(アニメ感想) CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話 「小さな手のひら」

CLANNAD AFTER STORY 5 (初回限定版) [DVD]
CLANNAD AFTER STORY 5 (初回限定版) [DVD]
クチコミを見る




☆<3/19更新>今回(第22話 「小さな手のひら」)の感想をポットキャストにて収録しました。「幻想世界とは何だったのか?」、「クラナドにおける平行世界の意味」、「原作ファンとアニメファンとの精神的ギャップ」、「最終回は賛否両論・・・果たしてその原因はどこにあるのか?」等、アニメブロガーさんと共にワイワイ語り合っております。



聴きたい方は↓をクリック



★CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話感想談義



*他のアニメの感想が聴きたい方は、毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」をチェックだ!!





前回の私の感想には、様々な意見を頂きありがとうございました。私の場合は、あくまでもアニメのみの視聴という立場からの感想ですが、多く方のの意見が聞けたことは良い収穫となりました。今回の感想も、原作ファンの方から見れば考察が甘かったり、どこかずれてたりしている部分もあるかと思いますが、4クールクラナドを見続けてきた一ファンの意見として捉えていただければ幸いでございます。



さて、4クールに渡って放送されてきましたクラナドも、今回でいよいよ最終回。

まず、冒頭より幻想世界の話しが始まり、それと平行して朋也の渚と関わった事に対する後悔の念というものが映し出されたいたのです。

幻想世界における、少女とロボットの正体は、汐と朋也でありました。世界は汐そのものであり、ロボットもかつては向こうの世界の住人・朋也であった。

しかしすでに、汐は人でない存在・・・無数の光の玉へと変化し、幻想世界は閉じてしまった・・・そう解釈すればいいのかな?

幻想世界がなくなる寸前に、汐が作中で何度となく歌われていた「だんご大家族」を口ずさみ、消え行くロボットへ「さよなら、パパ」と囁いたシーンにはハッとした・・・。


しかしなぜ、幻想世界は生まれたのだろう?この世界の汐が、かつて他の世界にも存在していたのだとしたら、もしかすると何らかの力によって汐はこの空間へと飛ばされ、この世界を形作ったのかもしれない

そういえば、幻想世界へと集まる光の玉は、他の世界の住人の「想い」だと説明されていましたね。そして、ロボット(朋也)もそんな風に、ここへと飛ばされた「想い」の一つだと。

それを考えると、他の世界で救われなかった汐の強い想いが、この幻想世界を作り出したとも解釈出来るのかな


何にせよ、ロボットの意識と朋也の意識は融合し、坂の上での渚との出会いのシーンへと、時は遡った・・・。ここでの朋也の「肯定」はとても重要な場面でありました。

何せ、渚と出会ってしまった事の後悔は、彼女と出会い多くのものと繋がり育んだ、それら全ての「否定」となるわけです

思えば、あの光の玉は、朋也が誰かと関わり、何らかの解決を見るたび発現しました。そこには、これまで朋也が関わってきた人々の「想い」が凝縮されているのでしょう。

つまり、朋也が渚と出会った事を肯定した事で、そんな「想い達」はついに本来あるべき場所へと集結し・・・そして最後に大きな奇跡が生まれたのだろう・・・


ところで、私は、前回の感想で「いつも朋也が孤独になる」と書きましたが、それは朋也自身が今まで繋げてきた関係によっての救済がないという意味の言葉・・・。

この作品のテーマは「家族」であり、それは決して小さな共同体としての「家族」という意味ではなく、人と人とが繋がりやがてそれが大きな広がを持つという意味での「家族」だと私は思っています

今回いみじくも、街そのものが「家族」だと言う渚の言葉があり、妙に納得した感はありますが、朋也がこれまで関わり、繋げ、救済してきた人々の想いは、光の玉へと姿を変え、最後に朋也自身の救いとなって還ってきた事は、作品テーマ的にもとても意味ある事だと思いました。


さて、総評となります・・・。と、その前に、私の前回の感想では様々な方の意見を頂き、その中で原作ファンからは手厳しい指摘が多かったように思います。

つまりそこには、私のようにアニメのみの視聴者と原作をプレイしクリアされた方との精神的ギャップを感じたわけです

その主な原因はどこにあるのだろうと、私自身コメントの意見を読み、また先日放送しましたネッラジオでのリスナー様からの様々な意見を聞いて、色々考えてみたのですが・・・一つ理解出来たことがあります。

それこそゲームの場合は、多くのルートを経て、真のEDへとたどり着くと聞きました。つまり、プレイヤーはゲームで様々な朋也の人生を体験するということ

今回、作中での言葉「ああ・・・今終わる長い長い旅が・・・」は、まさにそれを表している気がしました。

しかし、アニメ版ではストーリーは一本道で、我々は渚を亡くし、最後に汐を失う朋也の人生しか知りません。

きっと、原作ファンの方はプレイの経験から様々な部分を補完出来るだろうし、最終的に渚や汐が救われる最後を迎えた時の感慨も一入なのだろうなと思いました

もちろん、アニメ単体で見ても感動は喚起されるのでしょうが、やはり原作をプレイしているのとそうでないのとでは大きな差があるように私自身は、感じています。



改めて、総評ですが、一期、そして二期で積み上げてきたものが、最終回において大きな意味を持ったことにより、最後に大きな感動がもたらされたのは非常に良かった

一言で表すと「ようやく報われた」という言葉が適当でしょうか?

人々が街を作り、それを発展させてきたとしたら、街もまたそこに住まう人々を育み見守ってきた。

人々の繋がりは、同時に「想い」のネットワークを構築し、街そのもの意志として存在し続けていたのかもしれません。ですから、渚や汐が生きる世界が構築されたのは、決して奇跡ではなくある種、街の自浄作用みたいなものだと私は解釈しました

そう、あるべき姿に・・・それは人々の想いと街の願いであった・・・と。


前回噴出した、私の感じた幾つかの不満点は今回で解消されました。ただ、渚や汐が死んだ世界・・・それはとても悲しい事ですが、この世界はどうなってしまったのでしょう?

朋也の絶望により消滅してしまったのでしょうか?私は朋也と父親との和解のシーンが一番好きなのですが、あれは渚の死があったからこそ、行われたものだと感じています。

今回のラストで朋也達が父親の実家に帰っているところを見ると、きっとこの世界でも父親との和解はあったのでしょうが、それはちょっと意味合いが違っているように思えるのです

また、朋也が男手一つで、汐を育てる日々は、ささやかな幸せとは言え、素晴らしく輝いていた瞬間でした。もちろん、そんな幸福はすぐに失われましたが、それも一つの人生なのだと私は考えています。


なんか、取り留めのない文章となってしまった・・・。ともかく、多くの部分において納得出来た事で、私はこのエンディングにも感動できましたし、この作品を最後まで見続けて良かったと思っています。

きっと、このEDへと到達することは多くの視聴者の願いだったのでしょうね。それは、最終回へと近づくごとに伝わってきました。また、挿入歌、音楽、演出、どれをとっても美しく、高い完成度を誇示することが出来ていたでしょう

まだ次回もありますので、ちょっと早いですが、スタッフ並びに声優の皆様、お疲れ様でした。また、最後まで感想を読んでくださった方、これまでコメントを下さった方、ありがとうございます。

是非多くの方の感想を聞かせてくださいませ・・・。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日夜11時からは、アニメラジオの決定版!ピッコロのらじお♪!!>

毎週水曜日夜11時より、ねとらじにて「ピッコロのらじお♪」を配信中~!!

ピッコロのらじお♪は、藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語るラジオでございます。WHITE ALBUM、まりあ†ほりっく、みなみけ おかえり、続 夏目友人帳、宇宙をかける少女、はじめの一歩 、ドルアーガの塔、黒神 、、鋼殻のレギオス、空を見上げる少女の瞳に映る世界、ヘタリア等 。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<特集!「喰霊~零~はなぜ成功したのか?」&「09年スタート新作アニメ紹介」 ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾をアップ!!(08/12/29更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第24弾」をアップしたしました。今回は先日最終回を迎えました「喰霊零」を特集!「喰霊零はなぜ成功したのか?」というテーマで、アニメブロガーさんと共に熱く語り合っております。さらに、2009年1月より開始されます新作アニメを特集!こちらも、アニメブロガーさんに集まって頂き、それぞれの作品を紹介、解説しております。沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにレトロゲーム紹介コーナーでは、幻の携帯ゲーム機「アタリ・リンクス」を紹介しています。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾」


<今期終了アニメを評価してみないか?3の中間集計結果発表の模様をポッドキャストラジオでアップ!!>

1月14(水)に放送しました「ピッコロのらじお♪内」で行った、当ブログの企画「今期終了アニメを評価してみないか?3」の中間集計発表の模様をポッドキャストラジオにてアップいたしました。聴きたい方はこちらをクリック!↓

★(ネットラジオ)今期終了アニメ評価してみないか?3の中間集計結果発表!!

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

http://d.hatena.ne.jp/micky23/20090315/1237088259
http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/trackback/908660/12435115

0 Comments

Post a comment