(アニメ感想) アスラクライン 第6話 「闇の向こうに浮かぶ贄(いけにえ)」

アスラクライン 1 (1) (電撃コミックス)
アスラクライン 1 (1) (電撃コミックス)
クチコミを見る




気がつけば、いつもの朱浬に戻っていました。結局、ゆかりの人格が表れたのは一体なんだったのでしょうかね?大きな肉体的ダメージを受けたことによる記憶の錯誤?・・・いや、やっぱり変ですよね。



双子という設定は、物語において、色々なギミックとして利用される事が多々あります。

ブラックラグーンの双子編では、双子がカツラを被ることでどちらの人格にも対応出来、一人が生き続ける限りは二人とも永遠に生きつづけると信じていました。

ひぐらしのなく頃にでは、魅音と詩音が入れ替わるというネタがありましたっけ? またバイオハザードコードベロニカでは、双子の兄が妹(姉?)の女装をする事があり、復活しない妹の代わりを演じていたというシーンがありましたね

では、朱浬の場合はどうか?妹が死んだことで大きなショックを受け、もしかすると自分だけが生き残った事に対し、ある朱罪の意識を感じていたのかもしれません。それで、妹の人格を作り出したという解釈も出来ますね。

ただ、引っかかったのは、はるかの白銀の対峙のシーンで、「朱浬姉さん?」と朱浬が呟いた事・・・。これは、白銀の射影体の言葉に対しての朱浬の反応でしたが、妙だ・・・。

つまり、言葉のまま捉えると、白銀の射影体が朱浬ということになる

・・・となると、考えられる事は一つで、現在朱浬のフリをしているのがゆかりで、飛行機事故で亡くなったのが朱浬なのではないだろうか?どういう経緯でそうなったのかは分かりませんが、ゆかりは朱浬として生きる道を選んだ。

ところが、はるかからの大きなダメージを受けた事で本来の人格に戻った・・。

ただ妙なのは、こういうケースでは本人は絶対に自分は朱浬と思い込んでいるものですから、「朱浬姉さん?」なんて反応はおかしいのですけどね。本来はもっと取り乱すべき場面だと思うのですけど・・・うーん、よく分からん。


さて、最後は操緒が智春のクラスに転入してくるというトンデモ展開。皆に彼女の姿が見えるようになったのは、スタビライザーを取り込んだ影響なのでしょう。しかし、幽霊が転入って・・・誰も突っ込まんのかい!!・・・これでまた愉快な日常が繰り広げられそうだ。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日 夜11時からはアニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は4月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、戦国BASARA、クイーンズブレイド、アスラクライン、PandoraHearts、バスカッシュ!、Phantom ~Requiem for the Phantom~、けいおん!、ハヤテのごとく!!、真マジンガー 衝撃!Z編 、戦場のヴァルキュリア、グイン・サーガ、シャングリ・ラ、タユタマ -Kiss on my Deity-、夏のあらし!、ティアーズ・トゥ・ティアラ、咲 -Saki-、蒼天航路など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

<特集!「喰霊~零~はなぜ成功したのか?」&「09年スタート新作アニメ紹介」 ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾をアップ!!(08/12/29更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第24弾」をアップしたしました。今回は先日最終回を迎えました「喰霊零」を特集!「喰霊零はなぜ成功したのか?」というテーマで、アニメブロガーさんと共に熱く語り合っております。さらに、2009年1月より開始されます新作アニメを特集!こちらも、アニメブロガーさんに集まって頂き、それぞれの作品を紹介、解説しております。沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにレトロゲーム紹介コーナーでは、幻の携帯ゲーム機「アタリ・リンクス」を紹介しています。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾」

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/f257b733d0
http://blog.so-net.ne.jp/yan13/2009-05-11/trackback
http://blogs.yahoo.co.jp/tomorocca/trackback/1040914/40313514
http://d.hatena.ne.jp/tokigawa/20090507/p1

0 Comments

Post a comment