(アニメ感想) とある魔術の禁書目録 第13話 「一方通行」

とある魔術の禁書目録 第2巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)
とある魔術の禁書目録 第2巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)
クチコミを見る




自らを犠牲にして「妹達(シスターズ)」を助けに行くという美琴は、立ちふさがる上条に容赦なく雷撃を浴びせる。しかし上条は、決して右手を使おうとしない。美琴がなぜそこまでするのかと問いかけると、倒れた上条は意外な言葉を口にする。実験を止めるには、「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」の出した実験の大前提──「一方通行(アクセラレータ)」が最強という現実をひっくり返せばいい。そのために、自分が戦って彼を倒す、と。ひとりで軍隊を相手にしても笑っていられるような能力者と戦って勝てるはずがないと訴える美琴だが、上条は彼女から「一方通行(アクセラレータ)」の居場所を聞きだそうとする。そのころ、学園都市の西のはずれにある操車場では「一方通行(アクセラレータ)」とミサカの戦いが始まろうとしていた──。



前回、ほとんど話しが動かなかったので、ややストレスが溜まっている状態・・・。まあ、その鬱憤を晴らしてくれるかのような活躍を当麻君はやらかしてくれたのか?・・・いや、結論から言うと今回の当麻には、なかなかに燃えられたのです。

薄れ行く意識の中で、彼が導き出した答えとは、一方通行を倒すこと・・・。つまり、学園都市最強の一方通行を最弱の当麻が倒すことで、一方通行には大した価値がなかったということを証明しようというのだ。・・・。

結局行き着くのは、そこかという気がしないでもない。そもそも、一方通行が倒せれば何の苦労もしないわけで、美琴でさえ歯が立たない相手に最弱の当麻が勝てるはずもないだろうとは誰もが思う疑問ですな

しかし、すでに始まった戦いの現場へ、妹達の危機へと駆けつけた当麻の行動力は、単純に応援したいと言う気持ちにさせてくれましたね。これは、実験の道具として殺されるだけの妹達への同情が、よりそんな気分を高揚させたのかもしれない・・・。

ただ現実、一方通行との交戦では、その反則的なまでの力を見せ付けられ、あ圧倒的力量の差を思い知らされたのです。

あらゆるベクトルを操ることの出来るその能力は、まさに最強というに相応しいもの・・・。まるで、攻略法が思いつかないのですが、次回当麻はどのような素晴らしき閃きを見せてくれるのか?・・・とその前に、あの爆発の中で生き残れることが出来たのがまず心配ですけどね・・・

何にせよ、ようやく熱くなれる展開へと突入したことは喜ばしい!来年も、この作品には期待したいものですな。


当麻の一方通行攻略のヒントは、当麻の右手が一方通行の体に触れた瞬間、能力のキャンセルが効いたことかな?鉄柱や爆発は、幻想殺しも効かないし、とにかく敵との距離をつめることが突破口となるのだろうか・・・。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<12月31日(木)年忘れスペシャルラジオを開催予定!2008年のアニメを振り返っていこうではないか!!>

12月31日(木)夜11時より、「ピッコロのらじお♪年忘れスペシャル」を開催いたします。このラジオでは、今期最終回を迎える作品、そして2008年のアニメを振り返っていきたいと思います。年末はピッコロのラジオ♪で年越しだあ~!!掲示板での皆様の書き込みもお待ちしております。

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1281-44b26a72

0 Comments

Post a comment