(アニメ感想) 夏のあらし! 第7話 「他人の関係」

夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]
夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]
クチコミを見る




潤は男装した女の子だった。彼女はカヤから「皆には女だってこと、隠したままでいるつもり?」と問われ、言葉に詰まってしまう。その頃、あらしと一は方舟の前で雑巾をボールに、ひしゃくをバットにして野球をしていた。一はあらしに向かって渾身の球を投げるが、あらしは、その球を見事打ち返す。ところが打球は勢い余って方舟の屋根の上にある風見鶏を壊してしまう。その風見鶏は戦前から方舟の屋根に設置されているもので、あらしやカヤにとって思い出の品だった。



前回に引き続き、潤とカヤが抱える問題に焦点を当てストーリーは進められた。潤の問題については、大筋において前回考察した通りで、やはり身内の女性に対して抱く複雑な感情に端を発しているようです。

私は、母源病に近いものかな?と勝手に想像していたのですが、どうやら姉の方に問題があるらしい。詳しくは分かりませんが、男にだらしないとか、そんなところでしょう。

周囲のモデル友達や姉に抱く嫌悪感は、やがて自分が彼女達と同じ女であると言う事実を強く意識させ、現在の男装行為へと繋がっていたのではないかと思います。

女性らしい服装でいる事への強い抵抗感・・・本人は、「仕事で男装していたところを一に見られてしまって・・・」みたいな事を話していましたが、実際のところは前述した通りなのでしょうね。


そんな、窮屈な心の縛り・・・それは、カヤとも共通性があることは前回の感想でも記述したとおりです。

愛する人をみすみす死なせると分かっていても、過去の改変に大きな抵抗感を覚えるカヤ。「好き」と言うべきではないという彼女の想いは、十分に理解出来るところであります。

「誰かを愛するということは命をかけるべきなのよ」、なるほど今回のカヤの言葉は素直に心に響いてくる。それは、前回のあの出来事を目の当たりにしているから、余計にそう感じるのかもしれない。

確かに、彼女は命をかけて愛する人を救おうとした。しかしそれは、自身に課したルールからは逸脱するもので、その事に対する強い罪悪感は今も残っているようです。

「好きと言う気持ちは本当に人を狂わせるわ」、カヤは潤にそう話した。「恋は病気のようなものだ」と言います。普段どんなに理知的で、冷静な人でもその病気にかかれば、たちどころに周囲が見えなくなり、愛する人に夢中になる・・・。恋とは、そういうものでしょう? 

命をかけてまでも愛する人がいながら、何を迷うことがあるのか?それはただ臆病になっているだけではないのか?潤はカヤに強く指摘します。

死んだ後も、こうして幽霊としてあり続けるのは、心残りがあるからではないのか?・・・潤の言葉はカヤの心に強く響く・・・。


なるほど、今回で一つはっきりした事がありますね。死んだはずのあらしとカヤが今もこうして存在する理由・・・まあ、幽霊というのは元々未練があり成仏出来ないと言う設定になっている事が多いですし、この作品でもそうなのでしょう。

未練は、過去に存在するものです。あらしにしても、カヤにしても、その過去の改変と言う行為は、心残りとなっている何かを充足させるために必要な事と言えるわけです。

つまりは、二人を縛っている何かとは未練であり、その解消こそが彼女達の真の解放へと繋がるのでしょうね。

そして一や潤が、そんな二人の側にいて協力することは、結果自身の救済にも結びつくはずです。・・・ようやく、この作品のしたいことが見えてきたところで・・・うん、次回以降への期待感は高まったかな。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日 夜11時からはアニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は4月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、戦国BASARA、クイーンズブレイド、アスラクライン、PandoraHearts、バスカッシュ!、Phantom ~Requiem for the Phantom~、けいおん!、ハヤテのごとく!!、真マジンガー 衝撃!Z編 、戦場のヴァルキュリア、グイン・サーガ、シャングリ・ラ、タユタマ -Kiss on my Deity-、夏のあらし!、ティアーズ・トゥ・ティアラ、咲 -Saki-、蒼天航路など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://meblog.jp/tb/1549450
http://cactusanime.blog104.fc2.com/tb.php/875-7f3da12a
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/tb.php/216-0dcfcddd
http://mitubatatibana.blog122.fc2.com/tb.php/1120-7423ff1f
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/45068184

0 Comments

Post a comment