(アニメ感想) 東のエデン 第6話 「東のエデン」

東のエデン 第1巻 初回限定生産版 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
東のエデン 第1巻 初回限定生産版 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
クチコミを見る




☆<5/15更新>前回、東のエデン(第5話 「今そんなこと考えてる場合じゃないのに」)の感想をポッドキャストにて収録!

「滝沢君がニートにした事」、「セレソンが戦うこの国の空気とは何か?」、「結末に向けての一抹の不安・・・」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語っております。聴きたい方は↓をクリック



★東のエデン 第5話感想談義



banner03

*様々なアニメを語る、「ピッコロのらじお♪」は毎週水曜日夜11時より放送!!リアルタイムで掲示板に是非突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





画期的な携帯サイトを発明しながら起業を断念した大学サークル「東のエデン」。ワシントンでの経緯を聞き、滝沢に興味を持ったメンバーは滝沢のシネコンに向かう。しかしサークルの参謀・平澤は滝沢への不審を拭えず......。



そもそも、ニートの定義って何なのだろう?この作品を見ていると、その辺りが少し曖昧であるようにも感じてしまう。

wikiによると本来のニートの意味は「教育を受けておらず、労働をしておらず、職業訓練もしていない」となるらしい。

もっとも、日本におけるニートの定義は様々で、正直どれが正しいのか分からない。

例えば、フリーターはニートか?と言うと、多くの場合その定義から外れるが、内閣府の定義によるとフリーターの一部には含まれるという。

そもそも、ニートと言う言葉最近出てきたものであるが、それまでは「働かない人(働けない人)」は「引きこもり」と呼ばれてきた。今は、「引きこもり」もニートの中に含まれる。


例えば、「十分に働けるだけの能力がありながら、あえて働く事を拒否している人」、「精神的問題で、働きたくても働けない人」は同じニートだとしても、同義には語れないところがあると思う。後者はどちらかと言うとかつては、引きこもりと呼ばれた人達であります。

ただ、この作品で言うニートはこのどちらにも当てはまるようで、当てはまらない人達・・・咲や平澤は、それに近いと言えそうだ。つまり、「社会を目指すも、そこに大きな限界を感じてしり込みをしているタイプ」と言えばいいか・・・


そういえば、かつての滝沢はそんなニート達を外国に送り込んだようだが、これはある種の荒療治とも言えます。

ただ、強引ではあるものの、着眼点は面白い。海外に出ることで視野が広がる事もあるだろうし、生きるか死ぬかの目に遭った人間ならば、日本が余程の天国に見える場合もある、また多くの人との出会いも自身を変える大きな要因となりえるはず。

世界を見て、自身を変え、社会に対するアプローチも変えるか?・・・もしくは、社会そのものに革命を起こすのか?・・・今の滝沢の目指そうとしているのは、後者でしょうね。

そして今回、咲の所属する「東のエデン」への支援を約束した。上がりを決め込んだ大人達への抵抗・・・まあ若者達を総ニート化することによって、社会のシステムそのものへの反逆を目指そうといったところか・・・。

何となく、この作品のテーマが見えてきた。でも、それらの行為によって、本当に咲達の抱える閉塞感への打開策となるかは分からない。それはつまるところ、個人の問題へと回帰するところもあり、かなり難しいテーマをこの作品は描こうとしているのだと思う。


最後に、平澤達が開発したという画像解析ソフト。そこに情報が付与されることによって浮かび上がる価値・・・というのはなかなかに面白い。出会い系に利用されてしまうのは微妙だが、きっと有用な使い方がありそうだ・・・。


そして、大杉君のピンチ・・・。このままジョニーを切り落とされたら、不能になっちゃうからエラいこっちゃ!!とにかく、生きろ!!!w


*以下は前回頂いたコメントへのレスです。

たまさんへ

コメントありがとうございます。

>物語にはそもそも、そんな明確な答えは必要ないし、全ての視聴者を納得させるような、答えを用意する必要ない・・・

それはおっしゃる通りだと思います。明確な答えを出さずある程度視聴者に考えを委ねるという部分はあってもいいかもしれません。しかし、この作品にはちゃんとしたテーマ性があり、我々に向け何か問題提起をしているところがあると思うのですよね。何も全ての答えを出さなくともいいのですが、作り手なりの何かを提示しないとダメだと私は考えます。結局、終わってみて何が言いたかったのか伝わらなかった・・・では困ってしまいます。


nunnnunnさんへ

コメントありがとうございます。

>自分は『この国の空気』っていうのはこの国にある
すでに完成していてそれで尚、払拭されない
取りはらうのが難しい磐石な物の総称

私も恐らくそれだろうと思っています。結局、現在の滝沢のやろうとしている事はそれに対する反逆なのではないでしょうか。ただ、記憶を失う以前の彼のやろうとしていた事はむしろその逆で「迎合」だったような気がします。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日 夜11時からはアニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は4月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、戦国BASARA、クイーンズブレイド、アスラクライン、PandoraHearts、バスカッシュ!、Phantom ~Requiem for the Phantom~、けいおん!、ハヤテのごとく!!、真マジンガー 衝撃!Z編 、戦場のヴァルキュリア、グイン・サーガ、シャングリ・ラ、タユタマ -Kiss on my Deity-、夏のあらし!、ティアーズ・トゥ・ティアラ、咲 -Saki-、蒼天航路など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

<特集!「喰霊~零~はなぜ成功したのか?」&「09年スタート新作アニメ紹介」 ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾をアップ!!(08/12/29更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第24弾」をアップしたしました。今回は先日最終回を迎えました「喰霊零」を特集!「喰霊零はなぜ成功したのか?」というテーマで、アニメブロガーさんと共に熱く語り合っております。さらに、2009年1月より開始されます新作アニメを特集!こちらも、アニメブロガーさんに集まって頂き、それぞれの作品を紹介、解説しております。沙雨さんとお送りするOPトークコーナーでは、スペシャルゲストが登場!アニメや声優などの話題について濃いトークを繰り広げております。さらにレトロゲーム紹介コーナーでは、幻の携帯ゲーム機「アタリ・リンクス」を紹介しています。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第24弾&24.5弾」

http://lazyafternoon510.blog59.fc2.com/tb.php/294-3ed6c75f
http://fall94.blog20.fc2.com/tb.php/15-fde61eeb
http://area510.blog39.fc2.com/tb.php/591-7adc39af
http://d.hatena.ne.jp/ennoea/20090516/eden6

0 Comments

Post a comment