(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO 2ND SEASON 第10話 「天の光」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
クチコミを見る




連邦の強引な再生計画に反対する中東諸国の中でも最大の国力を持つスイール王国。スイールの蜂起とそれによる中東諸国の追随を懸念する連邦は、スイールへのアロウズ派遣を決定、正規軍のセルゲイに、スイール国境付近で状況監視の命を下す。一方、スイールの蜂起を期待するカタロンは、スイール国王と共闘のための会談を取り付けることに成功する。





若いっていいなあ~・・・だがしかし、若い頃のマネキンさんがおばさんにしか見えない件・・・

まあ、確かに若い頃のダメラギさんのTシャツのセンスはダサイとは思いますが、この頃はとても可愛かったのだなあ~と再確認。才能に満ち溢れ、そしてマネキンへの大きな憧れを口にしていた・・・そう、この時の彼女には夢があったのだ!それが今や飲んだくれに・・・人は変わるものです・・・。

それは、戦争が人をこうも変えてしまったという悲劇・・・。そして、今回もまたその悲劇が繰り返されようとしています。

連邦の再生計画に反発する中東諸国の中で、最大の勢力を持つスイール王国。スイールの蜂起とそれによる中東諸国の追随を懸念し、連邦はアロウズを派遣。これにより、正規軍のセルゲイに、スイール国境付近で状況監視の命を下されたというのが今回の展開。

でこうした現状に、カタロンはどう動いたかというと・・・幾らスイールと言えど、連邦と戦って勝ち目があるはずがないとし、それならばカタロンが参戦したとしても焼け石に水・・・。ならば・・・と言うこと子で、スイールの持っている情報(連邦が中東で行っている悪政)をカタロンのネットワークを通じて世界に流し、世論に訴えかけるという作戦を提案したのです。

ところで、相変わらず影の薄いマリナ姫ですが・・・戦うことの無意味さを説き、シーリンとの意見の対立が見られました。戦うことで何も解決しないという姿勢・・・しかし、無力であったからこそ国を失ったことも事実なのです。戦わずして国を取り戻すことは可能なのか?彼女は彼女のやり方を模索していくのだろうか・・・。

ただ結局、何も行動に移していない以上、それはただの理想主義としか映らない。そんな彼女には、ああまでして刹那が戦う本当の意味を理解することは出来ないでしょうな・・・


空気の読めなさが彼の魅力・・・。人は畏怖と憐憫と侮蔑をこめてこう呼ぶ・・・KYサワーと!

ラグランジュ3へと向かったCBを追撃する任を与えられたマネキン。前回の戦いでは、CBにスメラギがいることを確信した彼女でありますが、やはりスメラギとは過去に深い関わりがあったため、色々と引っかかっている様子でありますね。

悲しい戦いによって最愛の人を失ったことが、彼女の中でしこりとなって残り、それゆえCBの掲げる「戦争根絶」の理念に傾倒したのか・・・。しかし、マネキンはそれは愚かな夢想に過ぎないと斬り捨て、世界から紛争が無くなるはずもなく、そのため彼女達のような戦術予報士が、戦いの長期化を防ぐために存在しているのだと話しました

世界の秩序を維持するために存在するアロウズ、理想主義ではあるが戦争を根絶することを目指すCB、そして戦い自体を否定するマリナ・・・それぞれの信じる道が、しかしどこかに矛盾を抱えているという事実・・・それゆえに、迷い苦しむといったところか・・・。

まあ、まるで悩みのなさそうなキャラクターもいますけどね(苦笑)。コーラとかサワーとかコーラとか・・・。ただ、マネキンさんが悩んでいるところへ、空気を読まずに登場するあたりは、私はむしろ可愛いとさえ思えましたけどね。マネキンからの扱いもヒドいように見えますが、実は愛されているかも?w

さて、話しを本編に戻して・・・物凄い速度でCBに向かってくる一機の機体。これを迎え撃つため、刹那のOOガンダムが発進しますが、早くもここで戦闘に・・・。

ちなみにこの機体を操縦していたのは、イノベイターのブリング。パイロット性能も然ることながら、その機体性能の高さには目を見張るものがありました。

その機動性、そしてGNフィールドを展開してのビーム遮蔽能力、もちろん接近しての攻撃力もOOのそれを上回っていた・・・。ただどうやら、牽制と警告のための一時的な戦闘であったため、すぐに退散しましたが・・・。ここで改めて、OOガンダムパワーアップの必要性を痛感させられることになったわけですな

アリーにもやられ、イノベイターにもやられ・・・ガンダムであることの優位性が薄れる中、やはりさらなる機体のパワーアッフに頼るのか・・・。まあ、刹那達のパイロットとしての成長が望めない以上、これもいたし方の無い措置なのでしょうが・・・。


人生の勝ち組に、俺達は嫉妬する・・・

まあ、前回の時点で指摘されていた方も多かったのですが・・・イアンのおっさんは勝ち組ですw 前回、オーライザーを発見したあたりで、イアンと一緒に映っていた女性は、イアンの奥さんでありました。この年齢差・・・確かに犯罪だ。

さて、ラグランジュ3でイアンと合流したスメラギ達。ここで、スメラギ達は一人の新戦力が加わったことを知らされます。それが、彼女(?)アニューリターナー・・・。見たところイノベイターのようですが、これまで登場した彼らとはどこか雰囲気が違う・・・。

何でも頭が良くて、仕事が出来て、料理まで出来るのだとか・・・ついでに気立ても良さそうだが・・・何この完璧人間は?


王留美が連れてきたとの事から、何とも言えない胡散臭さが漂うが・・・やはり、CBに対しての監視役なのか?今後の動きに注目したいキャラですね

というわけでここら辺で、本日開催しました実況ラジオの掲示板でのリスナー様の書き込みを紹介したいと思います。


20 :オノッチ:2008/12/07(日) 17:17:11
端役だから使い回しで良いがどう聞いても高山さん・・・

57 :リスナーさん:2008/12/07(日) 17:43:35
このガキ、コナンだ!

59 :リスナーさん:2008/12/07(日) 17:44:12
思いっきりこの子どもの声はバーローですねぇ。



ああ、マリナ姫と話していた子供の声優さんが高山さんでしたね。やっぱり彼女の声は個性的ですから、どうしても目立ってしまいますな。


66 :ジーノ:2008/12/07(日) 17:47:16
サジ、マリーと話したなら、ルイスのことを知って欲しかったな。
新入り二人ということで、試験実験に立ち会ってなかったようだし。



オーライザーの運用実験の時・・・、恐らくは初めてであろうこの二人の絡み・・・。罪の意識を感じながらも、何かをしなくてはならないという焦燥感・・・そんな沙慈に優しく話しかけるマリーはまるで女神のようでした。

だが、いかんともしがたい閉塞感の中で、何かを起こさねばと足掻いているのは、実は沙慈だけではありません。刹那も、スメラギも、ティエリアも、皆が悩み迷い苦しんでいるのです

しかしそうした状況においても、世界は急速に変化していっている・・・。こうした変革の波の中、自身を見失わぬよう・・・それは、刹那達にとってのもう一つの戦いと言えるでしょうね。


85 :いーじす:2008/12/07(日) 17:59:30
残り話数からして、ガンダム00+オーライザーでも勝てない敵が出てくるはず
そうなったら、せっちゃんがニュータイプ覚醒して
それでも勝てない敵が出てきて種割れするはず


だって、さすがにもう機体能力は強化できないでしょ?w

87 :マル:2008/12/07(日) 18:00:15
体のいたちごっこは際限ないからなぁ、そろそろ落ち着いてもいい頃だと思うんだけど

95 :AK:2008/12/07(日) 18:03:24
まだ1クールも終わってないんだよな。1期から合わせて見ると今35話くらいか
種ならちょうど後継機が出てきたあたりだったか。もっと強いのは出てきそうだな。

もう1回くらい何かパワーアップするんじゃね
それこそまだCBには隠し玉あるようだし



今回オーライザーの起動実験は大成功。それは想像以上のポテンシャルを秘めていたようです。しかしまだトランザムがあると言うのに、どれだけパワーアップしたら気が済むのか・・・。

確かにそろそろいたちごっこは、際限がないと思うところ。大きな壁にぶち当たった時、すぐに機体の開発に頼れるのだとしたら、何とも緊張感がないですしね・・・。もう少し、刹那達の成長を促すようなイベントがあってもいいのではないだろうか?

必ずしもそうだとは言えないが、やはり肉体的な成長と精神的な成長はシンクロしている部分もあると思うのです。パイロット能力の限界突破と共に、人間的成長もなされていく・・・これは、ロボットアニメの王道だったはずですけどね・・・

それと、とてつもなく強い敵の機体が出てくるという可能性・・・これはほぼ確実にあるだろうと思います。ただ、その時こそパイロットの連携によって倒すべきではないだろうか?もう一体のチート機体に頼る戦い方は、一期の時点で卒業していて欲しい・・・。


29 :リスナーさん:2008/12/07(日) 17:22:37
反射衛星砲かよw
ていうか矢尾ちゃんwww

30 :おやっさん:2008/12/07(日) 17:23:31
制空権ってレベルじゃねえな・・・・
衛星軌道からの攻撃は対抗手段ないよ・・・

42 :隣野 時雄:2008/12/07(日) 17:29:18
ちょwwwむちゃくちゃすぎるwww
先週もしかしたら大量破壊兵器で大佐死亡とか軽く言ってたらまじかよこれwww。

ハレルヤ復活とか、どう見てもイノベイターです、本当にありがとう(ry
とか、もういっぱいいっぱいです。

43 :ジーノ:2008/12/07(日) 17:29:30
最後の最後でどんでん。
大佐が死んだのかな、しかもハレルヤがなぜか復活。
これは、ハレルヤ、人でなしになって、マリーがソーマに戻って、逃げそうだ。



というわけで、最後にまた衝撃が待っていた・・・。衛星からのビーム攻撃、あまりにも反則的過ぎる。まあ、確かにこれをやられるとお手上げですわな。

恐怖によって人々の意識の統一を図る・・・はコードギアスで、シュナイゼルが実行しようとしたやり方だ。こうなると、ますますアロウズが悪役に見えてしまうわけですが・・・さすがにこのやり方にはマネキンを始め、アロウズの中にも異を唱える者達が現れるでしょうな。

そこで、何が起こるのかは?少し予想がつかないところがあり、ちょっと楽しみでありますが・・・。まあ、この出来事は色々な意味で大きな転機となりそうですな。


46 :リスナーさん:2008/12/07(日) 17:33:35
これでマリーが戦う理由ができた?>大佐死亡

49 :リスナーさん:2008/12/07(日) 17:34:28
大佐・・・・
本来なら今頃おやっさんも真っ青の犯罪的新婚生活を満喫してたはずなのに・・・



いつかセルゲイが死にそうだ・・・という話しは良く聞かれましたが、いよいよその時がきたのか? まあ、仮にこれでセルゲイが死んでいたとしたら、マリーがアロウズと戦う決意を固める事はほぼ間違いないでしょうな。

ただ、最悪のタイミングでハレルヤが復活・・・これで状況は大きく混乱することになると思います。無論それは、CB側だけでなくアロウズ側にも同じことが言えるのですけどね

個人的には、この事態を受けてのブシドーやマネキンの反応が気になる・・・。


さて、長くなりましたが、前半のやや退屈と思える展開から、後半のそれも最後の最後での衝撃的展開・・・相変わらず仕掛けてきますね。ただの引きのための演出ではなくて、これが後の展開に大きな影響を及ぼすことになるのは間違いないでしょう。

それだけに、次回以降が楽しみになってきた・・・。後は、未だ悩み続ける沙慈とティエリアが、自身の決着をどうつけるかが1クールの大きな見所となるでしょうな。その部分にも今後は注目していきたいと思います。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<皆様、アニメ話しで交流を深めましょう! 毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、ガンダム00、クラナド、とらドラ!、屍姫、夜桜四重奏、テイルズ オブ ジ アビス、鉄のラインバレル、地獄少女 三鼎、とある魔術のインデックス、かんなぎ、ケメコデラックス!、今日の5の2、CHAOS;HEAD等 等のアニメ話しについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」中間発表!! ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第23弾をアップ!!(08/10/30更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第23弾」をアップしたしました。今回は当ブログの企画である「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」の中間発表を10月15日のリアルタイム放送にて行いましたが、そちらの模様を収録!意外な作品が上位に!?さらに、沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにさらに「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」のコーナーが久しぶりに復活!!最新のアニメニュースや一週間のアニメについて楽しく語り合っておりますよ~!そして、レトロゲーム紹介コーナーでは、スーパーファミコンソフト「真・女神転生」を紹介。興味のある人は是非聴いて見てください。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第23弾」


http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154714/43355182
http://maruta.be/runnershigh/464/tb
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1073152/25996244

0 Comments

Post a comment