(アニメ感想) 喰霊 -零- 第11話 「運命乱(うんめいのみだれ)」

喰霊-零- 1(限定版) [DVD]
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]
クチコミを見る




殺生石を埋め込まれ、狂気に駆られた黄泉と対峙する神楽。しかし、愛しい者を前にし、その剣は乱れる・・・。そして、黄泉の凶刃が神楽に容赦なく振り下ろされた!!



黄泉と雅楽の戦い・・・。ここでは黄泉がもっと苦戦すると思われましたが、予想以上にあっさりと、決着がつけられることになったのです。

ここでは、神楽の甘さ・・・そしてそれを見抜いた上での黄泉のエグさというものが際立っていましたね。

恐らくはあの戦いの場面に神楽がいなければ、黄泉もただではすまなかっただろう・・・いや、あるいは敗れていたかもしれない。ところが、殺生石の持つ魔力というのは、単純に力を与えるだけではなく、人の心の奥底にあるその残酷性さえも露としてしまうところに恐ろしさがあるのです。

乱紅蓮を神楽へとけしかけ、彼女を白叡に庇わせる事で雅楽に隙を作らせ、そこへ容赦のない攻撃・・・黄泉はあっさりと雅楽を斬り捨てた。

そして、この直後に神宮寺と桐が駆けつけ、続けての戦闘になると思われましたが、すぐに黄泉が苦しみだし撤退・・・雅楽は激しく傷ついたものの、何とか一命だけは取り留めたのです


あまりにも大きすぎる犠牲・・・死んだ者、傷ついた者・・・そして深く刻まれた心の傷。まあ、神楽がショックを受けるのは分かりますが、未だに悩み続ける紀之が何とも情けない。

確かに彼に対して同情出来る部分はあるのですが、それでもあの場で何もせずに、桜庭を見殺しにした事に関しては、どうにも納得出来ない・・・。そもそも、紀之がこの世界に入った時点で、相当の覚悟を決めていなければならないのです。

例えば以前に、神楽が学校で三途川に操られた保健の先生を斬った事件・・・。あのように、昨日隣で笑っていた人間が突如悪霊と化し、人に害を為すという事はありうる事でしょう。

そうした局面でも、非情となり斬れるか?・・・その覚悟がなければこの世界にいていいはずがないのです。それがブロフェッショナルというものでしょう。

私は、神楽より先輩である紀之には、てっきりその覚悟が出来ているものだと思っていましたが・・・この体たらく!桜庭を見殺しにしたこと、そして何より黄泉を止めなかった事は、大きな罪である。・・・その意味で、紀之には大きく失望させられました。


さて、黄泉との二度の戦い・・・。霊力場の観測者達を惨殺した黄泉の前に立ちはだかったのは、神宮寺達・・・。神楽と紀之が不在の状態での戦闘でしたが、それは壮絶な戦いとなりました。

意外だったのは、神宮寺がまだ現役だったこと。車椅子を自在に操り、不自由な足に仕込んだ武器で攻撃!他にも様々な武器を仕込んでいるようで、百戦錬磨の仕事人といった貫禄でした。例え部下であっても、不浄はこの世から抹殺するという覚悟もあり、神宮寺こそ真のプロフェッショナルと言えるでしょう。

それは、凄まじい死闘・・・しかし、黄泉の強さは想像を遥かに超えるもので、神宮寺達の力及ばず、獅子王の前に打ち倒れてしまった・・・。

傷つき動けなくなった桐を抱き寄せる神宮寺のシーンには、何とも感傷的になってしまったが、その二人に容赦なく刀を突きつける黄泉の非情さは、やはり際立っていた。

もはや、彼女は止まらない。この地上に存在する限り、累々と屍を積み上げ、あらゆる残酷を振りまいていくことだろう。そして対策室に戦えるものがいなくなった以上、黄泉を止められるのは、もやは神楽しかいないのであります。


その神楽と父・雅楽の静かな対話のシーンがまた良かった。不器用ながらも、父親が娘へと伝える確かな愛情は、少しずつ神楽にも浸透し、これまでの空白を埋めていくようでした。

しかしながら、雅楽の体力の低下によって白叡を封印を抑えきれない状態になっており、彼の死は間近に迫っていた。まあ、だからこそ娘に、伝えるべきことは伝えておきたいと考えていたのでしょう。

そんな中で、雅楽の言葉「本当に強くなるなら、全て背負え。人として人を守るなら想いを捨てるべきではない」には、ハッとさせられた。

人の心を捨て戦うならば、多くの苦しみは軽減されるであろう・・・だが、それは人とは言えない。殺生石を埋め込まれ悪鬼と化した者達と、どれほどの違いがあるというのだろうか?人を守るのであれば、人でなくてはならない・・・例え多くの苦しみを背負うことになろうとも・・・。

その苦しく険しい道をあえて選んだのが、雅楽であったのでしょう。神楽が抱える迷い・・・私の中ではずっとそれが引っかかっていて、彼女が最後どのように決意して黄泉と向き合うのだろうと注目していましたが、父親の想いを受け継ぐ形で、悲壮なる覚悟を示す最後のシーンには震えた。

ここで、ようやくこの作品の「愛するものを、愛を信じて殺せるか」のキャッチフレーズに繋がった気がします。次回はいよいよ、神楽と黄泉の最後の戦い・・・きっとこの作品ならやり遂げてくれるはずだ。信じて、最後まで見届けたい・・・。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<皆様、アニメ話しで交流を深めましょう! 毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、ガンダム00、クラナド、とらドラ!、屍姫、夜桜四重奏、テイルズ オブ ジ アビス、鉄のラインバレル、地獄少女 三鼎、とある魔術のインデックス、かんなぎ、ケメコデラックス!、今日の5の2、CHAOS;HEAD等 等のアニメ話しについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」中間発表!! ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第23弾をアップ!!(08/10/30更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第23弾」をアップしたしました。今回は当ブログの企画である「今期(前期)終了アニメを評価してみないか?2」の中間発表を10月15日のリアルタイム放送にて行いましたが、そちらの模様を収録!意外な作品が上位に!?さらに、沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにさらに「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」のコーナーが久しぶりに復活!!最新のアニメニュースや一週間のアニメについて楽しく語り合っておりますよ~!そして、レトロゲーム紹介コーナーでは、スーパーファミコンソフト「真・女神転生」を紹介。興味のある人は是非聴いて見てください。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第23弾」


http://12no34rou.blog8.fc2.com/tb.php/17-dcbd83dc
http://quesera2kun.anisen.tv/t69997
http://app.blog.livedoor.jp/puzzlize/tb.cgi/51432185
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/313577570216920525de2370fe8684e8/aa
http://tukalog.blog6.fc2.com/tb.php/2-9c5d2732
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/43439663

0 Comments

Post a comment