(アニメ感想) 鉄のラインバレル 第13話 「黒の執行者」

鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]
鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]
クチコミを見る




南の島での浩一と理沙子の一件で、道明寺らクラスメイトと特務室メンバーは大盛り上がり。だが一人、城崎の表情は固い。浩一は城崎と気まずい雰囲気になり、複雑な心持ちだ。ミーティングに呼ばれ、社長室へ向かう浩一と山下。その時、社長室から銃声が響いた。



南の島の一件以来、すっかり公認のカップルとなってしまった浩一と理沙子・・・。Dしかし、皆が二人を祝福する中で、一人険しい表情をする少女が・・・うわあ~なんか気まずいよこれ!・・・と言う場面。しかし、なんで浩一はこうもモテるのか?大変理解に苦しむところでありますな

さて、そんなラブコメ的な雰囲気で展開された前半と打って変わり、後半は衝撃の光景の数々が、眼前で繰り広げられることになったのです。

桐山が突如裏切り、それと同時に特殊自衛隊の迅雷部隊も一斉蜂起!!さらには、森次が、石神社長に向けて発砲するという事態・・・。

最初は、またいつもの石神さんの悪ふざけだと思っていましたが、桐山達の動きに呼応したかのような森次の行動は、当然ながら本気のものでありました。そしてこの後、森次とラインバレルに乗り込んだ浩一との熾烈な戦いが始まるのです・・・。


以前に戦った時と同じように、浩一は森次の前に惨敗・・・。「前に戦った時とお前は何も変わっていない・・・」の森次の言葉が、まさに証明された形となりました。他のマキナはシステムを乗っ取られ出動できないこの状態で、頼りはラインバレルだけだっというのにこの失態・・・いや、確かにこの状況では浩一だけを責められないのですけどね

だが、この大きな危機で、立ち上がったのは、なんと!絵美でありました。彼女は激しく損傷したラインバレルに搭乗すると、なぜか機体が信じられない速度で自動修復を果たし、さらにラインバレルは黒く染まり大きな力を発揮したのです。

もっとも、この状態を維持するには絵美の精神力か体力を大きく消耗するのか、暫くして機体は沈黙してしまいましたけどね・・・。これに対し、森次はトドメを刺さず、ヴァーダントと共に何処かへと立ち去ってしまったのです・・・。


いやあ~、面白かった。前回のラストで桐山の動きは想像していましたが、森次もそれに加担しての裏切りになるとはまるで想定外。それだけに衝撃度が高く、その意外性につくづくこの作品は油断ならない作品だと思い知らされた次第であります

森次がJUDAを裏切った理由・・・この辺りを掘り下げていくと、森次という男にも色々あるのだろうと思います。彼が何を目指しているのか?は非常に気になるところ。

また、この事件の影響がもたらした衝撃は計り知れず、特に浩一や山下にとっては乗り越えるべき試練となるでしょうな。何にしても、今後の展開には大いに期待したい・・・来年が待ち遠しいな・・・。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<12月31日(木)年忘れスペシャルラジオを開催予定!2008年のアニメを振り返っていこうではないか!!>

12月31日(木)夜11時より、「ピッコロのらじお♪年忘れスペシャル」を開催いたします。このラジオでは、今期最終回を迎える作品、そして2008年のアニメを振り返っていきたいと思います。年末はピッコロのラジオ♪で年越しだあ~!!掲示板での皆様の書き込みもお待ちしております。

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

http://ta1ka1to1o.blog64.fc2.com/tb.php/195-b157fbfd
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/eyeshield10/diary/200812280004/c0535/
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/302-8da9bf66
http://painpomm.jugem.jp/trackback/154
http://icosnes.blog67.fc2.com/tb.php/23-cedee6fb
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/200812280001/82aac/
http://princessnote.blog39.fc2.com/tb.php/1196-9eb9cb73
http://hiyori302.jugem.cc/trackback/835
http://blog.seesaa.jp/tb/111841646
http://pota-nori.jugem.jp/trackback/278
http://app.blog.livedoor.jp/emanon7/tb.cgi/51571751

0 Comments

Post a comment