(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON 第22話 「未来のために」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
クチコミを見る




☆<3/12更新>前回(第22話 「未来のために」)の感想をポットキャストにて収録!

「スメラギは戦術予報士ではない?」、「00に一番欠けているもの」、「きたるべき対話とは誰と行われるべきものなのか?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語っております。聴きたい方は↓をクリック



★ガンダム00 第22話感想談義



*他のアニメの感想が聴きたい方は、毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」をチェックだ!!





連邦軍も統合したアロウズの大艦隊が、ソレスタルビーイング殲滅のため集結しつつあった。最後の決戦を前に意気込むグッドマンたち。プトレマイオスでは、戦いの決着をつけるべく、刹那たちが互いの決意を口にする。



ブシドーとは死ぬことと見つけたり!!・・・あれ?これ何のアニメ?

グラハムの滝に打たれるという修行は、MSの操縦と何か関係があるのだろうか?

そんなブシドーのブシドー精神に感化されたのか、戦いの最中に見事な白羽取りを見せてくれた刹那君・・・一体我々は何のアニメを見ているのだろう・・・

ところで、刹那が彼に残した「生きる」という言葉の意味は深い・・・。もはや刹那への復讐心のみが戦う動機と化し、どこか死に場所を求めている風だったブシドーにとっては強く響いたことでしょう。

刹那は、「未来へと繋がる」、つまりは生きるための戦いを、これからも続けるつもりなのだろうが、刹那との決着が全てだったブシドーにとって、もはやこの世界で生きることは苦痛でしかない

しかし、刹那あえてブシドーにトドメを刺さず、「生きろ」という無言のメッセージ投げかけた。

それが刹那がブシドーに示した未来・・・それを受けたブシドーは果たして、どのような道を選ぶのか?まあ取り合えず、これで刹那とブシドーの因縁は決着を見ましたな・・・。


さて、ラッセも復活し、いよいよイノベイターとの最終決戦に向け気持ちを一つにするCBのメンバー達。だが、その前に立ちはだかったのは、大量の戦力を動員したアロウズ。生き残りをかけた最後の戦いが始まる!!


いよいよ、あの方が登場!戦術予報士の真髄を見せつけた!!

そういえば、出撃前にフェルトが刹那へ白い花を渡していましたが、この二人っていつの間にそんな関係になっていたのだろうか?

いや、別に深い関係になっている風には見えなかったが、これまでの関係から考えて繋がりがいまいち希薄で、ちょっと意味不明だった。フラグかな?・・・いやいや、刹那にはマリナがいるというのに・・・


さて、CBとアロウズの戦い。ガンダム達が圧倒的な力の差を見せつけ、敵部隊を駆逐していく様は圧巻でしたが、途中状況が一変します。なんと!アロウズが、アンチフィールドを展開し粒子攪乱を実行!!

こうなると粒子ビームが使えず、刹那達はあっという間に窮地へと追い込まれてしまったのです。何せ、数の優位で進軍するアロウズに比べ、ガンダムはすぐに実弾を切らしてしまいましたからね。

こういう事態を想定していなかったスメラギさんには、本当に準備不足だと言わざるを得ない。確か一期でも、数の優位で攻められ、エネルギー切れを起こしたガンダムがピンチに陥る場面があっというのに・・・全く教訓が生かされていないようだ


しかし、このCBのピンチを救ったのがカタロン。まあ、正直彼らに活躍の場はないと思っていましたが、こういう利用の仕方もあるのかとちょっと感心してしまいました。

そして、今回の一番の見せ場は、マネキンの反乱でしょう。連邦の傀儡と果てたアロウズを断罪し、CB、カタロンと共闘する道を選んだ。ちなみに、マネキンはアンチフィルードの件は予測していたようだ。

かつてアロウズにいたから、彼らの戦い方などは熟知していたのかもしれないが、それでもスメラギよりも、数倍優秀に見えてしまう不思議!

結局、最後は刹那によってグッドマンの戦艦は撃墜。さすがにこれでグッドマンも死んだだろう・・・。


しかし・・・本来なら盛り上がるべきところであるはずなのに、今回はどうしても乗り切れなかったのはなぜだろうか?

本日開催した実況掲示板の書き込みで、「グッドマンしか顔ありの敵がいなかったから」という書き込みを見ましたが、これはまさにその通りだと思います

結局、総力戦でありながら、そこには戦場のドラマが存在しなかった。多くのキャラクターがいても、その因縁が発揮されないというのはちょっと物足りなく感じたところだった。

後は、「新装備なのに・・・」という意見もありましたが、確かにせっかく新装備でガンダムが出撃したにも関わらず、いまいち以前との違いが戦闘で反映されていない気がした。

まあ、それは途中でアンチフィールドが展開されたためというのもあるが・・・ちょっと残念。


さて、最後はリジェネの反意が明らかとなり、それはリボンズ殺しという形で示されましたが・・・次回予告であっさりリボンズが登場しているのはどうだろうか?(苦笑)

まあ、リボンズのクローンは沢山存在する・・・というオチなのかな。ともかく、次回イノベイターとCBには期待!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<毎週水曜日夜11時からは、アニメラジオの決定版!ピッコロのらじお♪!!>

毎週水曜日夜11時より、ねとらじにて「ピッコロのらじお♪」を配信中~!!

ピッコロのらじお♪は、藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語るラジオでございます。WHITE ALBUM、まりあ†ほりっく、みなみけ おかえり、続 夏目友人帳、宇宙をかける少女、はじめの一歩 、ドルアーガの塔、黒神 、、鋼殻のレギオス、空を見上げる少女の瞳に映る世界、ヘタリア等 。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<特集!「喰霊~零~はなぜ成功したのか?」&「09年スタート新作アニメ紹介」 ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾をアップ!!(08/12/29更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第24弾」をアップしたしました。今回は先日最終回を迎えました「喰霊零」を特集!「喰霊零はなぜ成功したのか?」というテーマで、アニメブロガーさんと共に熱く語り合っております。さらに、2009年1月より開始されます新作アニメを特集!こちらも、アニメブロガーさんに集まって頂き、それぞれの作品を紹介、解説しております。沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにレトロゲーム紹介コーナーでは、幻の携帯ゲーム機「アタリ・リンクス」を紹介しています。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾」


<今期終了アニメを評価してみないか?3の中間集計結果発表の模様をポッドキャストラジオでアップ!!>

1月14(水)に放送しました「ピッコロのらじお♪内」で行った、当ブログの企画「今期終了アニメを評価してみないか?3」の中間集計発表の模様をポッドキャストラジオにてアップいたしました。聴きたい方はこちらをクリック!↓

★(ネットラジオ)今期終了アニメ評価してみないか?3の中間集計結果発表!!

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

http://blogs.yahoo.co.jp/xjrcb713/trackback/1684289/50271211
http://blogs.yahoo.co.jp/yasky006/trackback/1128160/60491418
http://d.hatena.ne.jp/deruriasu/20090310/1236694431
http://app.blog.livedoor.jp/murabetukan/tb.cgi/51524712

0 Comments

Post a comment