(アニメ感想) Fate/stay night 第2話 「運命の夜」

Fate/Stay night 初回版




2回目の放送です。あっという間の一週間でしたが、かなり待ち遠しかったです。今回いよいよセイバーの登場みたいですが、声優が誰なのか?第一声は?など結構楽しみにしております。もちろん、本編のほうも。前回は原作を知らない人にはちょっととっつきが悪い気がしましたが今回はどうでしょうか?それでは感想です。凛はサーヴァント中最強といわれているセイバーを召還したかったようです。しかし、召還されたのはアーチャー。自らの真名を思い出せないと言う彼ですがなにやら事情がありそうですね。アーチャーは凛に「最強の魔術師である君に召還された私が最強でないはずがない」と言います。公式では家事全般に意外な才能を持つと紹介されるアーチャーですが、彼にはジゴロの才能もあるようですね。女性を満足させるだけのキザなセリフをさらっと言ってのけるところなんかセンスを感じますね(笑)。

さて朝、衛宮家には相変わらず大河と桜の姿が。大河は別として毎日桜ちゃんは士郎の朝ごはん作りにきているのですかね?なんちゅーいい子だ。まあ、それだけ士郎の事好きなんだろうけど、ここまで尽くされるとちょっと重いよね(背中あたりが(笑))。ところでその桜ちゃんのお兄さんの慎二ですが、こちらはかなり性格が悪い様子。同じ弓道部の女の子の話しでは、部活中はやりたい放題、この間も弓を持ったばかりの男子生徒にわざと女子の前で的を射させて当るまで散々笑いものにしたとか・・・。最低な男だな。何でも遠坂凛にふられた腹いせだとか・・・ワロス。でも、友人と言いつつもなんか、士郎にもそっけない態度こいつやっぱりキライだ。桜ちゃんはあんないい子なのに不思議でたまりません。

一方、凛てすが学校でなにやら敵の気配を感じます。なにやらずーと彼女を見ているようで、すぐに攻撃を仕掛けるつもりはないようですがとりあえず警戒はする凛。そして放課後、士郎は女共を引き連れて弓道場の前にいる慎二を発見。自分は忙しいから代わりに道場を片付けてくれと勝手なお願い。しかし、嫌な顔一つせずにそれを快諾する士郎。この子どこまでお人よしなんだろう。結局、士郎は慎二のこと友人って言っているけど慎二の方は全くそんな風に思っていない。ただ、都合のいい時に利用するだけの存在なんですね。ああ、こいつ早くイけばいいのに。凛がヤってくれないかな。そんなシチュエーションがあったら正直快感です。

夜の学校、ついに凛を狙っていた敵が姿を現します。そして、有無も言わさず戦闘に。当然の如く、アーチャーがその前に立ちはだかります。そして、始まるアーチャーとランサーの戦い。その激しい戦いの最中、偶然居合わせた士郎。士郎に気づいたランサーは彼に襲い掛かります。逃げる士郎、しかしランサーにあっという間に追いつかれ胸を槍で貫かれます。薄れゆく意識の中亡くなった父親の事を思い出す士郎そして・・・。

ああ、面白い!面白すぎる!!セイバーが登場するシーンなんて最高にかっこよかった。何年ぶりでしょ?こんなにワクワクするアニメは。主人公を守る剣士が女の子って言うのがまたいいですね。面白い設定を考えるなあと感心してしまいました。引き込まれていく要素がかなり多くてこれは凄いアニメになるかもしれません。初回の放送では私も原作を知らないと言うこともあってちょっととっつきが悪いかなと思っていたのですが、今回は原作を知らない人でも十分ついていける展開だったと思います。たまに専門用語が出てきますが別に無視してストーリーを追っていっても問題ないと思いました。さあ、いよいよセイバーが登場!!声優さんは川澄綾子さんだったんですね。セイバーの第一声を楽しみにしていたので情報を仕入れてなかったのですが、納得の人選だったと思います。ノエインと並ぶ大作アニメの登場で今年のアニメ業界も盛り上がりそうですね。

FATE06011800

0 Comments

Post a comment