★企画「今期終了アニメを評価してみないか?3」の最終集計結果発表! PART5 「ケメコデラックス!」、「魍魎の匣」、「かんなぎ」、「喰霊-零-」、「ef - a tale of melodies.」

「今期終了アニメを評価してみないか?3(12月終了作品)」の最終集計結果の記事PART5です。今回評価を掲載する作品は、 「ケメコデラックス!」、「魍魎の匣」、「かんなぎ」、「喰霊-零-」、「ef - a tale of melodies.」です。



☆今回も過激に語るぜ~!!最終結果を受けてアニメブロガーさんに集まって頂き、好き勝手に語り合った模様をラジオで配信しております。↓



(ポッドキャストラジオ)言いたい放題!?企画今期終了アニメ評価してみないか?3の最終集計結果について語る!



(出演者)

ピッコロ→ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

AKさん→新・天の光はすべて星

骨矢さん→スクライダー’s



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51214266.html

(「プリキュア5 gogo」、「無限の住人」、「ポルフィの長い旅」、「北斗の拳ラオウ外伝」 「黒塚」、「のらみみ2」 )



PART2の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51214374.html

(「テレパシー少女 蘭」、「伯爵と妖精」、「ヴァンパイア騎士 Guilty」、「のだめカンタービレ巴里編」 「純情ロマンチカ2」 )



PART3の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51217266.html

(「まかでみ・WAっしょい! 」、「ヒャッコ」、「ロザリオとバンパイア CAPU2」、「夜桜四重奏」、 「あかね色に染まる坂」 )



PART4の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51217314.html

(「屍姫 赫」、「CHAOS;HEAD」、「今日の5の2」 )







*この企画についての細かい説明はこちらをご覧下さいませ↓



今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?3



*なお、それぞれの作品ごとに、参加して頂いたブログ様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させて頂いています。掲載に問題等がございましたら、ご連絡くださいませ。メールアドレス→koubow@hotmail.com



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



☆ケメコデラックス!

まず紹介するのは、「ケメコデラックス!」です。原作は、いわさきまさかずの漫画作品。アニメーション制作は、ハルフィルムメーカー。キャストは、斎藤千和さん、戸松遥さん等が出演されています。



このレビューに参加して頂いた方の人数は55人。

ストーリー 2.64 キャラクター 4.15 画 4.06 演出 3.62 音楽 3.55  総合的な評価 3.33 総合点 21.34

WS000000
WS000001

ストーリーは、完結しなかった弧と伏線の回収がほとんどなされなかった事に対しての批判が幾つか見られました。キャラクターのインパクトが強く、なおかつ可愛いキャラが多いという意見が多数。特に、エムエムの可愛さやケメコの強烈なキャラクター性を挙げる方が多かったですね。また戦闘シーンでの作画を絶賛する声が多く、作画の項目でも高得点を叩き出していました。OPやEDはインパクトがあったものの、意外に音楽の項目が伸びず・・・この辺りはやはり好き嫌いがあるのでしょうか?斉藤千和さんの演技に関しての意見も多かったですね。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


おきまもとん -沖磨純雲-様
http://okimamoton.sblo.jp/


ストーリー
酷評かもしれませんが、ほぼ何も終わっていない展開にがっかりです。ストーリー自体は謎の美少女との再会とか面白そうなものだったのに…。

キャラクター性
キャラクターは良かったです。かわいいしかわいいしかわいいし!けどよくわからず終わったキャラも多い。エムエム自体もまだ謎が多い気がします。

総合的な評価
エムエムとリョーコのかわいさはオススメしたいです。ともかく続編があれば救われると思います。



Brilliant Corners様
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/


萌えは一級品でした
女の子キャラは皆すばらしかった
ケメコのアクションをもっと描いてほしかったです(制作側の苦労はわかりません)
ギャグはあまり面白くなかったような



屋根裏視聴覚室様
http://sugar.babyblue.jp/kotoani


演出
これは満点をあげたい。正直なことを言えば、終盤、私の中では若干盛り下がってしまったのでビミョウさはあるのですが、でもやっぱりおもしろかったから! アイキャッチのケメコ尽くしは度肝を抜かれた感があり、毎回どのアングルになるのか楽しみだったし、EDのプリップリン体操は、マジで踊ってみようかと思わされるような演出でした。こういう演出のできる水島努監督、好きですねー。
そして、最大の功労者は斎藤千和さんなのではないかと。あのケメコは彼女の演技なしにはあり得なかったわけで。「プリップリン体操」を含め、ブレもなく、ケメコを演じきったことに、ただひたすら拍手!です。

音楽
OPとEDは文句なしです。特にEDは大好きでしたー! ただ、他の部分で音楽の印象はないんだよな。それはそれで、いいBGMだった、と言えるんでしょうけれど。

総合評価
やっぱり終盤の落ち込みがなぁ、みたいな。でも、ケメコの破壊力とエムエムのツンデレっぷりは絶対に一見の価値アリ、だと思う。




☆魍魎の匣

続いて紹介するのは、「魍魎の匣」です。原作は、京極夏彦の長編推理小説。アニメーション制作は、マッドハウス。キャストは、高橋美佳子さん、戸松遥さん等が出演されています。

WS000002
WS000003

このレビューに参加して頂いた方の人数は50人。

ストーリー 4.26 キャラクター 4.05 画 4.14 演出 4.05 音楽 3.18  総合的な評価 4.11 総合点 23.79


とにかくストーリーが難解だったという意見が多かったですね。しかし終盤京極堂の冴え渡る推理によって、一気に多くの伏線が回収されるところにカタルシスを感じたと言う人が多かった模様。ただ、演出面では特に京極堂が薀蓄を語る箇所において、幾つかの意見が散見されました。工夫を凝らしているという人もいれば、やや退屈だったという人もいて、しかし全体としては好評価だったみたいですね。作画についての評判は良好。ただ、唯一音楽に関してはOPが作品性に合わないという意見が結構見受けられました。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


いま、お茶いれますね様
http://84870.blog13.fc2.com/


主人公の京極堂がなかなか出て来なかったのには参りました(笑)
京極堂の説明に耳慣れない表現が多くて分かりにくい部分もあったけど全体的には好きな世界観で面白かった。

最終回で一気に謎解きが進んだけど、上手くまとめたなって感じです。
加菜子が実父との間に生まれた子だったってところで一気に江戸川乱歩っぽくになった。

京極堂の友人が語った『箱に話しかける男』は当然雨宮で人の原型を留めなくなった加菜子と旅をしている。
この辺りは結構切ない。

みんな幸せになりたいと願っただけ。その幸せを歪ませてしまった者、歪んだ幸せに身をゆだねてしまった者、巻き込まれた者、こちら側に踏み止まった者。
  『幸せになることは簡単なんだ。人を辞めてしまえばいいのさ』
京極堂のこの台詞にドキっとしましたね。



カッシーニの観測様
http://tosiuenosensei.blog.shinobi.jp/


ストーリー
謎が謎を呼び、人間模様が複雑に絡まりあっていく中で、
憑き物おとしをする京極堂の放つ言葉によって
事件が解決していき、カタルシスがあって、
最後まで見ていてよかったな~と思いました。
ブ厚い原作を1クールにキレイに纏めたのは見事♪


キャラがとても美形で、絵もキレイだし、
特に作画崩壊もなく
終始、見心地の良いアニメでした。
男性キャラが美しい・・!かっこいい!
魅力的な作画に毎週楽しませてもらったw

総合的な評価
原作ファンとして、シリーズの中で一番好きな作品が
アニメ化・・ということで、イメージ崩壊の不安がありましたが、
見てみるとイメージが崩れることなく、
原作を忠実に再現していて不安は吹き飛んだ。
他のシリーズをアニメ化して欲しいな~見たいな~と思う
出来栄えだったと思います。

他人にお薦めしたいですが、好き嫌いが分かれそうだな~。
好きな人には”とても面白い”と思わせる何かがある。
一味違うミステリーものが見たい未視聴の方は是非見てみて下さい。



軒下倉庫様
http://kuragome.blog57.fc2.com/


キャラクター性
個人的にベストキャスティング賞を贈りたくなったくらい役柄と声は合っていたと思います。全員美形になったのも最初は戸惑いましたが、見てるうちに完全になじみました。

演出
直接的な残酷描写はおさえつつも、独特の世界観や怪しげな雰囲気はよくでてました。ただ最後の久保花火だけはちょっとやりすぎだったかも。

総合評価
原作未読だと分かりにくいところもあったし、難解用語ラッシュなシーンもでてくるので、かなり人は選ぶと思います。ただミステリ好き、怪奇好きのツボにはまればどっぷりきます。




☆かんなぎ

続いて紹介するのは、「かんなぎ」。原作は、武梨えりの漫画作品。アニメーション制作は、A-1 Pictures。キャストは、戸松遥さん、下野紘さん等が出演されています。

WS000004
WS000005
WS000006

このレビューに参加して頂いた方の人数は97人。

ストーリー 3.67 キャラクター 4.63 画 4.53 演出 4.18 音楽 3.97  総合的な評価 4.24 総合点 25.2


ストーリーは、後半のシリアス展開について言及されている方が多かったですね。原作通りなのですが、やはり作品に合わないということなのでしょう。キャラクターの評価は魅力的とかなり高いものになっています。また、作画も良く動くと高評価、この辺りは演出合わせて評価されていますね。そして、音楽はOPについての意見が多かったです。よく動くナギの踊りも相俟って評判は良かったようです。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


月の砂漠のあしあと様
http://blog.livedoor.jp/emanon7/


ストーリー
これから本番かな?というところで、終わったので、評価しにくいですが、ファンタジー要素すら、ごく当たり前に思える独特の空気感が素晴らしかったです。
欠点だらけで、無力な少年の仁と、出来損ないの、神であるかどうかすらあやしい、ナギが、共に時間を過ごし、たまに戻ったりするけども、一歩一歩進んで、絆を深めていく過程が丁寧で良かったです。

キャラクター性
派手な要素は乏しいですが、記号的ではなく、地に足についた、親しみがもてる、キャラクタ達で、自然に感情移入が出来ました。

総合的な評価
本当に、ここで終わるのが惜しい作品。一刻も早い、武梨さんの回復と、第二期決定を心から願いたいです。



かいけつ!!ズバッ党!!様
http://zubatt.blog77.fc2.com/



非常に良かったんですが…最終回だけはどうしても納得できないですね。エロシーンは良かったですが。俺がおかしいんでしょうね、きっと。
賛否あると思いますが、2話最強です。

演出
全体を通していろいろ考えられてるなというのは感じました。特に「リアル女体のエロさ」の描写にはこだわりを感じました。胸やお尻といった、エロくて当たり前、というもののみならず、腋の下や腋肉、うっすらと滲む汗などそういった部分の執拗なまでの描写は「ああ、この人たちはエロイなあw」と、つくづく感じさせられました。
声優さんはみなさん良かったと思いますが、個人的にはダントツでざんげちゃんがすばらしいと感じました。蠱惑的でいて、かつ素直に可愛くもあるあの声としゃべり方は「ああ、この子になら騙されてもええわ…」と全てを委ねそうになってしまいましたw(なにを委ねるんだか)
画面作りも意欲的で良かったと思います。特に苦労するわりには報われない2話の過剰なまでの作りこみや7話のゴキブリ視点などはよくテレビアニメでやったなあ、と思います。

総合的な評価
優れた作品だと思います。しかしみどころがどこだと言われると、「人それぞれ」としか答えられませんw
個人的には先にも書いたざんげちゃんのかわいらしさとつぐみのけなげさが全話通してのポイントですが、「神回」は間違いなく第二幕ですね。グネグネ動くから、だけではない、尋常でない作りこみ。引き出し開けたら中のものが慣性で動くとか、ほんとどこの劇場用アニメだよとw
面白いのは4,6,9話でしたね。



Momo-log様
http://hakuinonakami.blog110.fc2.com/


ストーリー
ギャグのちりばめられ具合が良かった。神様が現代に来たらこうなるのか~、と笑えました!!

音楽
OP・ED特にEDが合っていて良かったし、OPも神様の踊りなんてめったに見れないし貴重(笑)

総合的な評価
ギャグとシリアスのバランスが良かった。私的には、脇キャラに注目してみていた作品です。




☆喰霊-零-

続いて紹介するのは、「喰霊-零-」。原作は、瀬川はじめの漫画作品(喰霊)。アニメーション制作は、アスリード&AICスピリッツ。キャストは、白石稔さん、茅原実里さん等が出演されています。

WS000007
WS000008
WS000009

このレビューに参加して頂いた方の人数は87人。

ストーリー 4.44 キャラクター 4.23 画 4.43 演出 4.65 音楽 4.28  総合的な評価 4.55 総合点 26.58


やはり一話で衝撃を受けた方は多いみたいですね。しかし、先に結末を見せてそこへと向かうという展開が逆に新鮮だと評価する方が多く、作り手の目論見は成功したと言えるでしょう。キャラクターは黄泉と神楽の人気が特に高かったです。演出面では、一話の衝撃や黄泉の苦悩を表現する演出が高く評価されていました。音楽は、OPとED、挿入歌共に評判が良かったですが、唯一、黄泉と冥との対決の時に流れた曲に対しての厳しい評価が見られましたね。全体的に評価が高く、まさに今期のダークホース!にふさわしい出来だったのではないでしょうか?


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


Vanishing Point-バニシング・ポイント- 様
http://d.hatena.ne.jp/alphaville/


ストーリー
非常によく練られたストーリー。いきなり特戦4課全滅には驚いた。そこからの黄泉の心情の変化、それでも最期まで変わらなかった神楽への愛情が泣ける。
黄泉と観世トオルと接点や三途河の目的、回収されていない伏線といった説明不足な描写はやや気になる点。

キャラクター性
これは黄泉と神楽の2人につきる。神楽が黄泉の苦しみを理解し、だからこそ黄泉を殺せるのは自分しかいないというクライマックスは、最後を締めくくるに相応しい展開。

総合的な評価
ダークホースと評されるだけあり、本当に予想していなかった良作。セリフよりも、状況や情景によってキャラクターの心情を描く演出は特出すべきものだった。

個人的には8話、川を挟んで火葬場の煙突を見ている黄泉が強烈。

父との死を悼むだけなら、川を描く必要は無い。それを敢えて黄泉を川の彼岸に立たせることで、「生きながらにして死んでいる」彼女の心情を演出している。まさにその名の通り、彼女が黄泉となった瞬間だと感じた。

EDの最後で振り返っていた黄泉が、物語の展開に合わせて立ち去るっていくようになったり、後になって効いてくる細かい仕掛けも優れた作品だった。


ラピスラズリに願いを様
http://lapis16.blog82.fc2.com/



安定していた策がでしたが、5を出すにはあと一歩何か魅力的な要素があれば!

音楽
OP,EDの出来はもちろんですが、イメージソングの気合の入れようがスゴい!
そして使いどころも絶妙です。

総合評価
蓋を開けてみれば万全の体制で計算されて作られた作品。
先に結末を見せましたが、そのあと過去を振り返ることによりそのシーンを別の印象で見ることができる。これはもう鳥肌が立ちました。
原作そのままではなく、その補完として作られたオリジナルストーリーという試みはクオリティの高さと読みきれないストーリーにより大成功と言えるでしょう!


ETERNAL様
http://spiralfreedom.blog39.fc2.com/


ストーリー
衝撃的な1,2話からの始まり。
斬新で良かったと思います。

演出
始めに結果が来て、その過程が描かれるのは良かったですね。

総合評価
最後まで見るとは思いませんでしたよ。



☆ef - a tale of melodies.

続いて紹介するのは、「ef - a tale of melodies.」。原作は、PCゲームの「ef - a fairy tale of the two.」。アニメーション制作は、シャフト。キャストは、遠近孝一さん、中島裕美子さん等が出演されています。

このレビューに参加して頂いた方の人数は48人。

ストーリー 4.31 キャラクター 4.19 画 4.67 演出 4.85 音楽 4.73  総合的な評価 4.67 総合点 27.42

WS000010
WS000011

ストーリーは一期のほうがいいとおっしゃる方が何人かおられましたが、一期へと繋がるストーリー性が素晴らしいとの声が多数。また、シャフト独特の演出を評価する声も多く、それは数字にも表れていますね。BGM、映像も美しく素晴らしいと絶賛に近い評価を受け、総合点でも驚異的な数字となりました。ファンの方に非常に愛されている作品なのですね。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


エコロジー研究所様
http://dacapo3.blog7.fc2.com/


すごく良かったです。終盤になればなるほど盛り上げって特に第10話は感情移入が激しかったです。
ELISAさんの歌もすごく心に残りました。最近は第一シリーズも時々見ています。一期を見ていなくてもすごく心に残りました。



欲望の赴くままに…。様
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/


これは1期から見ておくべきだったと後悔しました。最初はただの18禁ゲームのアニメ化でしょ?と軽く見ていたのですが、毎回変わるOPにまず驚かされました。あれってどうやら毎回全部新しく描きなおしてるようで…!!!
そして生々しいまでの感情を持った登場人物たち!!特に優子がクリスマスに起きた出来事を夕に伝えた時は、怖いのと演出の凄さにゾクッとしちゃいました。最終回の夕が優子に「お前がいなくてもやっていける」と、嘘付いてる時の瞬き癖をしながら言った台詞にはもう涙が止まりませんでした(´;ω;`)ウゥゥ



空色きゃんでぃ様
http://soraxcan.blog59.fc2.com/


凝った演出がとても良かったです。
ストーリーも寓話的ですが綺麗にまとまってたと思います。
小道具の使い方などとてもうまく、それぞれのキャラの物語をつなげていくのが感動的でした。





残すは、各賞、各種ランキングの発表のみでございます・・・

0 Comments

Post a comment