(アニメ感想) 続 夏目友人帳 第13話 「人と妖」

続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]
続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る




カイを追っていたのは妖だけではなかった。名取もまた、カイを追っており、妖であるカイを退治しに来たと言う。突きつけられた事実を受け入れることのできない夏目に対し名取は、「自分にとって大事なのが人か妖か決めるべきだ」と告げる。カイが本当に妖なのか・・・。カイを探す途中、名取の罠に襲われる夏目を救ったのは、到底人のものとは思えないカイの力だった。自分を祓うだけでなく、夏目をも傷つけようとした名取に怒りを向けるカイは、ついに妖としての力を露にする。夏目にとって大事なのは人か、妖か・・・。



カイは妖怪だった・・・それも普通の人間として振舞えるほどの強い力を持った・・・。その事実を名取より聞かされた夏目でしたが、しかしそんなカイを当たり前のように受け入れてしまうところが、やはり夏目らしい・・・。

カイは夏目自身そのものであります。これまでも、夏目と妖怪との関わりの中で、登場する妖怪達が、どこか夏目自身を感じさせるような描写があり、それがつまり夏目の課題を浮き彫りにしていたわけですが、二期の締め括りとなる今回は、改めて夏目の抱える問題に踏み込んだ内容となっていました


いつしか人から忘れられていった孤独な水神・・・人恋しくなって人里へと降り立つと、人間達との暮らしがすっかり気に入ってしまった。なるほど、他人のこととなると、自身の事は顧みず、一人で突っ走ってしまう優しさは、まるで夏目にそっくりでありますね。

もちろん、カイが味わってきた孤独、人や妖怪からの裏切りで絶望してしまう不幸な境遇も、やはり夏目と似ている。だから、夏目自身も「何とかしたい!」そんな衝動に駆られたのでありましょう。実はこの心境は、名取のそれとも通じるものがありますね

かつての自分と同じ苦悩を味わう存在の傍らにいて、何かを伝えなくてはならないという衝動・・・夏目も、名取もカイもあまりに優しすぎるのです。だから、時に人にも妖怪にも絶望するし、それに傷つき極端に臆病となってしまう。


それでも、人の妖怪の優しさに触れ、また信じたいという気持ちにさせてくれるのだから不思議です。「人か、妖怪か」どちらかを選ぶべきだと名取は言いましたね。

この問いに対して夏目は「人だとか妖だとかそんなことじゃくなくて、自分にとって大切なのかどうか。その瞬間の想い、幸せを心のまま素直に迷うことなく受け止めていけたらと思う」と締め括りました。

相手が、何者かであるかどうかは大した問題ではなく、その人と出会い、そしてその時々に感じる想いを大切に、これからも生きていきたいという夏目の前向きな意志が表されていた言葉であったと思います

また、タキにカイが妖怪であることを話し、一緒に会い行こうと誘ったところにも、全てを一人で抱えるのでなく「誰かと想いを共有しよう」という夏目の姿勢が示されていたのではないでしょうか。


さて、二期も早いものでついに最終回ですか。原作ストック的に暫くはアニメ化されないでしょうから、暫しの間この作品ともお別れですね、しかし、いつか必ず三期をやってくれると信じております。

それにしても、地味な作風ながらこの作品は人気がありますね。二期では、全体テーマとしてこういうものを描きたいという、作り手なりのメッセージ性がしっかりあり、それに則って原作の回の順番を入れ替えたり、或いはオリジナル回が挿入されていました


ただそのため、同じような話しが続いたり、やや夏目の成長が停滞しているように感じたりしたりする部分もあったかもしれません。

それでも最終回には夏目の成長がちゃんと示され、それは決して急激な変化ではなく、これからも長い時間をかけて変わり続けるのだというこの作品性を表すものだったと私は思います


ところでこれまで、夏目友人帳における視聴者の視点というのは、実はニャンコ先生の視点と重なるものがありました。

常に、夏目と傍らにい続け、大きく干渉することなくそれを見守る存在。我々が夏目に抱く歯がゆさや、あるいは愛着といった感情は全て、ニャンコ先生が感じているものと同じもののはずです。

私は、夏目が大きな成長を果たした時(私はそれは夏目が塔子さん達から自立する時だと思ってますが)、この物語はおそらく終了を迎えると思います。

この時、我々が夏目から離れていくとの同時に、ニャンコ先生も彼の前から姿を消すのではないだろうか?まあ、それでもきっとどこかで夏目を見守り続けているのでしょうけどね・・・。


そんなわけで、スタッフならびに声優の皆様お疲れ様でした。またこの感想記事を読んでくださった方、これまでコメントを下さった方、本当にありがとございました。よろしければ感想等を聞かせてくださいませ。


最後に、カイ役の竹内順子さんの演技が素晴らしかった。彼女の繊細な表現には心が染み入り、カイの想いが本当によく伝わってきて久しぶりに目頭が熱くなるのを覚えました。素晴らしい演技をありがとう!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日夜11時からは、アニメラジオの決定版!ピッコロのらじお♪!!>

毎週水曜日夜11時より、ねとらじにて「ピッコロのらじお♪」を配信中~!!

ピッコロのらじお♪は、藍依さん時雄さんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語るラジオでございます。WHITE ALBUM、まりあ†ほりっく、みなみけ おかえり、続 夏目友人帳、宇宙をかける少女、はじめの一歩 、ドルアーガの塔、黒神 、、鋼殻のレギオス、空を見上げる少女の瞳に映る世界、ヘタリア等 。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信のお知らせは、当ブログトップページをご覧下さい。

<特集!「喰霊~零~はなぜ成功したのか?」&「09年スタート新作アニメ紹介」 ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾をアップ!!(08/12/29更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第24弾」をアップしたしました。今回は先日最終回を迎えました「喰霊零」を特集!「喰霊零はなぜ成功したのか?」というテーマで、アニメブロガーさんと共に熱く語り合っております。さらに、2009年1月より開始されます新作アニメを特集!こちらも、アニメブロガーさんに集まって頂き、それぞれの作品を紹介、解説しております。沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにレトロゲーム紹介コーナーでは、幻の携帯ゲーム機「アタリ・リンクス」を紹介しています。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾」


<今期終了アニメを評価してみないか?3の中間集計結果発表の模様をポッドキャストラジオでアップ!!>

1月14(水)に放送しました「ピッコロのらじお♪内」で行った、当ブログの企画「今期終了アニメを評価してみないか?3」の中間集計発表の模様をポッドキャストラジオにてアップいたしました。聴きたい方はこちらをクリック!↓

★(ネットラジオ)今期終了アニメ評価してみないか?3の中間集計結果発表!!

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/937c1aac7b
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10234196599/6f351212
http://d.hatena.ne.jp/karinto/20090331/1238510317
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/0423a5ff8a
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yumemiruomoi/544245
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/cd56f3d3fa

0 Comments

Post a comment