(アニメ感想) 蒼天航路 第7話 「天地人」

蒼天航路 (2) (講談社漫画文庫)
蒼天航路 (2) (講談社漫画文庫)
クチコミを見る




黄巾党と呼ばれる太平道の信者たちの反乱に、朝廷は、何進を大将軍に据えて対抗しようとした。何進の元には、袁紹ら各地の将軍たちが集結。百名の兵を従えてやって来た曹操は、朝廷から三千の兵を与えられ、最激戦地・潁川で戦うよう命じられた。進軍の途中、曹操は、黄巾党の兵が占拠する砦を発見。その戦力を見るため攻撃を仕掛けた曹操は、一見無秩序に思えた敵の戦術にア然となった。黄巾党の兵は、常に三人一組で戦い、相手を倒すよう訓練されていたのだ。砦を攻め落とした曹操軍は、潁川の官軍の本陣を守っている皇甫嵩に会い、そのまま最前線へと向かった。



黄巾党討伐に向けて、いよいよ動きだした各地の将軍達。当然ながら、曹操もこれに参加。そして、この鎮圧の指揮を執ることになったのが何進大将軍であります。

何進の家は元々身分が高かったわけではないが、妹が宮中に入り霊帝に見初められ皇后となったために、異例の出世を果たしたと言います。身分と言えば、曹操の家もそれほど高い地位にあったわけではありません。

例えば今回、戦いに参戦した袁紹は名門の生まれであり、現時点においても曹操より先行していると言っていいでしょう(もっとも曹操は対等に話していましたが)。

しかしこの黄巾討伐は、そんな曹操が成り上がるための大きなきっかけとなる戦いです。

もちろん、曹操だけではなく、孫堅や劉備などの今後この物語の核となる大人物達までも引き寄せる事にもなるのですが・・・彼らの活躍については、今後の楽しみというわけですな。


さて、黄巾党軍の戦いにおいて、彼らの戦術を冷静に分析した曹操。他の将は、黄巾党を素人の寄せ集め集団として侮っていたところがあったが、実はかなり訓練され統制のとれた組織であることを曹操は見抜いた。

三人一組となり、それぞれが役割を持って戦う「天」「地」「人」の戦術。それは、黄巾党全体を捉えた場合にも同様の思想が反映されており、その分析は曹操達がこの戦いにおいてどのようにして優位に立つべきかを示していた・・・。

いやあ~曹操のキレがさらに鋭さを増してきましたな。彼の冷静な分析には、他の将軍も舌を巻くばかり・・・。

だが、その曹操をして「大人物」と言わしめたのが、今回初登場の孫堅であります。

豪胆にして、合理的・・・曹操が認めたとおり、孫家は今後も着実に力をつけ、何れ曹操と並び立つほどの存在となるのですが・・・今は、この二人の共闘関係を楽しみますかね。

戦いはさらに、激しく熱く・・・次回の展開にも期待だ!!

↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<毎週水曜日 夜11時からはアニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は4月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、戦国BASARA、クイーンズブレイド、アスラクライン、PandoraHearts、バスカッシュ!、Phantom ~Requiem for the Phantom~、けいおん!、ハヤテのごとく!!、真マジンガー 衝撃!Z編 、戦場のヴァルキュリア、グイン・サーガ、シャングリ・ラ、タユタマ -Kiss on my Deity-、夏のあらし!、ティアーズ・トゥ・ティアラ、咲 -Saki-、蒼天航路など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://freetime10.blog95.fc2.com/tb.php/1210-b1cbd456
http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/140-638afe9b
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/eyeshield10/diary/200905200001/adce1/
http://blog.so-net.ne.jp/sironeko-momonopapa/2009-05-22/trackback
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/45085768

0 Comments

Post a comment