(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第11話 「ダブルオーの声」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
クチコミを見る




イアン達の手により、ダブルオーの支援機オーライザーの調整が進む中、更なるアロウズの新兵器が稼動する。そのすさまじい威力にアロウズ、そしてリボンズがほくそ笑んでいた。彼らのやり方に激しい憤りを覚えたティエリアは、ついにイノベイターの存在をソレスタルビーイングのクルーに話す。



あっ、生きていた・・・!

圧倒的だった・・・アロウズの新兵器によるスイール王国の首都圏消滅。連邦に逆らう者には制裁を・・・前回も書きましたが、恐怖(力の支配)による戦争の根絶は、コードギアスでシュナイゼルが試みようとした行為ですな。

しかし、スイール王国の事実上の消滅で、カタロンは一つ道を断たれたわけですが、それにもめげずに独自で動き、衛星兵器を破壊する事を決意します。今後、カタロンとCBがどう絡むのかか?には、注目したいところ・・・。

一方のCBは、ツインドライブの運用実験を成功させ、理論値超えたその性能にイアン達からは驚きの声が上がります。

しかも実験時に、GN粒子の影響かハレルヤが復活、さらにマリーはセルゲイの危機を察知するという、何やらとんでもない異常事態まで起こり、相変わらずそれの持つポテンシャルの底が見えない・・・。そしてこの事は、今回のラストで大きな意味を持つわけですが、それはまた後ほど・・・。

さて、衛星兵器によるスイール王国攻撃を知ったCBは、すぐに衛星兵器破壊のミッションへと移行します。が、その前にここでようやくティエリアが、イノベイターの秘密について告白。

連邦とアロウズの裏で糸を引くイノベイターこそが真の黒幕だと知り、メンバーは戦うべき敵の存在をはっきりと意識したことでしょう。

ただ問題は、「イオリアの計画を実行し続けている」とするイノベイター側の理屈が本当だとしたら、CBこそが異端であるという点・・・。

ティエリアが他のメンバーにイノベイターについて話すことをためらったのも、それがあったからですが、ここで刹那ははっきりと言い切りました、「破壊する。アロウズを倒し、イノベイターを駆逐する。俺が俺の意志で」と・・・

これに他のメンバーもあっさり同意し、イノベイターを敵と認識することで一致団結したのです。

あらら・・・ティエリアの心配は杞憂に終わったようですね。まあ、以前の彼らならもっと心も揺らいだかもしれないが、信じるものが出来た今の彼らには迷いがない・・・。まあこれは、フェルトが話した「CBが家族」という意識も強く関係しているのかもしれませんね。

そして、今回何より良かったのは、スメラギがティエリアに「あなたは私の仲間よ」と声をかけたこと。イノベイターと同じ存在であるテイエリア・・・ある種の後ろめたさもがティエリアの中にはあっただろうが、スメラギは受け入れた。

こうした何気ないシーンも、仲間の絆を表す意味では重要でありました。二期に入ってから、こういう場面が増えたのはとても良いことですな。


マリナさん?今はいい保母さんになってますよ~?(笑)

シーリンがカタロン宇宙艦隊の無事を祈って、あれやこれやと気を揉んでいる時に、お姫さんは子供達に囲まれて呑気に歌を歌ってますよ~。保母さんに転職ですか~?なんてイヤミが、あちこちから聞こえてきそうですわw

しかし、マリナが平和の象徴として存在するのであれば、変に戦いに関わって手を汚さないほうがいいのかもしれない。ただ、仲間が命をかけて戦っている横で一人だけ現実逃避しているなんて事は、実際は不可能でしょうけどね。

もちろん、武器をとって戦うことだけが、「戦い」ではないはず。ただ、それに気づいた時、彼女はカタロンにはいられない気がしますが・・・。マリナが自分なりの戦いの道を模索し始めるのは、一体いつになるのだろうか・・・ホントこの人ヒロインなんですか?(苦笑)


さて、CBですが、刹那とアレルヤの機体それぞれに支援機が搭載されることになり、さらにロックオンとティエリアの機体にも新システムが導入され、これで四体全てがパワーアップしたことになりますね。

これらガンダムの機体のパワーアップを強力にサポートしたのは、ラグランジュ3の研究員達・・・というか、こんなにいたかとビックリ。

これまでそういった描写はほとんどなかったため、CBのメンバーはプトレマイオスにいる仲間達だけだと思い込んでいましたよ(汗)。

ところで、黒い黒いと評判の新メンバーのアニューですが、今回早くもその本性を現しました・・・。

ラグランジュ3のの存在を探っていたマネキン。これに対し、リヴァイブは探す手立てがあると話し宇宙に出ると、脳量子波を使って何やら電波を発信・・・この時、その電波をキャッチしたのがアニューだと思われます。

元よりCBへの監視役として、送り込まれた存在であろうとは思っていましたが、早くもシッポを出しやがった・・・。

ただ、一つ気になったのはそのリヴァイブの脳量子波に、マリーも感応していたということ・・・。確か、イノベイターは対になった存在としか感応し合えないと聞いたことがあるのですが(実際、ティエリアはアニューを見てイノベイターだと気づかなかったっぽい)・・・超兵はやはり特別な存在なのだろうか・・・。


何にせよ、これでCBとカタロンとの戦闘が再び開始されるのです・・・。


あなたと合体したい・・・(*注:決して性的な意味ではなく(笑))

さて、ここで本日開催しました実況ラジオの掲示板でのリスナー様の書き込みを紹介したいと思います。


68 :ジーノ:2008/12/14(日) 17:44:09
にしても、今回の戦闘は、ウミヘビならぬ、電磁ワイヤー。しかも効果範囲が広い。
隕石ダミーバルーン。シートを被って熱源を消しての伏兵とか。
ギミックが豊富で小技が効いてるな。
作戦も、三方向からの攻撃から、それぞれ攻撃をかける波状攻撃と良く考えらているな。
シードのスカスカ作戦と比べると恐るべきことだ。



確かに、今回の戦闘はなかなかに燃えた。何が良かったって言うと、マネキンの先の先を読んだ作戦に、CBがピンチに陥っていく様ですね。以前の作戦では、いまいちマネキンの巧みさというものが伝わってきませんでしたが、今回は違った。

68さんがおっしゃるように、ギミックや小技効いていたのも、ロボットアニメらしさに溢れていて楽しかった。ただ、問題はそれに比べてスメラギさんの策のなさが露呈したことです。まあ、不意打ちで混乱していた部分はあったのでしょうけど・・・。

結局最後に頼るのは、00ガンダム。いや、以前にも言いましたが、彼女にとっての戦術は00ガンダム。それは、チート機体だからこそなせる力業なのです・・・しかし、戦術予報士としての緻密さはどこにいった?と首を傾げたくなる。

知には知でもって対抗・・・これが基本だ。このような逃げを使われると、少し萎えてしまいます。

まあしかし、今回CBが陥った危機的状況はあくまでも、オーライザーと00ガンダムの合体という、最高に燃えるシチュエーションを作り出すための演出に過ぎなかったとも言えますけどね。良くも悪くも二期は演出重視なのですよね。



27 :リスナーさん:2008/12/14(日) 17:22:57
合体キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

28 :変態さん:2008/12/14(日) 17:22:59
これって裏から攻撃くらったら沙慈死ぬなwww

31 :リスナーさん:2008/12/14(日) 17:23:41
なんか全然強そうに見えないパワーアップだったなw



というわけで、オーライザーと00ガンダムの合体シーン。後ろの沙慈はGの負荷に良く耐えられたという声がありましたが、どうだったのでしょうか?色々とキツそうですね。

後は、むき出しになっているため後ろ(沙慈側)を狙われたらおしまいではないか?という声も聞かれました。確かに、危険ですな。まあ、ブシドーはそんな卑怯なマネはしない!と言いそうですが、アリーあたりはお構いなしでしょう。本当に大丈夫か?

また、今回の合体はパワーアップではないということだそうです。あくまでも、オーライザーは支援機であり、ツインドライブを安定させるためのサポート機と捉えたほうがいいようですね。


35 :リスナーさん:2008/12/14(日) 17:25:13
なぜ全裸?wwwwww

39 :ジーノ:2008/12/14(日) 17:27:21
なんで、いきなり時が見えるのか。これがGN粒子の干渉か。

45 :リスナーさん:2008/12/14(日) 17:30:13
全裸のシーンが1stのアムロとララアとシャアに見えてしょうがなかったw

47 :AK:2008/12/14(日) 17:32:34
この手の裸のシチュレーションはガンダムシリーズだとそう珍しくないでしょ
00だと今までこんなのなかったから吹いたが

54 :リスナーさん:2008/12/14(日) 17:36:09
今週の見所

合体

全裸wwwww



はい、というわけで問題のシーンでございます。00ガンダムとオーライザーのドッキングの後に、トランザムの発動!そして、時が見えた・・・。いや、あの全裸での運命の対峙は少しシュールでしたな。

運用実験の際も、マリーやハレルヤが影響受けていたみたいですが、これもGN粒子によるものなのか・・・。

何にせよ折り返し地点となるこの辺りの回で、沙慈とルイスが戦場で出会い、互いを認識させるというシチュエーションは、タイミング的にも丁度いいのかもしれない。

沙慈は自らが戦場に出て戦うという決断をしたものの、そこにはかつての恋人と対峙しなくてはならないという残酷な運命が待っていたことを知った。これは、「それでも、戦うのか?」という問いが、沙慈に向けられるということ。彼は、再び決断をしなくてはなせないのです。

まあ、そこへいくと愛する人と敵対しながらも、最後は救うという目的を成し遂げたアレルヤの行動は、沙慈にとって大きなヒントになるかもしれない。前回は、マリーとの対話もあったし、彼女も沙慈にもっと深く関わっていくとドラマとして盛り上がるでしょうね。


112 :ジーノ:2008/12/14(日) 18:09:55
次回以降の展望も分かるな。1クール最後は、カタロンと共同でメメントモリ攻略戦で盛り上げるかな。
にしても、これだけソレスタの構成員がいるなら、組織戦をやって欲しかったな。
1期では、金や人員の流れを探っていたからな。どこから活動費が出ているのやら。



なるほど、今となってはCBもカタロンも共通の敵と戦っているわけですから、共闘してメメントモリ攻略戦は十分にありえる展開です。特に現在は、互いに閉塞感を抱えている状態ですし、協力しあったほうがいいとは思います。

ただ、そうなるとカタロンはやや足手まといかな?彼らがもっと戦えるという力を示してくれれば、CBも協力しあうメリットを意識するのでしょうが・・・どうでしょう?

CBの活動費は、王留美から出てるのでしょうね。まあ・・・構成員があれだけいるとは本当に意外だった・・・。



さて、というわけで、今回も十分に堪能できたと思います。マネキンの有能さは良く伝わったし、00ガンダムの強さも際立っていた。そして、最後は沙慈とルイスの裸の対峙・・・股間全開の刹那君はいいサービスショットでありましたw

ドラマの盛り上がりも感じたし、やるべきことをやって作品を盛り上げているのは好感が持てます。次回への期待感もまたこれで高まったのではないでしょうか?


それにしても、荒熊さんが生きていて良かった・・・。まだ彼には、活躍してもらわねばなるまい。
<
↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<皆様、アニメ話しで交流を深めましょう! 毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、ガンダム00、クラナド、とらドラ!、屍姫、夜桜四重奏、テイルズ オブ ジ アビス、鉄のラインバレル、地獄少女 三鼎、とある魔術のインデックス、かんなぎ、ケメコデラックス!、今日の5の2、CHAOS;HEAD等 等のアニメ話しについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」中間発表!! ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第23弾をアップ!!(08/10/30更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第23弾」をアップしたしました。今回は当ブログの企画である「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」の中間発表を10月15日のリアルタイム放送にて行いましたが、そちらの模様を収録!意外な作品が上位に!?さらに、沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにさらに「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」のコーナーが久しぶりに復活!!最新のアニメニュースや一週間のアニメについて楽しく語り合っておりますよ~!そして、レトロゲーム紹介コーナーでは、スーパーファミコンソフト「真・女神転生」を紹介。興味のある人は是非聴いて見てください。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第23弾」


http://tb.plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/200812150001/de3c5/
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/08fa0c15659e4e2c3689a6c206e5c3c6/4b
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ea428aa5537c2b69def722f0425fb402/33
http://planetdive.blog105.fc2.com/tb.php/29-c2282427
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/chikashitsu/diary/200812150002/9e9e3/
http://yaplog.jp/water_bed/tb_ping/1698
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/omokan/diary/200812140001/f5027/

0 Comments

Post a comment