2009年1月からスタートの新作アニメ紹介 ラジオもあるよ~! WHITE ALBUM、まりあ†ほりっく、みなみけ おかえり、続 夏目友人帳、宇宙をかける少女、はじめの一歩 、ドルアーガの塔、黒神 、、鋼殻のレギオス、空を見上げる少女の瞳に映る世界、ヘタリア等

鋼殻のレギオス (富士見ファンタジア文庫)
鋼殻のレギオス (富士見ファンタジア文庫)
クチコミを見る




2009年1月からスタートします、来期の新作アニメの見所をざっと紹介していこうかと思います。またこの記事に合わせて今回、新作アニメを解説、そして見所などを紹介するラジオを収録いたしました。アニメブロガーさんに集まって頂き楽しく語り合っておりますので、こちらも一緒に聴いていただけると嬉しいです。



★第24.5弾 2009年冬季開始新作アニメ紹介!!



(出演者)

ピッコロ→ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

AKさん→新・天の光はすべて星

いーじすさん→いーじすの前途洋洋。

骨矢さん→スクライダー’s



☆屍姫 玄

アニメーション制作はガイナックス。出演声優は、秋山奈々、藤原啓治など。

2クール目からは制作会社が変わるなんて噂もありましたが、どうやら引き続きガイナックスのままでいくようであります。一期は、途中まで見ましたがどうにも微妙な感が漂っておりまして個人的評価は低いです。

しかし、2期目には期待したいところですな。秋山さんの演技も少しうまくなったのかな・・・。ともかく、映像面ではまた面白いことをやってくれそうですな。


☆アキカン!

アニメーション制作はブレインズ・ベース。出演声優は、福山潤、成田紗矢香、能登麻美子等。

空き缶が少女に変身し、その少女と一緒に暮らし始めるという・・・まあよくある展開ですな。女の子が空から降ってきたとか、神木が女の子に変身したとか、萌えアニメにはありがちな設定でございます。

うーんでも、楽しければ問題無し!?・・・ブレインズ・ベース制作ということでちょっと期待しています。


☆WHITE ALBUM

アニメーション制作はセブン・アークス。出演声優は、平野綾、水樹奈々など。

声優陣がなかなか豪華ですね。平野さんと水樹さんの組み合わせというのもちょっとめずらしいかな?さて、原作は1998年に発売されたPCゲーム。なぜ今になって?という感はありますが、どうやら家庭用での発売が決まっているのでその販促も兼ねているのかもしれませんね。

どうやら、三角関係が中心の恋愛劇となりそうですが、WEB拍手で頂いたコメントによると、「スクイズに負けず劣らずのドロドロ劇が繰り広げられる」とか・・・。元々気になっていた作品ですが、そう言われるとさらに興味が沸いてきますな。

リーフの作品ですので、ファンも多いですし、ホワイトアルバムの評価も高いと聞きます。楽しみですね。


☆まりあ†ほりっく

アニメーション制作は、シャフト。出演声優は、真田アサミ、小林ゆうなど。

すでにWEB上で先行配信されています。監督が新房さんということもあり、新房節炸裂かと思いきや、案外そうでもありませんでしたね。個人的には、あまり新房演出は好きではないので、ちょっと安心しました。

まあ、作品の世界観を壊さないようその辺りは気を遣っているのかな?何にして、女装ドS少年と百合女子高生という設定が面白い。他にも超毒舌なメイドさんも登場したりして、なかなか個性的なキャラが多いようです。

一話は楽しめる内容でしたが、このノリを貫けるかにかかっていますね。作品の雰囲気もいいですし、キャラや声優さん目的で見るのもいいかもしれませんね。


☆みなみけ おかえり

アニメーション制作は、アスリード。出演声優は、佐藤利奈、井上麻里奈、茅原実里など。

みなみけは早くも三期目です。二期目は賛否両論でしたが、果たして今回は・・・。公式のトップ絵を見ると、二期からの変化が見られ、どうやらこれは原作に近い絵柄のようですね。

ファンからの期待度は高いですが、どのような出来になるのか・・・。ちなみに、タイトルに「おかえり」とついたのは、フユキ君お帰りって意味ではないですよね?でも、なんだかんだ言いながらも登場するキャラクターには魅力があるし期待しております。


☆続 夏目友人帳

アニメーション制作は、ブレインズ・ベース。出演声優は、神谷浩史、井上和彦など。

夏目友人帳二期目がいよいよ登場です。前期は非常に評判の高い作品でしたが、その続編ということで期待されているファンも多いでしょう。ともかく、前期のままの雰囲気で貫けば全く問題ないと思われます。

ただ、少々気になるのは、OPとEDですかね。何せ、前期のEDへの入り方は神がかっていて、また中孝介さんの歌が素晴らしかったからこそ、あの感動を呼び込む事が出来たのだと思います。

OPやEDが作品の雰囲気とかけ離れていたらどうしよう?なんて不安が少し過ぎってしまいましたが・・・まあ、大丈夫だと信じたいですね。


☆宇宙をかける少女

アニメーション制作は、サンライズ。出演声優は、MAKO、遠藤 綾など。

この作品についてはあまり情報がなかったのですが、公式HPを見てみると少し興味が沸いてきました。宇宙にコロニーが存在する時代・・・。主人公の少女は大金持ちで、ある日見合いから逃げるために宇宙空間へ飛び出した事から、彼女の運命は大きく変わってしまうという物語。

面白いのは、少女が宇宙で出会ったのはレオパルドという人工知能で、これには以前にサンライズか出した「アイドルマスター」をちょっと思い出しましたね。アレはロボットに恋する少女というぶっ飛んだ設定がありました。まさか、この作品も・・・。

いやしかし、美少女SFアクションストーリーということで期待はしています。声優さんも豪華ですし、ちょっと楽しみですね~。


☆はじめの一歩 New Challenger

アニメーション制作は、マッドハウス。出演声優は、喜安浩平、小山力也など。

今回の一歩は、テレビスペシャルの真田戦、OVAの木村VS間柴以降の話しとなるそうです。現在日本のボクシングジム所属の世界チャンピオン数は過去最多となっており、何気に黄金期を迎えております。

個人的には、ボクシングが大好きなのでこの作品には大いに期待しておりますよ。原作は飛ばし飛ばしですが、見ていますし、PS2のゲームは散々やりこみました。

いやあ~、アニメでどのように再現されるのか?は興味深いですな~。鷹村vs.ブライアン・ホークには要注目!


☆明日のよいち!

アニメーション制作は、AIC。出演声優は、岡本信彦、佐藤利奈。

剣術に励む、世間知らずの少年が主人公。なんでも、そんな主人公が女の子ばかりの家に居候するとか・・・。

まあ、剣術ラブコメといったところか?この手の作品は食傷気味ですが、なんとなく主人公に好感が持てそうなので、見ていてストレスはたまらないかもしれませんね。

来期は意外に、ラブコメが多いかな?・・・。


☆ドルアーガの塔~the Sword of URUK~

アニメーション制作は、GONZO。出演声優は、KENN、折笠富美子。

前期は、何かと話題になった作品であります。この作品を評価する声も多かったのですが、一話でちょっと暴走し過ぎたのと、最終回が中途半端な形で締め括られていたのは残念でした。

今回は、前回のお話しの続きとなりますが、さあジル達にはどんな冒険が待っているのか?正統派ファンタジーを突き詰めた前期のように、今回もしっかりとRPGして欲しいものですな。

しかし、あれから一年か・・・あっと言う間でしたな・・・。


☆黒神 The Animation

アニメーション制作は、サンライズ。出演声優は、浪川大輔、下屋則子など。

すでに、一話が先行放送されています。原作も作画も韓国人という珍しい作品。ストーリー紹介を見る限りは、どのような展開を見せるのか分かりにくい部分はありますが、初回からかなりいい雰囲気を持った作品です。

世界には自分と同じ容姿をした容量を共有する三人の人間がおり、ドッペルライナー同士が出会うと、その2人は何らかの形で死亡し、残った1人に全ての容量が渡る・・・。所謂ドッペルゲンガー現象ですが、これを設定によって説明付けたという感じかな。

一話を見る限りは、かなり重いストーリーですが、いい雰囲気を持った作品で、ちょっと喰霊零と似ている部分はありますね。個人的には、来期期待の新作の一つであります。


☆鉄腕バーディーDECODE:02

アニメーション制作は、A-1 Pictures。出演声優は、千葉紗子、入野自由など。

今回で二期目。前期は、中盤にもたついた感はありましたが、最終回で見事に締め、高い評価を受けた作品です。一期はあれはあれでストーリーが完結していたと思いますが、今回は一体どのような展開が待っているのか?

一期と同じく、個性的かつレベルの高い作画、そして深いテーマ性を持ったストーリーにも期待したいところですね。


☆鋼殻のレギオス

アニメーション制作は、ZEXCS。出演声優は、岡本信彦、高垣彩陽など。

「汚染物質」と呼ばれる謎の物質に汚染されつくされ、常に強風の吹き荒れる荒野と化したせ界。ここには、「汚染獣」と呼ばれる異形の生物が存在している・・・そんな世界観。

この作品は、怪物や魔法といったファタジー要素だけではなく、SF的要素も含み、さらに学園ものでもあるという、様々な要素が詰め込まれた意欲作。ちょっと不安な部分もありますが、原作は人気もあるようですし、期待はしてしまいますね。

学園もので、怪物が出て、SFで・・・というとガンパレードシリーズをちょっと思い出してしまいます。放送日が楽しみです。


☆RIDEBACK-ライドバック-

アニメーション制作は、マッドハウス。出演声優は、水樹奈々、朴璐美など。

舞台は近未来。WEB拍手で頂いた情報によると、どうやら戦争ものが入っているようです。一人の少女が、人型二輪車ロボットが出会うということで、コレに乗り込み何かと戦うことになるのか?まだ見えない部分はありますね。

ただ、公式HPを見る限り、とてもいい雰囲気を感じます。言うなれば、90年代のOVAの雰囲気・・・ひょっとすると来期のダークホース的存在になるのでは?と今から期待しているのですが、気が早いですかね・・・。


☆空を見上げる少女の瞳に映る世界

アニメーション制作は、京都アニメーション。出演声優は、相沢舞、小野大輔など。

京都アニメーションの作品ということで大きな注目が集まるであろう作品。元々、OVAで発売されているシリーズのようですが、今回はこれに新作や新キャストを追加し、音楽も書き下ろした別作品であるとのこと。

ストーリー紹介を見る限り、これは完全なるファンタジーのようですね。こうした世界観での物語は、私は惹かれるものがあります。新たな京アニの可能性を見せてくれるのだろうか?


☆源氏物語千年紀 Genji

アニメーション制作は、東京ムービー、手塚プロダクション。出演声優は、櫻井孝宏、藤田淑子など。

元々、「あさきゆめみし」をアニメ化する予定だったのですが、急遽オリジナル企画へと変更になった作品。出崎監督はガチで、源氏物語を描きたいのだとか・・・ただ、この急な変更が制作体制に無理を強いていなければいいのですが・・・。

個人的には、源氏物語をちゃんと読んだことがなかったので、非常に興味深いです。これをアニメでどう再現してくれるのか?映像的にも、何か新しいものを提示してくれるといいですね。


☆ヘタリア Axis Powers

アニメーション制作は、スタジオディーン。出演声優は、浪川大輔、安元洋貴など。

国擬人化歴史コメディだそうです。ちょっと、めずらしい作品ですね。第一次世界大戦から第二次世界大戦のエピソードということですが、外伝的に古代や中世、現代のストーリーも発表されているとのこと。

まだ何となくでしか雰囲気が伝わってこないのですが、色々な意味で危険なネタも仕込まれているのだろうか?ちなみに、日本の設定が面白い。200年間引きこもっていたために他人との接触を苦手とする節があり、少々世間知らずだとか。

うーん、これは愉快!話題を呼びそうな作品ですね。



というわけで、個人的に気になっているのは、「RIDEBACK-ライドバック-」と「続・夏目友人帳」。「黒神」も一話の雰囲気でやればかなり評価の高い作品となりそうです。さあ、今年はどんな作品が我々を楽しませてくれるのか?大いに期待しようではありませんか!

0 Comments

Post a comment