(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第7話 「再会と離別と」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)




意識を取り戻したスメラギの作戦により、戦線から離脱したプトレマイオスだったが、ピーリスのアヘッドと共に墜落したアリオスを補足できずにいた。一方、海岸線へと不時着したアレルヤとピーリスはMSを降り、直接対峙するが・・・。



因縁の対決勃発!!・・・果たして沙慈君は撃ったのか!?

というわけで、結果的には沙慈は撃てなかった。まだ彼に、その覚悟がないことは明白でありますから、今後もこのように戦場で迷いを見せることは必至でしょうな。そうした行動の積み重ねが何れ成長に繋がっていくのであれば、やはりこの物語のもう一人の主人公は、沙慈であると言わざるを得ない・・・

ちなみに、ルイスに放たれたミサイルから庇ったのは、アンドレ。彼のルイスに対する入れ込みようには、凄いものがありますねw これもまた愛なのでしょうか?

沙慈、ルイス、アンドレ・・・戦場でさりげなくこの三角関係が提示されていた事も、ちょっと面白かったですよね。

一方、刹那vsミスター・ブシドーの因縁の対決ですが、刹那が苦戦。が、自分が不利と見るやすぐにトランザムを起動!苦しくなった時の、トランザム頼りは相変わらずの悪いクセでございます。あれだけ、おやっさんに「使うな」と念を押されていたのに・・・

しかし、現在の刹那と互角以上に戦うとは、さすがミスター・ブシドーと言ったところですが、ただしトランザムを使われると、然しもの彼でも劣勢に回ってしまうようです。この辺り、機体性能の差はいかんともし難いものがあり、逆に言えばミスター・ブシドーにもまだ、成長出来る余地が残されているということかな・・・。

機体性能のアップとパイロット性能の成長・・・それは刹那も同様に。いやあ~、互いを高めあう、本当の意味でこの二人はライバルと呼べる関係であります。

そして、トランザムが切れた刹那に対してミスター・ブシドーが放った言葉、「斬る価値もなし!!」。それでこそサムライ!・・・なんとイカした変態なのだろうか・・・。


はい、フラグ立ちましたよ~!しかし、俺達は決してアレルヤを許さないだろう・・・(←すいません、ただの嫉妬です(苦笑))


戦いの最中に、愛の逃避行を決め込んだアレルヤとソーマ。いや、アレルヤが強引に連れ去ったと言うべきか・・・。「もう離さないマリー」というガンダム越しの熱い抱擁は「抱きしめたいなガンダム」にも通ずる熱い告白でありましたね。

で・・・結局二人は戦線を離脱し、森の奥に不時着したわけですが、ここでは大きな展開が待っていました。アレルヤの心からの呼びかけに対して、ついにソーマの中のマリィの記憶が蘇ったのです。

マリィの記憶を取り戻したソーマはもはや別人であり、クールビューティであった彼女に惹かれていた方には、大変残念なお知らせでございました

しかし、これが彼女の本来の姿で、ソーマという人格は超兵に仕立て上げるため、機関が作り出したもの・・・ようやく彼女は本当の自分を取り戻したと言ってもいいでしょう。

ところが、そんなソーマを連れ戻しに、現れたのはセルゲイ・・・。ここで、アレルヤはソーマを連邦やアロウズに渡せないと、拒絶します。本来、ソーマ(マリィ)は優しい子であり、戦いには向かないと・・・。ただ、アレルヤについていったとして、CBも戦う組織ではないかと言うのが、セルゲイの指摘

そしてセルゲイは、アレルヤに銃を向けます。CBによって殺された同僚や部下は数知れず・・・確かに、彼にはその権利があるでしょう。すると、アレルヤは「自分を撃て」と前に進み出ました。ただし、ソーマには二度と戦わせないという条件をつけて・・・だが・・・!


セルゲイがソーマへ向ける愛は、まさに無償の愛と言えるでしょう。ソーマは「あなたの娘になりたかった・・・」と話しましたが、セルゲイにとって、彼女はすでに娘も同然だったわけです。ですから、ソーマの真の幸せを願い、敵であってもアレルヤに任せることを決意しただろうと思います

しかし、ソーマ・・・いやマリイか、彼女がCBへ行くことになるとは・・・。もうソーマの凛々しい勇姿を戦場で見ることが出来ないとは・・・とても残念だ。


クールビューテイ終了のお知らせ・・・。なあに、俺達にはダメラギさんがいるじゃないか~!!

さて、ここで本日開催しました実況ラジオの掲示板でのリスナー様の書き込みを紹介したいと思います。


16 :ぬ~ん:2008/11/16(日) 17:05:39
聞く耳持たぬwww

17 :ジーノ:2008/11/16(日) 17:05:55
ブシドー、強いね。
刹那、放置されるとは、不憫。



ブシドーが刹那を斬らなかったという場面。しかし最大のチャンスを前にして、何もせずに帰り、しかし許されるというのも、免許を与えられている彼だからこそなのでしょう。だが、このような身勝手が許されているおかげで、ブシドーはその強烈な個性で我々を惹きつける事が出来る・・・いやあ~、免許って素晴らしいな!

また、彼の持つこの戦いの美学は、アリーとは対象的に映りますね。そこがまた、ゾクゾクきてしまうところでもあるのですよ


44 :いーじす:2008/11/16(日) 17:21:30
何この演出

45 :おやっさん:2008/11/16(日) 17:22:02
なんだろう・・・・無性に笑えてくる

46 :ぬ~ん:2008/11/16(日) 17:23:23
キスwwww
行動速ぇwwwww

47 :隣野 時雄:2008/11/16(日) 17:23:38
ここに一つの・・・バカップルが生まれた・・・

49 :おやっさん:2008/11/16(日) 17:24:47
>>46

考えようによっては5年越しの恋ともいえる



いやあ~、ラストのキスは衝撃的でしたねw まあ、脳量子波で感応しあえるからこそ、ある程度の段階はすっ飛ばしても、自然と二人の愛は深められるのかもしれません。

ところで結局、マリーはCBに行きましたが、CBの理念に共感を覚えたというよりも、そこにアレルヤがいるからこそ、ついていったのだろうと思います。かつて五感を失い、叫ぶことしか出来なかった彼女を、始めて理解してくれた存在・・・

そういえば、ソーマはルイスに「あなたは心で泣いている・・・」と話していましたが、それはまさに自身の心情を表していたとも言えます。しかし今、ようやく心の奥に仕舞い込んでいた感情に素直になれた・・・まさに、十何年越しの恋が叶った瞬間と言えるでしょうね。


51 :ジーノ:2008/11/16(日) 17:26:50
荒熊、最高だ。悲劇回避。娘自立。さらにカップルに。これでアレルヤは救われる。
でもロザミアポジションの匂いが消えない。裏切り者は、エマさん以来、主人公以外の裏切り者は死ぬ。
マリーが死ぬことで、アレルヤも最後になるかな。

62 :リスナーさん:2008/11/16(日) 17:32:38
10話あたりでマリー死んで、ハレルヤ復活しそうな気がするのは自分だけ?



マリーのCBへの加入は、現時点ではないだろうと思っていましたが・・・やはり、ちょっと早い気がしますね。それだけに、イヤなフラグが立っているのかもしれない・・・というのは同意するところであります。

途中で何らかの悲劇が起こる可能性はあるか・・・。確かに、裏切り者であるマリーをそのままにしておくほど、カタロンも甘くはないでしょう(他の部下にも示しがつかないし)。

そこへいくと、マリーが死んでハレルヤ覚醒か・・・なるほど、とてもありえそうな展開です。と言うか、アレルヤもマリーも罪を背負う以上、決して幸福になれないだろうなとは思います。もちろんこれは、他のメンバーも含めてね・・・


89 :ジーノ:2008/11/16(日) 17:46:14
そういえば、アザディスタン、解体で国がなくなっちゃうのだよな。
これで彼女はカタロンに参加するしかなくなるな。



確かにマリナもまた、大きな岐路に立たされたわけです。彼女がもカタロンについて戦う理由は出来ましたね。連邦の支配から解放し、国を取り戻すというのは、マリナにとっての大きな使命であるでしょう。

これはCBにいては出来きないことです。そもそも、政治的な思想のために動いているわけではないと言う事を明言していましたし、マリナの国を取り戻すためにCBが動くとは思えないですからね

こうなると、また空気になるかな、マリナさん・・・ああ~、本当にこの作品のヒロインですか?(苦笑)


54 :AK:2008/11/16(日) 17:28:05
ティエリア女装してるな



これは次回予告の映像の件ですが・・・あれは、リジェネではないでしょうか?ティエリアの女装なら何とも複雑な気分です。あんなに可愛い子が男の子なワケないやぁい!w


というわけで、アレルヤの件に関しては、一応の解決はみたわけです。これは前期よりあった伏線ですし、ようやく二人が一緒になれたことは、祝福してあげるべきでしょうね。しかし、もうソーマに会えないかと思うと寂しくて寂しくて・・・。

後は、彼女がCBにおいてどのような役回りを持つのか?というところです。何せ、元々はアロウズにいた人間ですから、ある程度の情報も持っているはず・・・戦いには直接参加出来なくとも、最初はそれなりに重要な役割を果たしてくれることでしょうね

さて、次回からはティエリアのターン!何気に刹那以上に、変わったと言われている彼の事は、私も気になっていました。この四年間に何があったのか?そして、イノベイターとは何なのか?

物語の核心に迫る、重要な謎が幾つか明かされそうで、これは楽しみですね。次回にも期待!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<皆様、アニメ話しで交流を深めましょう! 毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、ガンダム00、クラナド、とらドラ!、屍姫、夜桜四重奏、テイルズ オブ ジ アビス、鉄のラインバレル、地獄少女 三鼎、とある魔術のインデックス、かんなぎ、ケメコデラックス!、今日の5の2、CHAOS;HEAD等 等のアニメ話しについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」中間発表!! ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第23弾をアップ!!(08/10/30更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第23弾」をアップしたしました。今回は当ブログの企画である「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」の中間発表を10月15日のリアルタイム放送にて行いましたが、そちらの模様を収録!意外な作品が上位に!?さらに、沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにさらに「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」のコーナーが久しぶりに復活!!最新のアニメニュースや一週間のアニメについて楽しく語り合っておりますよ~!そして、レトロゲーム紹介コーナーでは、スーパーファミコンソフト「真・女神転生」を紹介。興味のある人は是非聴いて見てください。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第23弾」


http://app.blog.livedoor.jp/calypso_telltale/tb.cgi/51209007
http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/432-e492f48a

0 Comments

Post a comment