(アニメ感想) 宇宙をかける少女 第20話 「白銀の追跡」

宇宙をかける少女 Volume 3 [DVD]
宇宙をかける少女 Volume 3 [DVD]
クチコミを見る




箱に閉じこめられた秋葉は、外へ出る方法も見つからず困惑していた。その頃レオパルドコロニーでは、いつきの目の前でほのかが倒れた。病院に行こうと言ういつきに、目的を遂げるまで行けないとほのかは答える。一方、風音は異星人のステーションを手に入れるためにつつじとベンケイを説得。また、いつきと時雨はカークウッドへ秋葉の捜索へ向かい、ほのかはフォンを迎え入れるため、地球へと向かうのだった。レオパルドは決戦に備え、獅子堂元老院の遺産が眠るインスマス暗礁へ。その頃、ネルヴァル人間体がウーレからの刺客に狙われていた。暗殺犯人のズァンメン 3体をナミとアレイダ、高嶺が追いかける。圧倒的なQTの力と戦闘力でズァンメンを破壊したナミ達は、その首を掲げてネルヴァルの元へ戻ったが、ズァンメンの首が最後の力を振り絞って放つ攻撃に、ナミはその胸を貫かれるのだった。



相変わらず、唐突だ・・・ウーレ?なんだ、まだそんな勢力がいたのですか・・・恐らく、その存在を匂わせる伏線はすでに張られていたたのでしょうが、普通に見ていて気づくはずもなく・・・。

伏線の張り方も、何らかの意味があると分かりやすく映し、後ほど種明かしをした際に「なるほど」と思わせるものや、逆に全く重要だとは思わせず、後に明かした際に意味を持つものなど色々ありますが、この作品の場合は単純に伏線の処理の仕方がまずい気がする。

何かが明かされても「ええ~!?」と何とも釈然としない気持ちになってしまうのです。別にそこまで、巧妙に隠す必要のない情報が多いし、いまいち作り手の意図が分からない。

キャラクターの心の動きに関しても同様で、これまで大した描写を見せていなかったのにも関わらず、突如キャラクターが大きな心の動きを見せたりする・・・これも唐突に感じてしまう。

例を挙げれば、秋葉が何かを思い出したように突然悩み始めたり・・・とか。

人の心の動きは、自然な流れで描写すべきだと思っています。そこに、ウソがあってはならないと言うのが個人的な意見です。その意味で、この作品はキャラ心情描写をうまく見せられてないように思える。ほのかが激しく影が薄いのもその辺りの影響がありそうだ・・・。


さて、箱に閉じ込められてピンチの秋葉ですが、どうやら箱に入ってすぐに記憶が消去されるなどの処置が施されるということはないようですね。

と言うより多分、外的な要因によって記憶の消去、人格の統一化がなされるのではなく、あの箱に入って暮らしていれば、自然ににそうなっていくと言うことなのでしょう

そして、以前から言われていることですが、箱人間達は某巨大掲示板の住人の暗喩で間違いないと思います。

秋葉が他の箱人間に話しかけられるシーン、「あなた達は誰か?」と問えば口々にその住人達は、「箱人間」だと答えました。

匿名性の高い某掲示板では、特定の名は持たず「名無し」で統一されます。まさに、それでしょう。また、口調も皆同じ、反応も同じというところにもやはり共通性が見られますね。


例えば、某掲示板の独特の用語がありますね? もちろんスレの雰囲気や人によってそれを多用しないところはあると思いますが、彼らは好んで同じ用語を用い会話します。

本来それはあの世界でのみ許されることなのですが、一般のブログや他の掲示板でも多くの人が用いているのは、良く見かける光景でしょう。

ニコニコ動画のコメント等も同様で、一つのシーンにおいて、多くの人が同じ言葉、同じ反応するところなんかは、どうにも違和感をおぼえてしまう

例えば「キタコレw」とか、「ワロスww」等。最初見た時には、正直気持ち悪いと思ったし、同時にこれは何なのだろう?と考えた。

もしかすると、同じ何かを共有するというところで、仲間意識とそこから来る安心感と言うものを味わうのかもしれない。

ただ、限定された用語の連発は、思考停止も同然の危険性があると思う。全ての思いや感情は、一つの言葉に集約され、その表現方法には工夫が感じられない。いや、あの掲示板はそれが許される世界なのだろうが、それ以外にも侵食してくるとやはり大きな危機を感じてしまう

端的で誰にも通じる用語のみでの会話が成立・・・やがてそれは思考の統一にも繋がる。全て同じなのであれば、個は無意味なものとなり、自我は崩壊・・・結局、常に誰かと繋がっていないと、あるいは皆と同じでないと大きく不安になると言った人間の出来上がりというわけだ。

きっと、箱人間が作り上げられるプロセスもそんなところではないでしょうか? つまり、作り手の大きな皮肉が込められているんだろうなと言う事は、十分に想像がつきますね。


最後にナミが死亡!?・・・ちょっと、引きのための演出のような感じがしたが・・・と、やはり次回予告ではピンピンしていた。しかし今回は、つつじの事も書きたかったけど時間がなくて断念。次回、詳しく触れてみたいですね。

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日 夜11時からはアニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は4月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、戦国BASARA、クイーンズブレイド、アスラクライン、PandoraHearts、バスカッシュ!、Phantom ~Requiem for the Phantom~、けいおん!、ハヤテのごとく!!、真マジンガー 衝撃!Z編 、戦場のヴァルキュリア、グイン・サーガ、シャングリ・ラ、タユタマ -Kiss on my Deity-、夏のあらし!、ティアーズ・トゥ・ティアラ、咲 -Saki-、蒼天航路など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://amarukeiichi.blog42.fc2.com/tb.php/76-214c09f7
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10264734710/a5821759
http://blogs.yahoo.co.jp/hime_destiny2000/trackback/1504862/58053011
http://blogs.yahoo.co.jp/hayase_ausf_h/trackback/1478458/57889218
http://blogs.yahoo.co.jp/hagudup04/trackback/656509/17066489
http://blogs.yahoo.co.jp/touhourobin/trackback/928478/29407603

0 Comments

Post a comment