企画「今期終了アニメを評価してみないか?2」の最終集計結果発表!! PART3 狂乱家族日記、ワールド・デストラクション、アリソンとリリア、To LOVEる -とらぶる-、Mission-E、BLASSREITER

「今期終了アニメを評価してみないか?2(9月終了作品)」の最終集計結果の記事PART3です。今回評価を掲載する作品は、「狂乱家族日記」、「ワールド・デストラクション」、「アリソンとリリア」、「To LOVEる -とらぶる-」、「Mission-E」、「BLASSREITER」です。



PART1の記事はこちら→http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51158712.html



PART2の記事はこちら→http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51158919.html



*この企画についての細かい説明はこちらをご覧下さいませ↓

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?2



*なお、それぞれの作品ごとに、参加して頂いたブログ様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させて頂いています。掲載に問題等がございましたら、ご連絡くださいませ。メールアドレス→koubow@hotmail.com



☆狂乱家族日記

まず紹介するのは、「狂乱家族日記」。日日日のライトノベルが原作。アニメーション制作は、ノーマッド。キャストは、藤村歩さん、近藤孝行さん等が出演されています。

WS000000

このレビューに参加して頂いた方の人数は19人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.37 キャラクター 3.74 画 3.58 演出 3 音楽 3.32  総合的な評価 2.89 総合点 18.89となっております。


主にストーリーと総合的な評価の項目が足を引っ張って、評価が伸びませんでしたね。ストーリーに関しては、テンポが早過ぎるという指摘と、やや難解だといった意見が幾つか見られました。また、音楽に関しても賛否両論で早口のOPやEDのキャラソンなどは斬新でしたが、これをいいと言う方とダメと言う方で意見が分かれましたね。

ただ、作画の安定や良く動く画を評価する方が多く、また早口の声優さんの演技も良かったとおっしゃる方が多かったように思えます。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


ぶろーくん・こんぱす様
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/


ストーリー
キャラがよくわからない内から本編と番外編を交互に。むしろ番外編でキャラが試した感があるが…ストーリーはあってなきがごとし。

キャラクター性
キャラの個性で引っ張る作品なのだと思うが凶華のキャラが強すぎるせいか他のキャラの印象が…

総合的な評価
OPでも言ってるように、はちゃめちゃなごやか作戦でも最後の結果が全て。最後に大暴れできてりゃそれで良いのだなと。



所詮、すべては戯言なんだよ様
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/



個人的に絵は好きでしたね。作画崩れもなく、原作のイラストが、そのまま動いている感じでした。まあ、ここは原作のイラスト絵が好きか嫌いかでわかれますね。

演出
基本的に良かったと思いますが、初回は失敗だと思っています。

とにかくキャラが多いのに、人間以外が存在する不思議な世界観、個性的な用語、それが一気に狂乱家族というレギュラー紹介と合わせて出てきたものだから、展開が早すぎて、初回であきらめてしまった人が多かったですね。

原作者が好きな私は、ネタバレを避けながら、インターネットで調べて、やっと理解できたという感じだったので、もう少し最初はわかりやすく、丁寧に説明することができたら良かったと思います。


総合的な評価
甘いかもしれないけど、本当、この原作者の作る作品にほれています。とにかく、ストーリーの予想ができない。それだけでも、十分楽しめます。

それに加えて、独特で魅力的なキャラがドタバタコメディ的に進めていく様子も好きでしたし、凶華の早口で諭す言葉遊びも好きでした。あとは凶華役の藤村歩さんが、早口言葉をかまずに、テンポ良く言う言葉には心地よさを感じ、これから、声優としての可能性を感じさせるものがありました。



全て遠き理想郷?なブログ様
http://blog29taka.blog107.fc2.com/


ストーリー
ストーリーの難解さに反して展開が早すぎて内容を理解するのがかなり大変だった。

キャラクター性
乱崎家の面々の個性的さは見ていてさっぱり面白かったw

総合的な評価
早回し展開すぎて結局何がしたいのかよく分からないまま話がドンドン進んでしまった。



☆ワールド・デストラクション

続いて紹介するのは、「ワールド・デストラクション」。原作はセガの同名ゲームです。アニメーション制作は、「プロダクションI.G」。キャストは、坂本真綾さん、宮野真守さん等が出演されています。

WS000001

このレビューに参加して頂いた方の人数は37人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.46 キャラクター 3.2 画 3.04 演出 2.81 音楽 2.84  総合的な評価 2.78 総合点 17.14となっております。


ストーリーに関してはなかなか厳しい評価が目立ちました。結局のところ印象に残らなかったという意見、王道過ぎるという意見、何がしたかったのか分からなかったという意見・・・。キャラクターはトッピー人気が高かったですね。これは声優さん効果もあるのでしょうか。

また画に関しても、作画に定評のあるI・Gにしては思った以上に票を集めることが出来なかったようですね。良く動く回もあったが、作画の崩れた回がありその印象が結構強かったのでしょうか?結局はゲームの販促用に過ぎなかったという意見も多数見受けられましたね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


紙の切れ端様
http://aquabrade.blog87.fc2.com/


ストーリー
希望にによって未来は変わり続ける"って締めがよかったクマ)

キャラクター性 
キリエ×モルテ×トッピーのトリオは最高だったクマ

総合的な評価
このアニメを見てゲームを買ったクマ。販促は成功だクマ



心のおもむくままに様
http://kokorotekuteku.cocolog-nifty.com/blog/


□画
えと…あれはワザとすよね…ワザとだと信じる事にしてこの点数にしました。

□演出
盛り上がりなし…各話の引きもなし…。

□総合的な評価
この作品はですね。もぅごめんなさいです。自分が悪いです。こんな評価しか付けられない自分が最後まで見た事を謝らないといけない。



ばらしやジョネスは二度死ぬ様
http://blogs.yahoo.co.jp/yfddc956


ストーリー
王道ファンタジー物の作品でした、これと言って目立って優れた話ではなかったですが

音楽
音楽はそんなに良かったとは…まぁ普通

総合的な評価
いってしまうとシャイニングティアーズ同様ゲームの宣伝アニメだったわけなのですが
それでも王道ファンタジーアニメとして十分楽しめる内容だと思います
以外にもちゃんと物語はしっかりしていますし
というかデストラクトコードがまさか…アレだとは思いませんでした、というかデストラクトコードの力はチートすぎる、相手に触れることなく砂にしてしまうというのは強すぎる
おススメするほど凄くいい作品というわけではないですが、それなりに楽しめる作品だったと思う



☆アリソンとリリア

続いて紹介するのは、「アリソンとリリア」。原作は、時雨沢恵一のライトノベル。アニメーション制作は、マッドハウス。キャストは、くまいもとこさん、水樹奈々さん等が出演されています。

WS000002

このレビューに参加して頂いた方の人数は22人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.09 キャラクター 3.52 画 2.68 演出 2.84 音楽 3  総合的な評価 3.07 総合点 18.2となっております。


まず、画に関して・・・キャラデザが微妙だったという声は幾つか聞かれました。ストーリーに関しては全体的には良かったが、細かい部分で色々と気になったという意見が多く、また子供向けとして放送されているためか、殺すというシーンが全くなかった事には違和感を持った方もいらっしゃったようです。

しかし、キャラクターの魅力に惹かれるという部分を褒めてらっしゃった方は多かったように思いました。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます


気まぐれ電波様
http://sanaedukidenpa.blog104.fc2.com/


ストーリー
悪くはなかったと思うんですが、最終回の感想でも述べているように色々気になるところがあってのめりこみ切れなかったのが残念。基本的に真面目な作品なだけに、突っ込みどころが目立ってしまっていたような…。

キャラクター性
メインキャラは皆よかったですね。特にへタレ王子トレイズが可愛かったです! でもそれ以外のキャラが、個人的には印象薄かった。

総合評価
リリア&トレイズ編では、大人組が目立ちすぎていたのがなぁ…。最終回でも述べましたが、美味しいところは全部大人組で、子供たちがあまり活躍していなかった気がします。大人組も好きなんですが…。これだったら、主役交代しない方がよかったんじゃ?と思ってしまいます。



「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋様
http://blog.goo.ne.jp/jin-d



作画は毎回、破綻の無いレベルを維持していたのは凄いのですが、動き物の動かし方がノンリアリティーだったので“4”です。乗り物のスケールスピードを意識して欲しかったです。

演出
話のぶった切り感が物凄くしたのが残念。とは言え、別物にはなっていないようなのでこんな感じです。

総合的な評価
初回放送がBSのみと言う点で視聴を諦めていた方で、興味があれば見てくださいと言った感じです。あ、希少航空機ファンでアニメ好きならばみる価値は有りです。



幻影現実 私的工廠 ブログ様
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/


どちらかと言えば NHKの放送のアニメらしく 派手さもなく 淡々としたアニメでした。
まぁ 原作未読ですが、もとのラノベが そういう内容なんでしょうし。
淡々と見てた割りに 9月終了アニメの中では 一番 燃えながら 見てたかも。
こっちの 萌えながら も 当てはまりますかね。
燃えながら 萌えて 見てました。
その要因は 次々とゲスト出現した 航空機たち。
あんな弩マイナーな 機種ばかり 登場させて、どれだけの視聴者が 機名とか 判ったんでしょうかねぇ。
そーゆー 楽しみのあったアニメでした。



☆To LOVEる -とらぶる-

続いて紹介するのは、「To LOVEる -とらぶる-」です。原作は、矢吹健太朗の漫画。アニメーション制作会社は、XEBEC。キャストは、渡辺明乃さん、戸松遥さん等が出演されています。

WS000003

このレビューに参加して頂いた方の人数は33人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 1.68 キャラクター 3.15 画 3.03 演出 2.21 音楽 2.82  総合的な評価 2.03 総合点 14.92となっております。


かなり厳しい評価となっていますね。ストーリーに関しては、中身が薄いとの指摘が目立ちましたね。特に後半の展開に関しての批判が集中していたと思います。一方で、この作品にストーリーを求めてはいけないという意見もありました。作画に関しては大崩れはなかったという評価。しかし、全体的にはやはり辛いですね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


リリカルマジカルS様
http://jigo.blog102.fc2.com/


ストーリー
誰も求めてないだろうけど、ちょっと酷すぎたw
猿山メインの話は最悪なんてもんじゃなかった(^^;

キャラクター性
女性キャラだけは本当に良かったw

総合的な評価
春菜ちゃんのエロ描写がなかったら点数付けられなかったかもw
キャラがいいのにそれを生かせないスタッフたちはもうアニメを作らないでください(^^;



ニコパクブログ7号館様
http://blog.livedoor.jp/katsux2/



崩れることなく、安定していたと思います。

演出
触手もののシーンだけは良かった。

総合的な評価
この作品は、1クールでまとめた方が良かったと思います。
後、最後のハーレムエンドも、個人的に好きではありません。



アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの様
http://sat4.blog98.fc2.com/


ストーリー
お笑いとお色気に特化した潔さには毎回感服。

音楽
ED曲(「ラッキーチューン」「kissの行方」)が、どうしてもドタバタにならざるを得ない当作をうまく締めていたのでは?

総合的な評価
これぞ深夜アニメの王道と開き直ったような展開。
難しく考えることもなく純粋に観て楽しめる。そんなアニメも観たいわけで、「To LOVEる」はそれに応えてくれた作品かと…



☆Mission-E

続いて紹介するのは、「Mission-E」。アメーション制作は、スタジオディーン。キャストは、橋本まいさん、稲村優奈さん等が出演されています。

WS000004

このレビューに参加して頂いた方の人数は19人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.66 キャラクター 3.05 画 3.03 演出 2.53 音楽 2.89  総合的な評価 2.58 総合点 16.74となっております。


ストーリーは、一期よりも良かったが・・・という意見が多く見受けられましたね。ただ、どの項目もなかなか評価が伸びなかったのは、これと言った特徴がなかったせいでしょうかね?

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


赤い彗星3号館様
http://index233.blog50.fc2.com/


ストーリー
CODE-Eよりはずいぶん良かったと思う。ただ、全体のバランスが少し悪かったように思う。具体的には11話をもう少し短縮して、12話で放送したものをボリュームアップして欲しかった。最後、詰め込みに感じたのと。伏線を回収し切れてないのもマイナス。それ以外は普通に楽しめました

キャラクター性
麻織やアドルの個性はそれなりに良かったと思う。 尺の関係か、性格の変化が急すぎたのが少しきになりましたが

総合的な評価
勧めれるかと言えばNO。多くの人に合うアニメではないように思う。ただ、時間があれば見てもいいかな・・・とは思えるかな



サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改様
http://blog.goo.ne.jp/satoshiakira1019


ストーリー
破綻はない。

キャラクター性
特に…

総合的な評価
可もなく不可もなく。究極の空気アニメ。



らび庵様
http://rabiko.blog13.fc2.com/


★演出
これに関しては下手だと思います。
もっと上手くやって視聴者を引き付けないとね(^^;

★音楽
この世界観にあった良い曲だと思います。
EDのモモーイの曲は素晴らしいです。
思わず何回も聞いちゃいますね。

★総合的な評価
キャラは好きなだけにストーリーと演出をもっと
頑張ってくれればなぁと思いました。
3期もありそうな感じなのでやるならその辺の改善をお願い。



☆BLASSREITER ーブラスレイター

続いて紹介するのは、「BLASSREITERーブラスレイター」。アニメーション制作は、GONZOでオリジナル作品でございます。キャストは、松風雅也さん、伊藤静さん等が出演されています。

WS000005

このレビューに参加して頂いた方の人数は38人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.05 キャラクター 3.7 画 4.14 演出 3.8 音楽 3.62  総合的な評価 3.49 総合点 21.8となっております。


なかなかに面白い評価になっている作品です。まず画に関しての評価が高かったですね。作画も崩れが少なく、またCGはGONZOですから元々定評がありましたが、いい出来とおっしゃる方が多かった。さらに、演出と音楽の評価もそれなりに高く、OPとEDが印象に残ったという意見が見受けられました。

評価が分かれたのはストーリーですね。1クールが終わってからの展開と、そして最終回のアレをどう評価するかで意見が分かれたという感じ。また、主人公が誰か分からなかったという意見も多く見受けられましたね。

というわけでここで、評価して頂いたサイト様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させていただきます。


スクライダー’s様
http://otaxkyoudai.blog37.fc2.com/


ストーリー
まず最初にオンドゥルルラギッタンディスカー!!(本当に裏切ったんですかー!)
まさかね、序盤はとても楽しかった虐げられていくものの苦悩、都合のよいエゴイストたちばかりが蔓延る世界、その中でもなお、すべての人たちを守ろうとする主人公達利用されていたとしても、人に夢を与え続ける事をあきらめない英雄達

腐れきった社会の縮図の中で、描かれていく男の生き様はとてもすばらしいものです

そう、このアニメブラスレイターは、そういったあらがいようのない苦悩に立ち向かう
漢の物語、まさに深夜版仮面ライダーでした

でも、でもね
ナンダあの最終回は
中盤以降から怪しい風が吹きつつも、それなりにテンポよくすすんでくれていたブラスレイター
たしかに、そこからは仮面ライダーというかガンダムっぽいけど

理由づけもなしに
ほとんどのやつらがジェダイのような精神体で生き残ってるのはないだろうが!

とりあえず序盤がすばらしかったので4点


キャラクター
人間ドラマとしての掘り下げもいいのでこの点数
しかも寝てばかりの主人公ジョセフ、変身すれば空も飛べる馬などと何気にネタキャラも多い

総合的な評価
ほとんどの点数が4点なのに、ナゼ総合評価は3点なのか
これは見ればわかる「完」

ギアスと同じ、最終回がとても突き抜けていた(逆な意味で)
最終回の大切さをギアスとブラスレを見て思い知ったよ

こんな結果になるなんてな~さて…………ん?

           ブラスレイター・制作
       
GONZOだと! GONZOOOOOO! もしかして最終回はおぬしが!
またなのか! GONZOには、古き良きヴァンドレッドの時代はもう来ないのか!



マリンカリン倶楽部様
http://marinekarine.blog101.fc2.com/



画は安定してました。特に戦闘シーンの迫力はさすがGONZO!?

演出
死んだ人総出による「思い出エンディング」の演出が好きでした。

総合的な評価
何だかんだ言っても、ちゃんと最後まで見たし、途中からめっちゃ引き込まれたのは確かなので、何とか及第点。
しかし、「BLASSREITER」の感想書いてるブロガーさんをあまり見かけなかったので、やっぱり人気が無かったんでしょうね(-ω-;)
そもそも、この企画の中で「BLASSREITER」を評価した人なんているんだろうかw



電脳の空に描く軌跡様
http://kiyomura.blog63.fc2.com/


ストーリー
哀しき漢たちのストーリー。具体的にいうと仮面ライダー。特に中盤までのゲルト、マレク移民関連の不幸ネタは見ていて煮えくり返るほど感情移入してしまった。

音楽
ハードだったり哀しかったり。よく出せてるともう。OPは前半後半共に大好きです。

総合的な評価
主人公の影がなんか薄いぞと思ったけど、そんなことが気にならないくらい、楽しめました。
さすが虚淵。




PART4に続く→http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51162363.html

0 Comments

Post a comment