(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第24話 「BEYOND」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
クチコミを見る




☆<3/26更新>前回(第24話 「BEYOND」)の感想をポットキャストにて収録!

「GN粒子が便利設定過ぎる」、「ビリーの自己欺瞞」、「最終回はどうなる?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語っております。聴きたい方は↓をクリック



★ガンダム00 第24話感想談義



*他のアニメの感想が聴きたい方は、毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」をチェックだ!!





敵母艦内に侵入したティエリアはそこで驚愕の事実を知る。防戦に撤するプトレマイオスだったが、敵の休むことのない猛攻に劣勢を強いられ続けていた。一人、また一人と倒れていく仲間たち・・・。その命の灯火に応えるよう、刹那が吼える。



ああ~、君もまた自己欺瞞・・・

以前より、私はこの作品の登場人物が抱える自己欺瞞について語ってきました。例えば、アンドレイやルイスなどがそうです。

彼らは口を開けば「恒久平和だの何だの・・・」と自身の理想を饒舌に語ってくれますが、それというのは結局、自己を正当化するための口実に過ぎないという事

今回のビリーもまさにそれに当てはまるでしょうね。彼も同じく「世界の恒久平和」を謳い、そのためにはCBを打ち倒さねばならないと話した。しかし、実際に彼を突き動かしているのは、その内面に潜む極々個人的な感情によるものだという事・・・。

そう、自分を裏切ったスメラギへの復讐・・・愛していたがゆえに、スメラギの裏切りはチェリーボーイなビリーのハートを打ちのめし、そしてその愛が憎しみと変わった瞬間に、ビリーは極端な行動へと踏み出したのです

ビリーが何とも情けない男に思えてしまいますが、実際には刹那達だって似たようなものではないでしょうか?

かつて刹那達が、世界を敵に回し戦ったのはなぜか?それは、自らが必要悪となることで世界の統一を目指すため。

ところが、その後にもたらされた平和に、歪みが生じているという事に気づき・・・それが、アロウズであり、イノベイターでありました。つまり、刹那達が戦うのは、自らが犯した過ちの後始末のためであり、それはとても個人的な事情と言わざるを得ないのです

そのくせ、イノベイターを倒した後に、世界をどうしたいのか?という具体的プランを持ち合わせておらず、きっと自分達は最後に人々によって裁かれるべき(罰を受ける)としか考えていないのでしょう。それでは一期のラストと何も変わらないのではないだろうか?

やはり、イデオロギーのぶつかり合いにならないと、戦場のドラマは盛り上がらない・・・。


声が聞こえる・・・ああ人々の心が一つになるのだ

純粋なるイノベイターの脳量子波がツインドライブと連動し・・・云々かんぬん、まあ、刹那が何かに目覚めたようですが、それが何かは私にはさっぱりです。

「君こそ真のイノーベイターだ」とリジェネから太鼓判を押された刹那君ですが、このような真の目覚めというのは、選ばれた人間のみに及ぼされるものなのでしょうかね?

一人の超越者が、このように人々の心を繋げ、導く存在になるという意味では、リボンズとあまり変わらない気がします。ただ、リボンズの場合は選民思想的でありますし、また目指したのは力(恐怖)による意識の統一であって、刹那のように人々が分かり合う事で、意識を統一するという発想とでは大きな違いがあるのでしょう

まあ、先ほど私は、00の登場人物のごく個人的な情動が戦いを生み出していると言いましたが、結局それと言うのは、想いのすれ違いが原因であり、心が繋がる事でそうした精神的ギャップも埋まるだろうという事が言いたいのでしょうね。

でも、心が繋がるという事は相手にこちらの想いがダイレクトに伝わるということで、それはいい情報も、そして悪い情報も含めてなのだから、逆に争いの火種になるのではないだろうか?

また、真の力に目覚めた刹那によるGN粒子散布は、ちょっとご都合主義過ぎる気がする。怪我は治るは、死にかけた人間は生き返るわ・・・もはやドラゴンボール以上の便利設定だ。このような便利な魔法で全て解決してしまうという展開には、どうにも違和感を覚えてしまいました・・・。


イオリアの真意とは・・・

セラフィムのトライアルフィールドが発動したことにより、ヴェーダとリンクしていた機体が次々と、機能を停止していく・・・。

これは一期の時からあった設定で、かつてアレハンドロが擬似GNドライプを世界に配った時に、その機能を発動させれば世界の軍を無力化出来るなんて想像したものです

まあ、思い出したようにこの設定が活用されたのも、命尽きたティエリアの意識がヴェーダと完全にリンクする事が出来たから・・・ティエリアは最後の大仕事をやってのけ、その役割を果たしました・・・。

で、そのティエリアから話されたのがイオリア計画の全貌・・・。多少の矛盾を抱えつつも、人類の意識を統一にする必要があった。

なぜなら、人類が争いの火種を抱えたまま外宇宙へと進出することを防ぐため。人類は変わらなければならなかった何れ巡りあう異種との対話のために・・・と、まあ特別目新しい情報はなかったですね。

つまりは、リボンズの言ってた言葉が全てだったということですか。ただ、そこまでして人類の意識を統一する必要があるのか?という疑問が沸き上がってきます

それこそ、地球に人類が住めないほど荒廃しているわけでもなく、ましてや異星人が対話を迫っているわけでもない・・・ならば、急激な革新を求める必要があったのか?というのが素直に感じた疑問です。

人類が異星人との対話が出来る段階になるまで、待っても良かったのではないか?その辺りはどうも釈然としませんでした


さて、多くの因縁に決着をつけられ、後は刹那VSリボンズの戦いを残すのみとなりました。リボンズはさすがに機体に乗り込まないだろうと思っていたら、結局はラスボスとして登場。

リボンズの機体がガンキャノンみたいという声があちらこちらで聞かれましたけど、きっとヤツのことだから何かを仕込んでいるさ!次回はいよいよ最終回・・・さあ、大いに楽しもうじゃないか!!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<毎週水曜日夜11時からは、アニメラジオの決定版!ピッコロのらじお♪!!>

毎週水曜日夜11時より、ねとらじにて「ピッコロのらじお♪」を配信中~!!

ピッコロのらじお♪は、藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語るラジオでございます。WHITE ALBUM、まりあ†ほりっく、みなみけ おかえり、続 夏目友人帳、宇宙をかける少女、はじめの一歩 、ドルアーガの塔、黒神 、、鋼殻のレギオス、空を見上げる少女の瞳に映る世界、ヘタリア等 。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<特集!「喰霊~零~はなぜ成功したのか?」&「09年スタート新作アニメ紹介」 ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾をアップ!!(08/12/29更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第24弾」をアップしたしました。今回は先日最終回を迎えました「喰霊零」を特集!「喰霊零はなぜ成功したのか?」というテーマで、アニメブロガーさんと共に熱く語り合っております。さらに、2009年1月より開始されます新作アニメを特集!こちらも、アニメブロガーさんに集まって頂き、それぞれの作品を紹介、解説しております。沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにレトロゲーム紹介コーナーでは、幻の携帯ゲーム機「アタリ・リンクス」を紹介しています。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾」


<今期終了アニメを評価してみないか?3の中間集計結果発表の模様をポッドキャストラジオでアップ!!>

1月14(水)に放送しました「ピッコロのらじお♪内」で行った、当ブログの企画「今期終了アニメを評価してみないか?3」の中間集計発表の模様をポッドキャストラジオにてアップいたしました。聴きたい方はこちらをクリック!↓

★(ネットラジオ)今期終了アニメ評価してみないか?3の中間集計結果発表!!

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

http://astraysf.blog28.fc2.com/tb.php/289-85f692fb

0 Comments

Post a comment