★企画「今期終了アニメを評価してみないか?3」の最終集計結果発表! PART1 「プリキュア5 gogo」、「無限の住人」、「ポルフィの長い旅」、「北斗の拳ラオウ外伝」 「黒塚」、「のらみみ2」

今期放送中のアニメもそろそろ最終回が近づいてきましたが・・・大変遅くなりました。「今期終了アニメを評価してみないか?3(12月終了作品)」の最終集計結果の発表です。この企画についての詳しい説明はこちらをご覧下さい↓



「今期終了アニメを評価してみないか?3」



今回評価を掲載する作品は、「プリキュア5 gogo」、「無限の住人」、「ポルフィの長い旅」、「北斗の拳ラオウ外伝」 「黒塚」、「のらみみ2」です。



☆今回も過激に語るぜ~!!最終結果を受けてアニメブロガーさんに集まって頂き、好き勝手に語り合った模様をラジオで配信しております。↓



(ポッドキャストラジオ)言いたい放題!?企画今期終了アニメ評価してみないか?3の最終集計結果について語る!



(出演者)

ピッコロ→ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

AKさん→新・天の光はすべて星

骨矢さん→スクライダー’s



また、以前の企画の最終集計結果発表の記事はこちらをご覧下さい↓



★企画「今期終了(9月終了アニメ)アニメを評価してみないか?2」 各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表





まず最初に、今回の企画に参加してくださった皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。年末年始というお忙しい中、ありがとうございました。おかげさまで、今回も大勢の方に参加して頂き、充実した企画になったと思います。



さて早速説明に入りますが、今回は評価作品が多かったので記事を幾つかに分けてアップしていきたいと思います。そして記事の内容は、作品ごとのレビュー参加人数、項目別の評価平均点、総合点の平均点を掲載しております。



また、今回評価を掲載する作品ですが、どれも投票数が10未満の作品でございます。投票数があまりにも少ない場合には評価が偏る可能性もございますので、後ほどアップする項目別評価ランキングにこれらの作品は入れない事にしました。ご了承くださいませ



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



*なお、それぞれの作品ごとに、参加して頂いたブログ様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させて頂いています。掲載に問題等がございましたら、ご連絡くださいませ。メールアドレス→koubow@hotmail.com


☆プリキュア5 gogo

まず最初に紹介しますのは、「プリキュア5 gogo」。アニメーション制作は、ABC、ADK、東映アニメーション。キャストは、三瓶由布子さん、竹内順子さん等が出演されています。

WS000012

このレビューに参加して頂いた方の人数は1人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 4 キャラクター 5 画 4 演出 5 音楽 5  総合的な評価 5 総合点 28となっております。


今回この作品を評価してくださった方は一人ですので、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


エコロジー研究所
http://dacapo3.blog7.fc2.com/


個人的にはefの一枚上を行く作品でした。終盤は一言で言うと「圧巻もの」でした。プリキュアシリーズは全て見ましたがこれが一番心に残りました。「マクロスF」と同じ位のレベルです。



☆無限の住人

続いて紹介するのは、「無限の住人」。原作は、沙村広明の漫画作品。江戸時代を舞台にした剣客アクション。アニメーション制作は、ビィートレイン。キャストは、関智一さん、佐藤利奈さん等が出演されています。

WS000014

このレビューに参加して頂いた方の人数は2人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.5 キャラクター 3.5 画 4.5 演出 4.5 音楽 3.5  総合的な評価 3.5 総合点 23となっております。


この作品も評価されている方の人数が少ないので、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきますね。


のらりんクロッキー様
http://ameblo.jp/norarin-house/


ストーリー
作品世界に引き込まれる描写は見事。少々わかりにくいところが気になった

キャラクター
不死身だけど最強ではない万次が魅力的。天津にもう少し殺気を漂わせても良かったかも

本格時代劇のアニメ化は高く評価したい。AT-Xオンリーが響いたか、ほとんどレビュー記事が上がらなかったのが残念。殺陣は迫力満点でした。
実写も見てみたい作品



時は巡れど様
http://tori-toki.at.webry.info/



安定していました。
でも予想外に動いてなかったりしたw
いや、たぶん私の予想がはるか高みにいっていただけかもしれませんがw

演出
雰囲気が上手く醸し出せていました。
世界に引き込まれるというか、キャラだけでなくこっちも圧迫されるといいますか。
特に、キャラの一つ一つの言動にとても魅了されました。
敵との対峙のシーンが凄く上手い。
また、戦闘シーンも、わかりやすく描かれ、迫力もあり、中々切迫しました。

総合評価
この作品は、隔週にしなければもう少し評判を得たかもしれません。
2期がありそうな終わりでしたが、はたしてどうでしょう・・・?
私的には、是非やってほしいところです。
にしても、万次は弱かったw




☆ポルフィの長い旅

続いて紹介するのは、「ポルフィの長い旅」。原作はポール・ジャック・ボンゾン の児童文学。「世界名作劇場」の復活後第2作として放映された作品です。制作は、日本アニメーション。キャストは、甲斐田ゆきさん、藤村歩さん等が出演されています。

WS000013

このレビューに参加して頂いた方の人数は4人。

ストーリー 2 キャラクター 2.75 画 2.75 演出 1.75 音楽 3.5  総合的な評価 2 総合点 14.75


では、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


日々の記録様
http://ylupin.blog57.fc2.com/


ストーリー
前半は高レベルでしたが、ポルフィが旅に出てから破綻してしまったのが残念。

キャラクター性
ポルフィ&ミーナ、それぞれの声優さんのがんばりが好印象でした。

総合的な評価
名劇ファン期待の新作でしたが、それに応えてくれなかったのが残念です。



渡り鳥ロディ 様
http://harutoki2.blog18.fc2.com/


演出
中の人の演技はよかったですな。
特に印象に残る演出はなかった……と思う。

音楽
OPがさりげなく好きでした。EDも悪くはなかったと思う。
BGMもそこまで悪いとは感じませんでした。

総合的な評価
正直お勧めできる作品ではないように思います。旅の過程がもう少ししっかりしていれば。




☆北斗の拳ラオウ外伝

続いて紹介するのは、「北斗の拳ラオウ外伝」。長田悠幸の漫画が原作。ケンシロウの兄、ラオウの視点で描かれている作品。制作は、サテライト。キャストは、宇梶剛士さん、松風雅也さん等が出演されています。

WS000015

このレビューに参加して頂いた方の人数は4人。

ストーリー 2 キャラクター 2.5 画 2.5 演出 2.25 音楽 2.75  総合的な評価 3 総合点 15


では、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


自堕落学生日記様
http://blog.livedoor.jp/onochi/


ストーリー
北斗作品を知ってることが前提ということで単独ではやはりいろいろとわからない部分が多いと思う

キャラクター性
原作よりサクヤの出番が多かった・・・
あと元のキャラと比べていろいろ変わってるのは大人の事情か

総合的な評価
完全な自己満足です
終始囚われの身のトキとかはシュールだったと思います



無限回廊幻想記譚
http://ameblo.jp/adam/


殆どレビューするブログすらなくなってしまったアニメ。
知る限り自分以外では4つ5つしかなかった。
基本的な失敗は、原作を知らない人は、北斗の拳というオリジナルのような話を求めてしまったのだから、結果低評価になるのは止むを得ないところだろう。
軍記もののようになった作品だが、それさえもラオウという圧倒的な存在があるため、最終的にはラオウが力ずくで全てを解決出来てしまうという問題を抱えてしまった。
どうせやるなら、徹底的にラオウの強さをアピールする作品の方が良かったのではないだろうか。他の者たちが凄い苦戦する相手を、満を持して現れたラオウがやってくると一蹴していく、とか。
絵は原作には近いが、オリジナルの北斗の拳とは大きく違ってしまったのも、ファン層から拒絶された一員だろう。これが他の外伝ものなら、まだ原哲夫さんの絵に近かったのだが。
ソウガとかバンチで読んでいた時には気付かなかったが、かなり無能な軍師ですな。
パチンコの販促なのか、映画の販促なのか。いずれにせよ残念な仕上がりになったという感じが拭えない。




☆黒塚

続いて紹介する作品は、「黒塚」。原作は、夢枕獏の伝奇SF小説を野口賢が漫画化した作品。制作は、マッドハウス。キャストは、宮野真守さん、朴璐美さん等が出演されています。

WS000016

このレビューに参加して頂いた方の人数は6人。

ストーリー 3.25 キャラクター 2.92 画 4.17 演出 4.17 音楽 3.67  総合的な評価 3.5 総合点 21.67


では、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


QUATTROism様
http://quattroism.seesaa.net/


ストーリー
OAを一周見ただけでは私には理解しきれなかった点が多々あるが、
ループエンドは最高に救いようのない最高のエンディングだった。
序盤で全くというほど意味の判らない謎をばら撒き、後半でそれが
次々と、しかもかなりえげつない事実が判明するシナリオは観てて
吐き気がするほど気持ちよかった。
それと無理に謎を解こうとした感じもなく投げっぱなし意味不明な
ところも多かったが、あんな異常な世界を理解することなど不可能なのだ。
なんというか雰囲気とキャラが魅力的過ぎてストーリーがどうとかは
非常に些末なことに感じられたのが「黒塚」のすごいところである。

キャラクタ
それぞれのキャラが濃い。中の人の演技が抜群に素晴らしかった。
それに皆欲望に忠実なキャラばかりだったように思う。
欲望に忠実に生きる、というのは大変なことだ。
おそらく現実世界でそれをやったら変人扱いされる。
黒塚の世界では皆イカれているといっても過言ではない為、
九郎くらいのぶっ飛びなら許容できる感じが他キャラにあったし、
そもそも他キャラだって普通じゃないような思考回路だったから問題ない。
またストーリーが一見意味不明なので、キャラがキャラの思うがままに
行動したことでストーリーの理解に繋がったこともあった。

総合評価
数字上今期最高の評価をする。BD発売が待ち遠しい。
人に奨めるか、という点ではまずグロ耐性があるかどうかが重要。
あるのであれば、是非最後まで観続けて欲しい。
3話あたりで切ってしまうのは非常に勿体無い作品である。



月の砂漠のあしあと様
http://blog.livedoor.jp/emanon7/



作画のレベルは最後まで一貫して高かったですが、ストーリーがアレな所為もあって、印象に残るカットというのは、あまりありませんでした。キレイなだけで見せる工夫はいまひとつだったと思います。

演出
アクションシーンは、とても力をいれていたようですが、迫力があまりありませんでした。キャラの内面描写などは脚本の段階から全く無いに等しいのでお話にもなりません。

総合的な評価
他のアニメを楽しむ為の、調味料としては最適。ただし、それと引き換えに時間という、この世で最も高価なモノの一つである『時間』を引き換えにするので、見るべきではありません。

わたしが知る中で、最も無価値な作品の一つ。単語帳を作ったり、ノートのまとめなどをしながら見ていても、壮絶に時間を無駄に使ってるような気になった稀有な作品。




☆のらみみ2

続いて紹介するのは、「のらみみ2」です。原作は、原一雄の漫画作品。今回で、2回目のアニメ化でございます。制作は、トムス・エンタテインメント。キャストは、加藤奈々絵さん、白石稔さん等が出演されています。

WS000017

このレビューに参加して頂いた方の人数は9人。

ストーリー 4.33 キャラクター 4.78 画 4.11 演出 4 音楽 4.44  総合的な評価 4.56 総合点 26.22


惜しい!後、一人いれば、評価人数が十人で、ランキングにも入れたのに!!・・・しかし、全体的にとても高い評価を受けています。隠れた名作ここにあり!・・・という趣でございますな。

それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


Curse priest様
http://blog.goo.ne.jp/allen77


ストーリー
たまにまぁまぁな話もあるけど、全体的にレベルが落ちない素晴らしい作品群。
2期だけなら4点なんだけど、最終回のせいで、1期を通して見てよかったと
心から思わせる作品に仕上がっていたので、フルの5点。

キャラクター性
キャラが凄い、毎回ゲスト声優がゴージャス過ぎ。
のらみみが余り絡まない回の方が面白いってのが皮肉(笑)

総合的な評価
前期と同じく「のらみみ」が俺にとっての最高作で終了。
これが何故深夜アニメなんだろう?
まぁ、見逃してもそこまで焦らないし、絶対見なきゃいけない!!訳でないあたりが、のらみみの魅力でもあります。



蒼碧白闇 様
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/


なんだかすごい高得点になってしまったけど、地味でわかりにくいかもしれないがクオリティは本当に高い。


Welcome to our adolescence. 様
http://3284allegro.blog38.fc2.com/


ストーリー
始まった当初は「あれ?」なんて思いましたが、後半から一気に良いストーリーの連発でした。
2期はあまり泣かせるストーリーを重視した…というわけではない気がします。
1期なら間違いなく「5」です。

音楽
毎回、EDのイントロが卑怯すぎるくらい、グッときます。
2期になっても1期とOP・ED曲を変えなかったのが非常に良かったです。

総合的な評価
やっぱりのらみみは素晴らしい作品ですね。
2期に関しては泣ける面以外も見せてくれました。
ただ、1期と比較してしまうと、どうしても1期>2期になってしまうんですよね…。
是非、この2期で行った様々な趣向を3期に活かして欲しいです。
3期。期待しております。




PART2に続く・・・

0 Comments

Post a comment