企画「今期終了アニメを評価してみないか?2」の最終集計結果発表!! PART5 ストライクウィッチーズ、RD潜脳調査室、スレイヤーズREVOLUTION、鉄腕バーディ DECODE、二十面相の娘、薬師寺涼子の怪奇事件簿

「今期終了アニメを評価してみないか?2(9月終了作品)」の最終集計結果の記事PART5です。今回評価を掲載する作品は、「ストライクウィッチーズ」、「RD潜脳調査室」、「スレイヤーズREVOLUTION」、「鉄腕バーディ」 「DECODE」、「二十面相の娘」、「薬師寺涼子の怪奇事件簿」です。



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51158712.html

(一騎当千 Great Guardians、チーズスイートホーム、D.Gray-man、秘密 -トップシークレット- The Revelation 、しゅごキャラ!、ウルトラヴァイオレット:コード044)



PART2の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51158919.html

(S・A~スペシャル・エー~、イタズラなKiss、ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age-、モノクローム・ファクター、隠の王、西洋骨董洋菓子店)



PART3の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51161133.html

(狂乱家族日記、ワールド・デストラクション、アリソンとリリア、To LOVEる -とらぶる-、Mission-E、BLASSREITER)



PART4の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51162363.html

(セキレイ、ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~、我が家のお稲荷さま。、乃木坂春香の秘密、魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~、恋姫†無双)



*この企画についての細かい説明はこちらをご覧下さいませ↓今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?2



*なお、それぞれの作品ごとに、参加して頂いたブログ様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させて頂いています。掲載に問題等がございましたら、ご連絡くださいませ。メールアドレス→koubow@hotmail.com



☆ストライクウィッチーズ

まず紹介するのは、「ストライクウィッチーズ」。アニメーション制作は、GONZO。キャストは、福圓美里さん、千葉紗子さん等が出演されています。

WS000000

WS000001

このレビューに参加して頂いた方の人数は68人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.41 キャラクター 4.35 画 4.34 演出 4.13 音楽 3.58  総合的な評価 3.96 総合点 23.76となっております。


まず投票して下さった方が多いです。人気作品だったのですね。全体的に高い評価を受けていますが、ストーリーに関してはちょっと評価が伸びなかったですね。。批判的な意見を挙げると、多くの伏線を回収しないまま完結していたという点についてですか。まあ、ネウロイの謎についても明かされなかったですしね、1クールでは厳しかったのでは?という意見も・・・。

画に関しては、良く動き作画が良かったと評価されている方が多く、お色気についても言及されている方もおられましたね。キャラクターの評価も高く、登場キャラクター豊富さと個性に溢れている点が良いという意見が目立ちました。ストーリーの項目を足を引っ張らなければ、もっと高い評価になっていたでしょうね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


よう来なさった!様
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/


ストーリー
特に目新しいものはなかったけど、キャラの魅力第1に考えるのならば、上手く引き出せていたいいストーリーだったと思います。

キャラクター性
迷ったんですよねぇ・・・・・・完全に引き出せているとは思えないし、各キャラクター1人1人に焦点をあてたエピソードでも、キャラの掘り下げには甘さを感じる。でもそんな内容でも、全員見事にキャラが立っていたと感じたのは、それだけ魅力的な証拠なのかなと。キャラ設定にデザインと声、そしてパンツに敬意を表して4にしておきますw

総合的な評価
序盤は各キャラクターのエピソードが主でしたが、やっぱり物足りないんですよね。1クールでしたから仕方ないのかもしれないけど、だったら焦点を当てるキャラクターを絞って、もっと深く掘り下げて描いて欲しかった思いが強いですね。要らないキャラクターは居ないけど、ストーリーに深く関わってくるキャラクターはそう多くは居ないでしょうから。その辺も考慮して展開して欲しかったです。



森月ゆとりの趣味日記様
http://ameblo.jp/yutori-blog/



自分好みの絵でした。作画についてはあまり目敏くないんでわからないのですが良かったんではないでしょうか。友人が11話について「最終回直前で作画崩壊なんて悲しすぎる」とか言ってたんですが、自分は気づきませんでした。実際どうなんでしょう?

演出
全体として他にとりわけ目立った点も無かったので。

ただ、あのあざといカメラワークだけに関して言えば5点あげても良いのですがw

ちなみに高村監督曰く、「製作者側の『お前たち、こういうのを見たいんだろ?じゃあ、見せてやるよ』というのが感じられると個人的に引いちゃうし、(中略)『僕がお尻とかパンツとかを見たいんだ、だからみなさん見てね」という感じなのかな」、だそうでw

総合的な評価

上記の通り大成功のアニメだったと思いますし、個人的には大満足です。

ただ、あのパンツじゃない何か丸出しの外見や、各国の撃墜王の名前をほとんどそのまま使っているところは人を選びそう(後者に関して言えば、僕はそっちの知識は全く無かったので大丈夫でしたが)。

また、ネウロイの正体などの謎を明かさなかった点、二期があるんだか無いんだかの中途半端な終わり方をした点、エイラーニャの出番が少なかった点w、などが不満だったので、これらの鑑みてちょっとだけ減点しました。



Welcome to our adolescence.様
http://3284allegro.blog38.fc2.com/


ストーリー
やっぱり1期で全てを終わらすのはちょっと無理がありましたねw
ラストでは伏線が色々と丸投げでしたw
2期に期待!ということで。

音楽
そつがなく良かったですw

総合的な評価
1話を見たときは微妙だなぁ…なんてことを思ったのですが、数話見ていくうちに切らなくて良かった、なんて思ったものですw
パンツ…じゃなくて、ズボンアニメなんですよ。確かにw
それでも、嫌らしいエロさを感じないのは何故でしょう?パンツじゃないから?
いいや。それを正当化するだけの演出をしていたからではないでしょうか。
個人的に、ゴンゾの評価が上がってきている近頃です。はい。



☆RD潜脳調査室

続いて紹介するのは、「RD潜脳調査室」。プロダクションI.G・士郎正宗共同原作。アニメーション制作会社は、プロダクションI.G。キャストは、森功至さん、沖佳苗さん等が出演されています。

WS000002

このレビューに参加して頂いた方の人数は36人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.67 キャラクター 3.61 画 4.13 演出 3.56 音楽 3.08  総合的な評価 3.74 総合点 21.78となっております。


難解なストーリーをどう評価するかで意見が分かれていましたね。説明不足の点を指摘されている方も多く、これは改良の余地があったかもしれません。キャラクターは、やや年齢層の高いキャラが多かったため、最近のアニメの傾向からするとちょっと戸惑った方もいたのでしょうか。またふとましいキャラデザにも言及されている方が多かったですね。この辺りは好き嫌いでしょう。

画に関してはさすがに評価が高く、作画の崩れもなく、戦闘シーンでの動きも良かったと好評価。演出は情緒的な部分を表すには優れていたが、やや地味だったとの意見が見受けられました。後は、音楽ですがOPやEDがいまいち合わないという意見があり、またみなもの歌が・・・という意見が目立ちましたね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


シバウマランド 様
http://plaza.rakuten.co.jp/umanokuni/


ストーリー
難しいです

キャラクター性
みなぽっちゃりですね。。


総合的な評価
話が難しかったため
若干ついていけないところがありました。。
人によって異なるのかな。。
見れなかった回が何回かあるのでそれの影響もあるのかも。。



軒下倉庫様
http://kuragome.blog57.fc2.com/


最初はむっちりしてる女の子の画が合わなかったのに、今や水着シーンで嬉々としてユキノに注目するまでになってしまいました・・・。あ、これだけじゃなくて風景とか戦闘とかもすごかったですよ。

演出
声優さんの演技は文句なしでした。総集編も工夫されてたと思います。

総合評価
とにかく哲学的で難解なアニメだった、という印象が強いので人に薦めるには難しいですね。軽く昼ドラっぽい部分もあるし、扱っているジャンルも幅広かったので、個人的には楽しめました。



自称隠れオタの徒然なる日記様
http://takakeru.blog22.fc2.com/


ストーリー
作品の表層からは考えにくい、アットホームな展開が好きでした。
メタル云々については全然理解してないので後半はきつかった。

音楽
うーみーになるー♪

総合的な評価
好意を持てる作品で、結構お気に入り。



☆スレイヤーズREVOLUTION

続いて紹介するのは、「スレイヤーズREVOLUTION」。原作は、神坂一によるファンタジー小説。アニメーション制作会社は、J.C.STAFF。キャストは、林原めぐみさん、緑川光さん等が出演されています。

WS000003

WS000004

このレビューに参加して頂いた方の人数は62人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.71 キャラクター 3.79 画 3.27 演出 3.03 音楽 3.52  総合的な評価 2.8 総合点 19.34となっております。


分割2クールの作品ですから、なかなか評価しづらい部分はあったと思います。ストーリーも完結しておらず、二期に続く形で終わりましたしね・・・その辺りをどう評価するか?ですが、ストーリーに関しては辛い評価になっていますね。

画に関しては、これまでのイメージを崩さなかった事がむしろ評価されていたように思えます。ただ、作画が崩れていた時もあったという意見も・・・。音楽は、林原さんのOPとEDがいいという意見が多い一方で、BGMはあまり印象に残らなかったという意見も見受けられました。

また、シリーズのファンでない初見の人にはとっつきづらいだろうという意見もあり、今までのシリーズを見た事があるかどうかで、キャラクターに対する愛着度も変わってきたようですね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


うるるん漫遊記様
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/


ストーリー性
う~ん、分割2クールだから評価しづらい。
でも「REVOLUTION」単体で見るならほとんど何も解決してないような・・・
それに遅々として話が進まず、ギャグ多めの中盤あたりは微妙だった。

キャラクター性
リナ、ガウリイ、アメリア、ゼルガディス
変わらない個性のまま11年ぶりに見れたことに感動。

総合評価
キャラクター、BGMに懐かしさを感じざるをえなかった。
でも、ストーリーは次に期待。あと、強敵の方も…
ザナッファーじゃ、歴代ボスキャラと比べるとどうしても、ね…



いーじすの前途洋洋。様
http://boogiepop77.blog24.fc2.com/


演出
前出の通り、もはや新喜劇とどういう
お決まりのパターンなので驚きは少ない
それだけハズレも無いということではあるのだが・・・

音楽
OP・EDは両方とも良い
作品イメージに良く会っている。
しかしBGMなどはあんまり印象に無いので4点・・・

総合的な評価
結果的には可もなく、不可もなく。



水たまり様
http://satosilove.blog117.fc2.com/


ストーリー
私はスレイヤーズRからの新参だったのですが、
理解するには少し大変でした。
他のブログ様の記事には
黒魔術がうんたらかんたら・・・とか、シルフィールとか、
リナの姉貴とか、ゼルの身体とか、説明なしでは少しきつかったです。
もう少し新参にもわかりやすいとよかったと思います。
レゾの時はよかったと思います。
第5話でのゼロス登場回では、ゼロスが登場してから
物語がとても進みました。
でも、正直な話、ゼロスが何者なのか、未だわかりません;;
ゼロスが出ることによって物語がたくさん(?)動く、ということは
それなりに重要なキャラだと思うんですよね。
悪役かと思ったら、実はそうでもない、味方でもない
いわば第三者的な立場にあるキャラクターですが、
リナたちよりも強い・・・何者?
って感じでした。
しかし、この5話を堺にぐんぐん面白くなっていった、
というのは本当なんですけどね^^;

作画
この作品は全然、作画が乱れるってことがなかったと思います。
また、魔法の時や、戦闘のときは微妙な表情の変化がとても
よかったと思います。(髪の毛の靡き方など。)
平均的に見ると結構よかったのではないでしょうか。


演出
演出は第1話、2話は久しぶりだからでしょうか。
リナとかその他のキャラがちょっとぎこちない感じだった
と思いました。
リナは初めの方、声が少し飛んだりしてて
ちょっと不安でしたが、第3話、4話と話を重ねるごとに
序所によくなっていってたと思います。
後半になると、全然違和感を感じなくなりました。



☆鉄腕バーディ DECODE

続いて紹介するのは、「鉄腕バーディ DECODE」。原作は、ゆうきまさみによるSF漫画作品。アニメーション制作はA-1 Pictures。キャストは、千葉紗子さん、入野自由さん等が出演されています。

WS000005

このレビューに参加して頂いた方の人数は41人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.54 キャラクター 3.35 画 3.73 演出 3.51 音楽 3.44  総合的な評価 3.66 総合点 21.23となっております。


この作品も変則2クールなのですが、1クールでうまく纏めていたという意見が多かったですね。キャラクターは、魅力的でないという意見が幾つか見られましたが、昨今の作品の中ではこの個性がやや地味に感じられるところなのかもしれません。

作画に関して、特に戦闘シーンでの個性的かつ細かい動きを褒めてらっしゃる方が多く、音楽はOPとEDが作品の雰囲気に合っていると好評価でありましたね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


sakuraサイト様
http://cazsakura.blog114.fc2.com/


ストーリー
あまりにつまらなくて途中で挫折(確か宇宙人ばっか出てきてた回)
人型宇宙人のくせして、顔が動物てのが全面的にキモくて。
なぜ見るのを復活したかというと、千川つとむを観たかったから。

キャラクター性
千川つとむと、そのお友達がいれば満足。

総合的な評価
ぶっちゃけ、最終回に向けて千川つとむのキャラがウザくなり始めてたけど
それなりに壮大な展開になり(人が死に過ぎてビックリ!)そして丸く収まったのでホッとした(なんで?)



紅蓮の煌き様
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/


・画
かなり綺麗だったと思います……まぁごくたまに崩れてる時があったのでこれくらいで。

・演出
このストーリーを燃えさせる展開というか、この作品に対する興味をわかせる意味での演出は上手いと思いました。
千葉さんの声はバーディーにピッタリですね^^

・総合的な評価
過大評価しすぎかもしれませんが個人的には夏アニメのダークホース的存在でした。
二期への期待も込めてこの評価。二期始まったら感想書ければ良いなと思ってます^^



“モンド of the World”様
http://mnd.de-blog.jp/otalife/


ストーリー
1クールでこれだけまとめられれば上出来。

音楽
OPをはじめとして、作品に合った楽曲が多かったように思えます。また、アフロマニアが牙のED歌ってた頃より格段に上手くなってるのも高評価。

総合的な評価
当初は「何で今更バーディ」と思ったものですが、蓋を開けてみると予想外に楽しめました。放送中には既に2期目決定の情報も出ていましたが、2期目があるという事に甘んじる事なくキチンとした結末を用意出来たというのも良かったと思います。



☆二十面相の娘

続いて紹介するのは、「二十面相の娘」。小原愼司の漫画作品が原作。アニメーション制作は、ボンズ テレコム・アニメーションフィルム。キャストは、平野綾さん、佐藤利奈さん等が出演されています。

WS000006

このレビューに参加して頂いた方の人数は21人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.67 キャラクター 3.58 画 3.75 演出 3.5 音楽 3.19  総合的な評価 3.44 総合点 21.13となっております。

この作品は二部構成になっており、一部のラストでは衝撃的な展開が待っていたとのこと。そして後半に入ってからの展開に関しては幾つかの批判的な意見を目にしました。また、少女探偵団の活躍がもった見たかったという意見も多かったですね。

キャラクターはチコに人気が集まっていたようです。また画ですが、バトルシーンの作画が良かったという意見が多く、割と高めの評価になっています。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


戯言日記2nd様
http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/


これも半年に亘り、意外に楽しめた作品。最終回がちょっと味気なかったのが残念な所。
キャラクターは結局、チコ一人が奮闘していた気がしてならない。他のキャラは微妙に薄かったかなぁ、全体的に。オジサンも含め。
作画は常に高水準。崩れる事を知らぬハイスペック。強烈に動かないんだけど、安定感は今期でもトップクラス。
演出と音楽はどちらも及第点以上へは行かずといった程度だったかなぁ。

こんなところかなぁ……やっぱ、SWとひだまり、夏目は別格だった気がする。コードギアスを含めないのは時間帯と予算の掛け方の違い(笑) あの時間で売り込むなら、高水準のモノを作ってもらわにゃ困ります。
では、特別賞の方へ。



いま、お茶いれますね様
http://84870.blog13.fc2.com/


前半の二十面相が消えるまでは面白かった。盗賊団なのにみんな暖かくてすきだったのに、容赦なく切り捨てられましたよね。
チコのストーリーに進めるには致し方なかったんでしょう。船長やムタさんが死んだときにゃ泣きましたよ。 それ以降はイマイチ。

EDで大々的にプッシュしていた少女探偵団て何だったの?小糸さんの妄想ですね。
チコに新しい名前を貰って消えた二十面相はどうなったんですか?放置ですか??
娘が主役ですから仕方ないんでしょうけど、そこも見たかったな~

主題歌嫌い。入りの部分の気の抜けたメロディを聴くと内臓触られるみたいで(た、大変!)毎回飛ばしてました。(これは好みの問題なので何とも言えませんが)曲は悪くないけどそこだけがダメだった。



かる日記
http://karu.blog.so-net.ne.jp/


戦後昭和な雰囲気を醸し出す世界観が良かった。
そして頭脳派で行動的なチコというヒロインの魅力に尽きる作品。
平野綾さんがとても上手く演じてくれていましたよ。
今でも第3話の「確かめておけばよかったのに」のシーンはタマラナイ。

それとトメさんがいい味出していた!
CVの新井里美さんが「ギアス」では咲世子役と知り、なるほどって感じ。

作品自体は一見して暗そうなイメージがありつつも、
ストーリーはしっかりしていて序盤はかなり食い入りました。
最終回もしっかり1話分使って、丁寧に締めていたところは好印象です。



☆薬師寺涼子の怪奇事件簿

続いて紹介するのは、「薬師寺涼子の怪奇事件簿」。原作は、田中芳樹の伝奇アクション小説シリーズ。アニメーション制作は、動画工房。キャストは、生天目仁美さん、木内秀信さん等が出演しています。

WS000007

このレビューに参加して頂いた方の人数は23人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.8 キャラクター 3.52 画 3.24 演出 2.91 音楽 3.61  総合的な評価 3.02 総合点 19.11となっております。


怪奇となっているが、怪奇な話しがあまりなかったという意見、また全体的に盛り上がりにかけたという意見が見受けられました。田中さん自身がストレス発散のために書いたと言われている、この荒唐無稽な展開をどう見るかで評価が変わったようですね。

登場人物の年齢層は高めですが、涼子と泉田のキャラとその関係に注目が集まっていたようです。また、画に関しても及第点をつける方が多く、音楽はOPとEDも含めたジャズが作品の雰囲気に合っていると好評でした。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 様
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/


ストーリー
田中芳樹さんの原作だなぁと感じさせる内容で、政治批判、権力、宗教そしてモンスター出現。

でもそんな中、突拍子もないことを次々としでかしてくれるお涼さまは面白かった。
何物にも動じないもんねぇ♪

ただパターン化してるような起承転結だったので、普通の上ってことで(^^)

最後の瑠璃子との戦いに至るまでの持って行き方はうまかったですね。
しかも終わってもまだまだ続けられそうな印象を残してましたし。

キャラクター性
お涼さまの女王気質、武装する鎧は着飾ったドレス!!
そういう肝の据わったキャラが見てて好感持てましたね(^^)

泉田もヘタレだけじゃなく、やるときゃやる子でしたし。
あ、そうそう、マリアンヌたちは可愛くて癒しだった~♪

もう少し出番あればよかったのに。

総合的な評価
総じて普通に楽しめる作品だったかと。
大人のアニメだったなぁと。

昨今において重要視される萌えとか声優頼みとかそういうのを抜きにしても普通に楽しめました。

これは続きを作ろうと思えばできる形で作られてましたので、機会があれば・・・。



地下室で手記様
http://plaza.rakuten.co.jp/chikashitsu/


キャラクター性、ストーリー的に若干原作の魅力を出し切れていないと感じなくはないですが、それでもキャラクターに関しては本来あるものをしっかりと出していましたし、オリジナルもなかなかよかったとは思います。

画に関しては、それぞれというかお涼が気持ち鋭くなっちゃっていて好みじゃない感じにアニメ化されてしまったなぁという思いが強いですね。

総合的には、オリジナル展開にしてしまったことそのもので、もったいないという思いがありますし、怪奇性も近代兵器が多用されたのが残念で。
もっと、化け物関係で攻めて欲しかったなというのが。



ノーマルなブログ@3 様
http://plaza.rakuten.co.jp/20852/


悪くは無いですが、欲を言えば薬師寺涼子役に『報道ステーション』のナレーションでおなじみの小山芽美さんを起用して相方の男性をベテラン声優にして{ベテランの味のあるコンビも見たかったです。迫力のある演出と音楽はベストマッチでした。



PART6に続く→http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51162489.html

0 Comments

Post a comment