(アニメ感想) ローゼンメイデン トロイメント 第9話 「戒」

ローゼンメイデン・トロイメント 第2巻




さて、いよいよ物語もクライマックス。アリスゲームは避けられない状況となってきました。さあ、どうなっていくのか?蒼星石が心配です。鬱モード突入か!?翠星石にも黙ってマスターの家を出て行った蒼星石。その事を知り激しく落ち込む翠星石。そんな彼女を見かねてジュン達は彼女を元気づけようとします。そして、たまたまTVを付けた時に映ってた「流しそうめん」を家でもやろうと言うことに・・・。

なんですか?あの翠星石の腐った目は!いや、もう激しくカワイソス・・・。あんなに落ち込むなんていつものイジワルな彼女とは別人のようです。なんかこう「キュン」ときました。翠星石のファンが多い理由が何となく分かるような気がするなあ。それとなく、翠星石に元気が出るように励ます真紅も良かった。真紅はもう、ローゼンメイデン達の母親的存在になりつつありますね。金糸雀と雛苺もいいコンビですね。前より賑やかになっているのだけど何かが足りない・・・やっぱり蒼星石がいないと寂しいっす(ショボーン)。

Nのフィールドに迷い込んだ、真紅、翠星石、雛苺。そして、そこに待ち構えていたのは薔薇水晶と水銀燈。薔薇水晶たちは真紅達にアリスゲームを仕掛けようとしているのでした。しかし、戦わないと断固拒否する真紅。それでも、お構いなしに攻撃を仕掛けてくる薔薇水晶。薔薇水晶の一撃で真紅は吹き飛ばされてしまいます。一方、翠星石も水銀燈に攻撃を・・・がしかしそこへ蒼星石が現われ翠星石を助けます。そして、水銀燈と蒼星石の激しい戦いが・・・。

早くも始まってしまった薔薇水晶達と真紅達の戦い。しかし、ここまできて真紅は戦わないと言ってますが相手が攻撃を仕掛けてきたら戦わずにはいられないでしょうに。真紅は一体どうするつもりなのでしょうかね?そして、肝心の蒼星石の意志も固くアリスゲームをやめるつもりはないようです。彼女自身何を考えているのかよく分からないところがあるのですが、前作では「マスター、マスター」って随分マスターの事を気にかけていたし、今回はお父様ですか?しかし、蒼星石がついに!

翠星石の必死の説得もむなしく蒼星石は戦いをやめようとしません。どうしてもお父様の願いをかなえたいと言う強い意志、それが彼女をアリスゲームへと駆り立てるのでした。しかし、蒼星石はついに水銀燈の攻撃を受け倒れてしまいます。彼女は力尽きようとする前に翠星石にローザミスティカを託そうとするのでした・・・。

はい、ついにこの時がやってきてしまいました。最初の脱落者が蒼星石とは・・・。まあ、こうなる事を予想していた人も多かったでしょうけどやはり悲しいですね。しかし、ローゼンメイデンの中で最も冷静な蒼星石がなぜ薔薇水晶達の企みに気づかなかったのか?お父様に対する彼女達の想いは思考を停止させてしまうほど強いものなのでしょうかね?その割には、薔薇水晶や水銀燈は・・・。とにかく、ここから完全に鬱モード突入ですね。これで最終話まで、人形達のオバカな日常はお預けとなりそうです。それにしても、次回が気になります。

roze06010600



TVアニメ「ローゼンメイデン・トロイメント」エンディング主題歌: 光の螺旋律 / kukui (refio+霜月はるか)

0 Comments

Post a comment