(アニメ感想) かりん 第9話 「ふりかえると… 恥ずかしい」

かりん 増血パック 1 (初回限定版)




はいはい、初かりんですよ~!!(笑)ウイナーの登場により少しだけ騒がしくなってきたこのアニメですが、まだ何かが足りないような気がしてなりません。う~ん、なんでしょう?ウィナーの登場で健太に危機感を持たせて二人の仲を急速に進展させようと言うのが狙いなのでしょうかね?さて、今回は杏樹がメインのお話しとなりそうですよ・・・。姉が学校に行った後、いつも一人大きな屋敷で過ごす杏樹。お昼も、姉の愛情の詰まったご飯を一人で食べるのでした。そういえば、ここの一家はヴァンパイアでしたね。特殊な体質を持つ姉は別として昼間は活動できないわけですから、しょうがないのかな。プッチャン(違うね)はいつも一緒のようですが(笑)。夜散歩に出かけた健太の前に話しがあると現れた杏樹。その日の昼にあった出来事を健太から聞きだします。かりんは激しく落ち込んでいましたがただの誤解であることを知った杏樹はそれをかりんに伝えます。姉想いのいい子ですね~(涙)。

今回は、健太との関係が少しずつ進展していく様を見て複雑な心境に陥っていく杏樹をメインに過去の回想シーンも織り交ぜつつストーリーが進行していったわけですが、どうもよく分からないことが多いです。杏樹はなぜ学校に通わないのか?ヴァンパイアだから?でも、昼間も外を歩いてましたしね。それに、二人を監視するってなぜそんなことをする必要があるのでしょうかね?う~む、よく分かりません。しかし、健太とかりんの割り勘で買ったと言う子犬の人形。大事に抱きしめていましたがちょっと複雑な表情を杏樹がしていたのが気になりました。まだ、これから先健太とかりんが接近していく過程でひと悶着ありそうですね。ところで、健太のお母さん、こうもりを「おかず」って・・・まさか食うつもりじゃあ(苦笑)

karin06010600

かりん(7)

0 Comments

Post a comment