(アニメ感想) 陰からマモル! 第1話 「まもり続けて四百年」

陰からマモル!〈6〉ゆーなとユーナ王女様




個人的に期待しているこのアニメ。しかし、なんなんでしょうこのオープニングは・・・(笑)。結構ヤバイですよ。原作は見たことがないのですが、オープニングで大体どんなアニメか見当がつきました。まあ、取り敢えず見ていきましょうか。冴えない高校生マモルと天然どじっ娘ゆうな。なんか、ありそうでなかった組み合わせですね。でも、二人ともボケならどっちが突っ込むのでしょうか?(笑)そして、何かと二人の関係に横槍を入れるツンデレ娘、沢菓 愛里と、まあ定番どころは抑えてきているみたいです。さて、この後ボーリングにマモル、ゆうな、ツンデレの三人で行きそこでなぜかヤクザにゆうなが誘拐され忍者になったマモルが救いに行くことになります。で、ヤケになった組長がマシンガンブッ放してマモルがそれをやっつけてしまうと言うお話し。

この陰守一家は家族全員でお隣の紺若家(ゆうなの家)を守っているそうです。なぜかは知りませんが・・・。完全なるギャグアニメみたいですね。まあ、それは分かってましたが、正直ギャグもキャラもなんか古臭くて80年代のアニメを見ているようでした。ギャグのほうもいまいち冴えません。期待していただけにわりと普通のギャグアニメだなあと言うのが初回の印象です。まあ、しかしこれから新キャラも続々出てくるようですしそこに期待しますかね。「はっぴぃセブン」のように後半化けるアニメもありますからね。取り敢えずは様子見です。

mamo06010900

0 Comments

Post a comment