(アニメ感想) ガンパレード・オーケストラ 第12話 「風立ちぬ」

ガンパレード・オーケストラ白の章 青森ペンギン伝説 (限定版)特典 第108警護師団 部隊章 刺繍ワッペン付き




正直、このアニメの存在をすっかり忘れていました。キャラの名前もなんか思い出せないのですが・・・(苦笑)。まあ、それはいいとしてゲームが発売になりますね。私は今回パスです。アニメ版の出来が正直残念だったのでちょっと買う気にはなれませんね。ゲームの宣伝としては正直このアニメ化は失敗だったような気がします。取り敢えず、久しぶりの感想です。今回は深澤メインのお話し。病院から脱走を繰り返す少女理名と出会います。まあ、よくあるお話しですね。しかし、脱走時に身代わりの人形を置いて行くって古典的な手法に騙される看護婦さんにワロタ。この理名ちゃん難病を患っているそうで余命幾ばくもないとか。これまた王道ですな。しかし、この展開だとどうも鬱必至な気がします。

ツンデレ(理名)のことが気になってしかたないのび太君(深澤)は彼女の病室を訪ねます。しかし、「出て行って!」と激しく抵抗されあえなく退散。女のあつかいを知らないのび太君だぜ。一方、源のバカタンは自分達の隊になかなか出撃命令の声がかからないことにイライラ。もうこの男ダメだわ。主人公やめたほうがいい

男らしく決めたいのび太君はツンデレの病室に夜這いへ(ウソです)、バイクに乗って君の行きたいところにどこでも連れて行ってあげると言いいます。しかし、素直になれないツンデレは饅頭をなげつけて「同情なんてもう沢山」と暴れます。でも、やっぱりのび太の純粋な想いに心をうたれてバイクで海へ・・・。

「海を見てそのまま・・・」「これで良かったのかな?」って・・・ダメだよ!!(BYベッキー)勝手に病院連れ出して、死んじゃったじゃ済まないよぉ!!どうにも最後は感動できませんでした。なんかチープなのです。このアニメ真面目にやろうとすればするほど滑稽に映ってしまうのはどうしてなのでしょうね?

GUN06011200

0 Comments

Post a comment