(アニメ感想) CLANNAD ~AFTER STORY~ 第18話 「大地の果て」

CLANNAD 6 (初回限定版) [DVD]
CLANNAD 6 (初回限定版) [DVD]
クチコミを見る




☆<2/19更新>(第18話 「大地の果て」)の感想をポットキャストにて収録しました。アニメブロガーさんと共にワイワイ語り合っております。また、今回の私の感想について色々とコメントを頂きましたので、それについて私自身の思うところも話しております



聴きたい方は↓をクリック



★CLANNAD ~AFTER STORY~ 第18話感想談義



*他のアニメの感想が聴きたい方は、毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」をチェックだ!!





汐と二人っきりの旅行に出かける朋也。そして旅先で真実を知ることとなる・・・。正直この旅がここまで、重要なものになるとは想像しませんでした。朋也と汐の関係性に多少の変化は見られるかな?程度の期待で、だが実際にはそれ以上の収穫があったという・・・そんな回

前回のあの凍てついた表情からは、幾分か和らいだ気がします。それでも、行きの電車の中、隣の席の子供が騒いでいるのに我慢できず、突如キレたシーンからは、朋也の心が荒み具合が窺い知れた・・・。

彼の中ではまだ渚の死が処理出来ておらず、また娘の汐に対してもどう接していいか分からず戸惑っているように見えたのです・・・。

だが不思議なもので、やはり親子なのだ・・・時が経過するごとに朋也の汐に対する振る舞いが、父親らしいものとなっていく。汐にお土産を買ってあげたり、トイレに行くの様子を見届けたり・・・と。そんな光景には、心から微笑ましいと思えるのです

しかし、「ママの事を知りたい」と汐が話した時点で、朋也の表情は強張ってしまう・・・。このシーンでは、朋也の顔色を窺うように見つめる汐の表情が何とも印象的でありましたが、小さいながらもそこは触れてはならない部分であるという事に、彼女自身も薄々気づいていたのでしょう。

きっと渚の事については、友人もそして早苗さんや秋生でさえも、朋也の前では決して触れてこなかったのだろうと思います。

だが自身を生んだ母の事を知りたいという娘の切なる願いは、そんな遠慮をも乗り越えてしまう・・・。それは朋也にとっての「残酷」なのだろうが、やはり向き合わねばならない現実であると、突きつけられているようでもありました・・・


そして、物語は問題のシーンへと移行します・・・。朋也と汐、二人して向かった向日葵畑。ハッとする色合いに目を奪われる・・・

どこか朋也に対しては遠慮気味だった汐も、ここでは全てを忘れてはしゃいでいた・・・。ところが途中、朋也に買って貰ったロボットのおもちゃを落としたと悲しそうな顔で訴えてくる。一緒に探す朋也・・・が、その最中、ふと彼の脳裏をある光景が過ぎった・・・。


まず、朋也の祖母がまだ生きていたという事実には、ちょっと驚きました。息子、つまり朋也の父の真実について語ってくれたのですが、二人が苦しんでいるだろうと分かっていたならば、なぜ会いに行こうとしなかったのか?私の中ではどうしても引っかかってしまった・・・。

そりゃ、「息子の意地」を十分に理解してある程度見守っていたのだろうけど、妻を亡くし男手一つで育てる苦労については理解し、手助けしようとは思わなかったのだろうか・・・。

彼女がもっと関わっていれば、息子も孫もここまで荒れなかったのではないのか?と思えて、祖母の話しには少々違和感を覚えてしまいました


ついでに言えば、朋也と汐が向日葵畑で号泣するシーンでの、朋也の溢れる想いの吐露にもちょっと違和感・・・。いや、とても意味のあるシーンだと言うのは理解出来ます。これは私自身もずっと期待していたものでした。

つまり、朋也が父と同じ境遇に立つ事で、父親に対しての理解を深め、さらに娘の想いに対する気づきをも喚起させる・・・その流れはとても自然なものなのですが、朋也が汐に想いを伝えるシーンに関しては、ちょっと朋也に喋らせ過ぎなのではないかと思ってしまった

あそここそ、極力喋らせず、演出力によって見せるべきシーンではなかったのか?朋也のセリフが、少々安っぽく感じてしまったのは残念・・・。


しかし、帰りの電車の中、渚の事を話している途中で感極まって朋也が涙するシーンは感動的だった。

あれこそが、真の意味での「想いの吐き出し」だったと思うのです。好きでたまらなかった渚への深い愛が溢れ、もはや「渚・・・」という呟きしか出なくなる・・・。そんな智也の涙につられて汐が涙を流す場面でも、ここでようやく親子の心が一つに繋がったように見えた。私はこのシーンが一番好きです


さてこれで、朋也はようやく立ち直ったかな?朋也の「父殺し」はこの物語において、大きなテーマの一つだったと私は思っています。

実際、朋也は「父殺し」を行った事によって、「娘を守らなければならない」という自覚が目覚めました。「父殺し」とは真の意味での自立の達成を指す言葉ですから、朋也は見事にそれを成し遂げたと言えるでしょう

次回はいよいよ父親と向き合う時場面が見られるのか・・・。朋也の成長が、父への接し方にもどのように反映されるのか?ちょっと楽しみであります。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日夜11時からは、アニメラジオの決定版!ピッコロのらじお♪!!>

毎週水曜日夜11時より、ねとらじにて「ピッコロのらじお♪」を配信中~!!

ピッコロのらじお♪は、藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語るラジオでございます。WHITE ALBUM、まりあ†ほりっく、みなみけ おかえり、続 夏目友人帳、宇宙をかける少女、はじめの一歩 、ドルアーガの塔、黒神 、、鋼殻のレギオス、空を見上げる少女の瞳に映る世界、ヘタリア等 。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<特集!「喰霊~零~はなぜ成功したのか?」&「09年スタート新作アニメ紹介」 ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾をアップ!!(08/12/29更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第24弾」をアップしたしました。今回は先日最終回を迎えました「喰霊零」を特集!「喰霊零はなぜ成功したのか?」というテーマで、アニメブロガーさんと共に熱く語り合っております。さらに、2009年1月より開始されます新作アニメを特集!こちらも、アニメブロガーさんに集まって頂き、それぞれの作品を紹介、解説しております。沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにレトロゲーム紹介コーナーでは、幻の携帯ゲーム機「アタリ・リンクス」を紹介しています。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾」


<今期終了アニメを評価してみないか?3の中間集計結果発表の模様をポッドキャストラジオでアップ!!>

1月14(水)に放送しました「ピッコロのらじお♪内」で行った、当ブログの企画「今期終了アニメを評価してみないか?3」の中間集計発表の模様をポッドキャストラジオにてアップいたしました。聴きたい方はこちらをクリック!↓

★(ネットラジオ)今期終了アニメ評価してみないか?3の中間集計結果発表!!

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

http://ikuto1910.blog95.fc2.com/tb.php/91-612380fa

0 Comments

Post a comment