(アニメ感想) BLOOD+ 第15話 「おいかけたいの!」

BLOOD+(2)




「追いかけたいの」相変わらず変なセンスのタイトルですね。これは、「格闘美神 武龍」といい勝負するかもしれません(笑)。さて、今回は真央が大活躍!自分だけのけ者にされた彼女が大暴れ(?)します。また、小休止といった回になりそうですね。では、感想です。絶対許さない!!」もぬけの殻となった「OMORO」を目の当たりにして激しい怒りを露にする真央。何も言わずどこかへと去ってしまったカイの手がかりを探すために奔走します。一方、ベトナムから帰国したものの大した成果を上げられなかった琉球毎日新聞記者・岡村。しかし、小夜と何者かが戦っているところを捉えた写真を見てある重要な事に気づきます・・・。

通り魔事件の事を調べているうちに、米軍が救急病院から連れ去ったとされる宮城ジョージにいきついた岡村。さらに詳しく調べていくと、ジョージとその家族全員が行方不明となっていることが判明。そして、ここでジョージと小夜が繋がります。小夜のことを調べるために彼女の通っていた高校へと向かう岡村。彼はそこで偶然、小夜の事を話していた女子高生、真央と香里に出会います。

随分とご都合主義な展開ですが、まあこうでもしないと話しが繋がらないようなシナリオとなっているのでもう仕方ないですね。それにしても、この新聞記者の存在って必要なのですかね。情報遅いし、目新しい情報もなく、知っていることと言ったら我々視聴者が見てきたことばかり・・・。きっと、視聴者が混乱しないために今までの情報を整理してまとめてあげるためだけの存在なのでしょうね、多分・・・。と思ってたら途中で話しが急展開、小夜のこと調べるために金が必要だと話す岡村に、真央が軍資金として5千万円を提供。その代わり自分も取材に同行させろと真央。本気ですか?リクとカイでも十分お荷物なのにこんなややこしいのがついてきたら話しがややこしくなるだけではないですかね?

小夜もハジも出てこなかった今回。正直ちょっと退屈でした。真央ってヤクザの娘って意外とりたてて特技もないし、これから先小夜の戦闘の役に立てるとも思えないので取り敢えず邪魔をして話しをややこしくしないようにお願いしたいものです。来週は激しい戦闘シーンが見られそうです。小夜と共に戦うハジの活躍ぶりにも注目ですね。そして、見事なやられっぷりにも・・・(笑)。

BLOOD06012100

0 Comments

Post a comment