108 :リスナーさん:2008/11/09(日) 18:04:19
結局ソレスタが
あれだけのことをやって何を目指してるのかってのがすごい気になりますね。

109 :ぬ~ん:2008/11/09(日) 18:06:03
>>108

極論、やっぱそこですよね。
サジも刹那も、求めているモノは同じハズなんです。
これだけの犠牲を払いながら、何を得られるのか、どこまで得られるのかが焦点ですよね。



CBが何を目指しているのかは?前期では明白であったわけですが、今回はどうも分かりにくい。本当に世界の歪みを消して回るだけに終始するのであれば、それで到底世界が変革できるとは思えないわけです。

極論を言えば「無自覚の悪意」の集合体が、世界の歪みだと考えるならば、人そのものを滅ぼさなくてはならなくなる。それが出来ないから、人々の意識を統一させるということに前期のCBは全力を傾けてきたわけです

ところが、連邦政府が作られた後に世界は変革されたのか?というと実際には、アロウズという新たな歪みが生じただけ・・・。だったらその大元である連邦政府を叩けばいいのでは?と思うわけですが、CBはそれはないとカタロンに話しました。

これが私にはどうにも理解出来ないところです。恐らくはそこがCBの限界であり、それに気づいた時に彼らの真の目覚めがあるのだと期待しているのですが・・・果たしてどうでしょうか?


98 :リスナーさん:2008/11/09(日) 17:54:13
ソレスタのような組織を主人公側に立たせると面白いけど、どうしてもその辺難しいよね。
ティエリアの言葉も、サジには突き刺さってたけど、ぶっちゃけ説得力は皆無だった。
やってること振り返れば
俺達は覚悟があるから介入&虐殺もおkみたいにも聞こえて



なるほどCBは色々な意味で矛盾を抱えた組織だと私は思っています。彼らが悪か正義かと言えば間違いなく悪だとは言えるでしょう。

「俺達は覚悟があるから介入&虐殺もおkみたいにも聞こえて」に関しても、前期の彼らの理念から言えば自分達の組織を「必要悪」と考える向きはあったと思います。

ですから、悪である自分達を倒そうとすることで世界が一つになろうとする、その人々の可能性に賭けた。だから、手段としては介入も虐殺もOKというのはその通りだと思います。

その意味では何れ、その罪による罰を受けるという展開はあるのでしょうが、その前に自身の達のやった事(新たな歪を生んだ)の責任を取ろうと言うのが当面の彼らの目的なんでしょうね


ああ~何か凄く長くなったわりには自分の言いたいことが、うまくまとめられなかったな、最後まで読んでくださった方すいません。結局、最終的に刹那達が何を求め、目指すのか?という部分は我々の最大の関心事であるのですよね。

ここを変にごまかなさいで、真正面から描いてくれればと期待しておりますよ。何にせよ、今回のあの引きで次回への期待感が高まらないわけがない!いやあ~、楽しみだ!!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」中間発表!! ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第23弾をアップ!!(08/10/30更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第23弾」をアップしたしました。今回は当ブログの企画である「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」の中間発表を10月15日のリアルタイム放送にて行いましたが、そちらの模様を収録!意外な作品が上位に!?さらに、沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにさらに「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」のコーナーが久しぶりに復活!!最新のアニメニュースや一週間のアニメについて楽しく語り合っておりますよ~!そして、レトロゲーム紹介コーナーでは、スーパーファミコンソフト「真・女神転生」を紹介。興味のある人は是非聴いて見てください。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第23弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンダム00、クラナド、とらドラ!、屍姫、夜桜四重奏、テイルズ オブ ジ アビス、鉄のラインバレル、地獄少女 三鼎、とある魔術のインデックス、かんなぎ、ケメコデラックス!、今日の5の2、CHAOS;HEAD等 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51930/43063171
http://ryuya96.blog51.fc2.com/tb.php/229-1d480a74
http://generalu.exblog.jp/tb/8936118
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/6699130a116303afa131b4d707470f4e/ee
http://gekkakyu.blog105.fc2.com/tb.php/54-736f02a0
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6268/25178905
http://konata711.blog40.fc2.com/tb.php/275-08c4cd5e
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10162635040/4ca34028
http://yaplog.jp/hyper-land/tb_ping/251

0 Comments

Post a comment