企画「今期終了アニメを評価してみないか?2」の最終集計結果発表!! PART4 セキレイ、ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~、我が家のお稲荷さま。、乃木坂春香の秘密、魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~、恋姫†無双

「今期終了アニメを評価してみないか?2(9月終了作品)」の最終集計結果の記事PART4です。今回評価を掲載する作品は、「セキレイ」、「ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~」、「我が家のお稲荷さま。」、「乃木坂春香の秘密」、「魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~」、「恋姫†無双」です。



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51158712.html

(一騎当千 Great Guardians、チーズスイートホーム、D.Gray-man、秘密 -トップシークレット- The Revelation 、しゅごキャラ!、ウルトラヴァイオレット:コード044)



PART2の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51158919.html

(S・A~スペシャル・エー~、イタズラなKiss、ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age-、モノクローム・ファクター、隠の王、西洋骨董洋菓子店)



PART3の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51161133.html

(狂乱家族日記、ワールド・デストラクション、アリソンとリリア、To LOVEる -とらぶる-、Mission-E、BLASSREITER)



*この企画についての細かい説明はこちらをご覧下さいませ↓今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?2



*なお、それぞれの作品ごとに、参加して頂いたブログ様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させて頂いています。掲載に問題等がございましたら、ご連絡くださいませ。メールアドレス→koubow@hotmail.com



☆セキレイ

続いて紹介するのは、「セキレイ」。極楽院櫻子の漫画が原作。アニメーション制作会社は、セブン・アークス。キャストは、立花慎之介さん、早見沙織さん等が出演されています。

WS000000

WS000001

このレビューに参加して頂いた方の人数は64人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.1 キャラクター 2.69 画 3.68 演出 3.2 音楽 3.2  総合的な評価 3.36 総合点 19.31となっております。


ストーリー面で評価が伸び悩んだのは、最終回の二期を匂わせるような終わり方について、消化不良気味だったとおっしゃる方が多かったせいもあるでしょうね。画に関しては、良く動きいい回もあったが、そうでない回との差が激しかったという意見が見受けられました。

こういう作品にしては、キャラクターの評価が伸びなかったのは少し意外です。やはり、登場キャラが多かったせいでしょうかね?

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


好きなことだけできたらいいのに様
http://arx8.blog25.fc2.com/


ストーリー
正直詰め込みすぎたという感じがする。あと原作読んでない方が微妙に感じるのではという最終回。
原作にも言えることだが人が出てきすぎて誰が誰かよくわからん。

キャラクター性
くーちゃんと月海がいるから!
ただ、風花とか出てきた意味がいまいちわからなかった。

総合的な評価
何か可もなく不可もなくってかんじかな。
でも十分みて楽しめるものだと思う。



烏飛兎走様
http://plaza.rakuten.co.jp/kiko000/


ただの乳アニメだとばかり思ってましたww
原作もいまいちなイメージだったし。
まさか、全部チェックしちゃうとはっw(笑)
声優さんもメインの人達以外誰が出るか知らなかったけど、
豪華で驚きました♪
完全に最後「続く」だったんで;;; 終わった感じがしないな~
じゅんじゅん演じたキャラ以外・・夏朗もゴーグル兄さんも、どんなやつかわからないまま
だったんで、二期に期待!



ミナモノカガミ様
http://lessiy.jugem.jp/


ズバリ消化不良なのと、主人公の成長がなかったのが辛かった(汗)
画はそれなりに動くのですが男女で同じ顔なのがちょっといただけず。
多過ぎるキャラクターの描写も足りていなかった印象でしょうか、
もう少し話に見せ場が多ければよかったのになぁと・・・残念な印象。



☆ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~

続いて紹介するのは、「ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~」。原作は、ヤマグチノボルのライトノベル。アニメーション制作会社は、J.C.STAFF。釘宮理恵さん、日野聡さん等が出演されています。

WS000002

WS000003

このレビューに参加して頂いた方の人数は55人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.09 キャラクター 3.51 画 3.55 演出 2.6 音楽 2.95  総合的な評価 2.69 総合点 17.4となっております。


画に関しては比較安定していたという意見が多かったですね。キャラクターはシリーズのファンがいて安定しているという感じ。ストーリーは、特に原作を読んでらっしゃる方からの批判が多かったようです。この作品にストーリーはあってないようなものとの意見も・・・。

それと、三期はやり過ぎではないかという意見も幾つか見られました。全体的に厳しい意見が多かったのが印象的です。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


腐れヲタ日記様
http://tubasaaria.blog29.fc2.com/


ストーリー
酷な評価ですが、原作からの改変が正直ひどい部分が会ったというのが正直なところ
納得できないのは、サイトがシュバリエの爵位を得る経緯の違いについて。
原作では、サイトが貴族という縛りを受けるためではなく、自分の帰る道を探すための手助けをする意味合いが大きかったというものがあります。サイトはアンリエッタに忠誠を誓っていません。これも大きな部分です。
しかしアニメではあっさりサイトはアンリエッタに忠誠を誓いやがった…ここは大事でしょうに…

キャラクター性
今回から登場の爆乳エルフのテファの天然ぶりはいいねぇ…
各キャラの魅力が良いだけに、ストーリーが残念でならないです。



Ηаpу☆Μаtё様
http://happy2material.blog41.fc2.com/



これは普通に綺麗だったんじゃないでしょうか♪

演出
お色気ばかりで大事な話が・・・。
でも才人の剣捌きは面白かったようなw

総合的な評価
多分・・・4期あるけど見ないかも(;´∀`)楽しみはアイキャッチだけになってきてます・・・



恋華(れんか)様
http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely


第3期ということもあり
何か変化がほしかったかな。
もうこの展開はちょっと飽きました。
このままではキャラが
惰性の中に埋没しそう。



☆我が家のお稲荷さま。

続いて紹介しますのは、「我が家のお稲荷さま。」。原作は、柴村仁のライトノベル。アニメーション制作は、ZEXCS。キャストは、ゆかなさん、 中村悠一さん等が出演されています。

WS000004

WS000005

このレビューに参加して頂いた方の人数は60人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.97 キャラクター 3.93 画 3.36 演出 2.96 音楽 3.23  総合的な評価 3.43 総合点 19.86となっております。


この作品は不思議と批判的な意見が少なかった。多くの方がおっしゃっていたのは、普通に楽しめたということ。ただ、少し地味で淡々としていて、これといった盛り上がりがなかったというのを短所として挙げられる方がおられましたね。

キャラクターの人気も高く、声優さんも人気どころを採用していたので、作品自体の人気も高かったように思えますね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


月の砂漠のあしあと様
http://blog.livedoor.jp/emanon7/


ストーリー
大きな盛り上がりには乏しかったですし、特別優れた点もないのですが、淡々しながらも、安心感がり、非常にリラックスして見れた作品で、わたしはとても好きでした。まさに癒され作品。

キャラクター性
強烈な個性が揃ってるわけではありませんが、しっかりとした個性を持つ好感が持てる愛すべきキャラクタ達でした。昇に嫌われまいと必死で、褒められる夢まで見る、コウちゃんがめがとんきゅーと!☆

総合的な評価
話の規模が、ほぼ町内で収まるような感じで、そんなに大袈裟な事件というのは、極めて限られてましたけども、一つ一つの話を重ねる毎に、時を経て行く中で、自然と深まる『家族の絆』が確かに感じられた温かい作品でした。

最終回のラストシーンにそれが集約されていたと思います。『正月サイコー!』



「ミギーの右手」のアニメと映画様
http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite



よくもなくふかもなく・・・

演出
何もないまま最終回を迎えってしまった・・・2期あるのか?

総合的な評価
クーって言うかゆかにゃんでもっている感じがする。



天青石 ~Celestine~様
http://ameblo.jp/seedwarscocon/


可もなく不可もなくって作品でした。
マッタリマイペースなラストでした
気負わず見れる作品です。

音楽が全く印象に残ってません。
悪くはなかったのでしょうが・・・。



☆乃木坂春香の秘密

続いて紹介するのは、「乃木坂春香の秘密」。原作は、五十嵐雄策のライトノベル。アニメーション制作は、ディオメディア。キャストは、羽多野渉さん、能登麻美子さん等が出演されています。

WS000006

WS000007

このレビューに参加して頂いた方の人数は52人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.62 キャラクター 3.49 画 3.38 演出 3.01 音楽 3.19  総合的な評価 3.17 総合点 18.86となっております。


ストーリーは、とにかく王道ストーリー過ぎるという評価。それを良しとするか、しないかで評価が分かれる作品だったのではないでしょうか?所謂萌えアニメの典型だと思うのですが、思った以上にキャラクターに人気が集まらなかったのは、意外でした。

また、OPは声優の生天目さんが歌っているのですが、これは人気が高かったようですね。また、作画に関しての評価も悪くはなかったです。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


Suga's Usual Day ~ヲタな日々(仮)~様
http://blog.goo.ne.jp/f1champion-piquet


ストーリー
オタクのヒロインという設定が結構おもしろかったですね。
最初の方はおもしろかったのですが、後半からはだら~としてきて、つまんなかったですね。
ストーリー性としては良かったと思います。

キャラクター性
ヒロインの、ドジっぷりは良かったと思います。
あと、周りのキャラが結構濃い味を出していて良かったです。特に、葉月さんなど。

総合的な評価
オタクのヒロインとごく平凡な主人公の関わりがおもしろかったです。もうちょっと、変わった展開というのがあっても良かったと思います。
まぁ、全体的に結構おもしろい作品だったと思います。



かくれオタのブログ様
http://zeark969.blog38.fc2.com/



悪くは無い。よくも無い

演出
EDはよかったかな

総合的な評価
正直見る価値はなかった



Anime in my life 1号店様
http://yuima.blog6.fc2.com/


今期で一番のハッピーエンドはこの作品だったに違いありません。

それにしてもテンプレだけで作られたツボだらけの番組でした。これが日本のラブコメスタンダードというものでしょう。勧善懲悪ならぬ勧萌懲俗の世界観。勤倹努力は必ず報われる。剛毅木訥は仁に近く柔弱軟隷は愛に近いってことでしょうか。

くれぐれも言って置きますが、美少女がオタクだったから幸せになれたのであって、オタクだから美少女になれるとは限りません。まして、理想の伴侶にめぐり合えるなど、奇跡以前に人の思慮の及ぶところではありませんから。



☆魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~

続いて紹介するのは、「魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~」。原案は、山田典枝の脚本。アニメーション制作は、ハルフィルムメーカー。キャストは、花澤香菜さん、前野智昭さん等が出演されています。

WS000008

このレビューに参加して頂いた方の人数は39人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.51 キャラクター 2.88 画 2.47 演出 2.69 音楽 3.23  総合的な評価 2.62 総合点 16.41となっております。


ストーリー面ですが、結末に関して納得出来ないという意見が多かったように思えます。また、終盤あのような展開になるとは予想出来なかったという方が多く、視聴者が求めていたものとのギヤップはあったようですね。

魔法の設定に関しての矛盾を指摘する方も多く、その辺りの作りこみも甘かった部分はあるかもしれませんね。また画に関しては、背景の実写が合わないという指摘が多く、音楽に関しては、主にストリートミュージシャンの好き嫌いで評価が分かれていたように思えます。しかし、なかなか厳しい評価になりましたね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


空色きゃんでぃ様
http://soraxcan.blog59.fc2.com/


写アニメでしたw
でも実写じゃなくて、実写っぽい絵なんですよね?
実験的な試みは評価できますが、無駄に手が込んでて描ききれてなかったり;
ストーリーはやや強引で、キャラの心情に無理があったと思います。
劇中歌はいい歌なんですが、ストーリーと関係なくヘビロテでしたね。。。



一期一会様
http://jum.txt-nifty.com/blog/


ストーリー
ネタバレになりますが「鈴木ソラ(花澤香菜)」の不治の病という設定を
うまく生かし切れていないように感じました。
それまで(多少の伏線はあったにしても)
「健気」で「前向き」な主人公「ソラ」が、
ラスト数話で「目前に迫った死」に向かうことになる。
(もちろんソラ自身は以前から向かい合っていたのでしょうが、
視聴者には伝わっていない)
1クールで描き切るには難しい題材と思いますし、
結果としては失敗したように思えます。

キャラクター性
メインで話に関わるキャラクター以外(特に研修生)に個性が感じられず、
皆が「魔法遣い」を目指す理由の描かれ方に不満があります。
周りを取り囲む大人達は(小山力也を始めとした声優陣の演技もあり)
印象的なキャラクターが多かったのですが、
やはり若者のキャラクターに重点を置くべきと考えました。

総合的な評価
前作の「魔法遣いに大切なこと」が放映されてから5年。
まったく違ったアニメになって帰ってきました。(^^;)。
まあ続編とは言っても、作品の世界観こそ同じですが
主人公などは別人ですので、
別作品として評価するのが正しいのでしょう。
色々と文句を言いつつも、しっかりと毎週チェックしていたので、
何か心に残る作品だったと思います(本当にダメなら視聴を止めますので)。
ただそれが何だったか・・・すぐには浮かばないのが残念です。



Tide gaugE様
http://tide-gauge.jugem.jp/


今回は総評のみで。
うーん、これはストーリーを追うのではなく、言葉少ない描写や演出からストーリーを感じ取るアニメなんでしょうね。
ストーリーだけを取り上げると、しょーもないありがちな内容なんですが、それでも綺麗にまとまって完結したのは好感が持てました。
ただラストが、邦画やドラマで流行中の死亡エンド。これだけがいただけなかったです。
なんだかスゴク古臭く感じてしまうんですよねぇ。
御涙頂戴的な感じがして、昔の少女漫画っぽいっというか。

それでもキャラが立っていたし、背景の演出もチャレンジャーだったし、音楽も良かったし、監督さんが好きなので、下記の採点にはちょっとフィルターがかかってると思います。(汗)
また、ムーンライダーズやルースターズ、下北沢、80~90年代のロック、音楽、映画、写真などが好きな人には堪らんアニメだったと思います。
実際私にとっては、ストーリー以外は堪らんアニメでした



☆恋姫†無双

続いて紹介するのは、「恋姫†無双」。原作は、PCゲーム。アニメーション制作は、動画工房。キャストは、黒河奈美さん、西沢広香さん等が出演されています。

WS000009

WS000010

このレビューに参加して頂いた方の人数は47人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.36 キャラクター 4.26 画 3.89 演出 3.57 音楽 3.54  総合的な評価 3.82 総合点 22.45となっております。


意外にと言っては失礼かもしれませんが、なかなかに高評価でした。意外にしっかりと三国誌をやっていたという評価と、いやこれは三国誌とは別物として見たほうがいいと言う評価。何れにしても全体的に好感触でありました。

キャラクターへの人気が際立って高く、こうした類の作品としてはこれは成功したと言えるでしょう。また、作画も崩れがあまりなかったと評価されている方が多かったですね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


ある学生の憂鬱様
http://blog.goo.ne.jp/brogalaxy


雑談・・・PCゲーム原作、というだけあって規制の連続でした。湯気邪魔w
いいですねぇ、百合百合好きにはたまりません(マテ
キャラはみんな魅力あります。個々に好きなキャラも違うと思うので、そういうのも見てみると面白いかも。



Shooting Stars☆様
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/


ストーリー
ストーリーに関しては普通ですね。

キャラクター性
三国志のキャラクターが女性になたっというだけで非常にインパクトがあるわけでして。
それに、途中からは「華蝶仮面」たるものも登場してとても面白かったよ~。



空腹のグラディアトーレ様
http://gradiatore.blog.shinobi.jp/



そう言えば崩れは感じなかったです。

演出
要所は押さえた展開と見せ方でした。

総合的な評価
自分も人の影響で見たので。




PART5に続く・・・

0 Comments

Post a comment