(アニメ感想) BLOOD+ 第14話 「さいごの日曜日」

BLOOD+(2)




久しぶりの沖縄ですね。取り敢えず新展開の前の小休止の回といったところでしょうか?そして、オープニング曲も変わりました。前の歌はこの世界観にピッタリ合ってて好きだったのですけど、今回画はいいですね。ちょっと変なシーンありますけど。まあ、久しぶりの沖縄は楽しみです。やっぱり、ミンは完全無視ですか・・・。戦士の休息・・・一時的に沖縄に戻ってきた小夜、リク、カイ。ジョージとの想い出が一杯詰まった我が家、やはりここは何も変わっていませんでした。そして、ジョージのグローブを持って墓へと向かう小夜達。ところが、お墓の前には巨大な蜘蛛の巣のような奇妙な物体が・・・。驚くリクとカイに小夜は「ここが私の始まりの場所だって・・・」とジョージの話してた言葉を口にします・・・。

墓参りの後、リクを強制的に帰して小夜とデートをとしゃれこむカイ(笑)。この男、ロクに自分の強さを磨かないでイッチョ前に色気づきやがってこのスカタンが!!(苦笑)と言うのは誤解で一緒にランチ(笑)を食べた後カイが連れていた公園で待っていたのは親友の香里。カイが気を利かせてくれたようです。いいところあるじゃないですか?

小夜と香里何気ない世間話をする二人。しかし、どこかぎこちない会話・・・。「私もう前のままじゃいられない・・・。この街は変わらないけど私は変わっていく・・・」そう、暗い表情で話す小夜に「私に出来ることなら何だって手伝うよ。私は小夜の友達なんだよ・・・」温かい言葉を小夜の背中に投げかける香里。その言葉を聞いて一瞬小夜の表情が優しくなるのでした。

この後、香里とカイの友人A、Bを加えてバーベキュー大会を開催。「これハジに・・・」と食事を皿に盛ってハジの元へと向かうリク。あっ、ハジさんいたんだ知らなかったよ。でも、どうやら彼はリクを手なづけたようです小夜の下僕をやっている自分がみじめでリク君を家来にしたのでしょうか?(笑)しかし、小夜も自分だけ飯食って飼い殺しですか?気を利かせろよな、散々ピンチを救ってもらってるくせに。やられ損のハジさんでした・・・(苦笑)。

さてと今回は本当に小休止の回でしたね。特にストーリーも進展なかったですしね、まあ総集編とかされるよりはマシでしたけどね。次はロシアですか暑いところの次は寒いところ、全世界一周とかするつもりじゃないでしょうね?ところで、次回から新展開と思いきや真央と新聞記者・岡村メインの話しになるみたいですね。正直、真央はこれから特にストーリーの重要な部分に絡んでくるような人物ではないと思うので捨てキャラになると思われたのですけどね・・・。私はそれよりミンの事が気になってしょうがないですよ。男が出来たからほっといてもいいって事なんですかね?そりゃないでしょ~。

BLOOD06011400

0 Comments

Post a comment