(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第11話 「ラッシュバレーの奇跡」

鋼の錬金術師 vol.1 [DVD]
鋼の錬金術師 vol.1 [DVD]
クチコミを見る




ウィンリィの希望で、ともに機械鎧技師たちの聖地「ラッシュバレー」を訪れたエドとアルだったが、到着早々、国家錬金術師の証である銀時計をパニーニャという少女に盗まれてしまう。だがそれがきっかけとなり、エドたちはパニーニャや、パニーニャの両足につけられた機械鎧の作成者ドミニク、そしてドミニクの家族らと、思わぬ触れ合いを持つことになる。



☆<6/14更新>前回、鋼の錬金術師(第10話「それぞれの行く先」)の感想をポッドキャストにて収録!

「原作通りでまあまあの回だった」、「原作との比較違和感の原因は何?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語っております。聴きたい方は↓をクリック



★鋼の錬金術師 第10話感想談義



banner03

*他のアニメの感想を聞きたい人は、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!リアルタイムで掲示板に是非突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



最初に言うと、今回は話しの流れもスムーズで30分があっと言う間に感じた。蛇足だと思えるシーンもなく、キャラクターの想いも素直に伝わり良かったと思う

特に、ドミニクの家族との触れ合い、そしてそこでエド達が出産に立ち会うシーンはとても印象深かった。まあ、このような緊急時において男はえてして頼りにならないものだけど、エドや旦那のうろたえっぷりがまさにそうだった。

それに比べて、ウィンリーの肝の据わっていること! 突然の出産という事態に瀕しても、極めて冷静に構え、エド達に指示を出した

出産の場面でも、エドとアルは産みの苦しみに悲鳴を上げる母親の声を聞きながら、ただ祈ることしか出来ない。まさに無力でありました。

それは一つの生命を産み出す事の困難さというものを表しており、それだけに無事出産した時の喜びと安堵感は、格別であると言う風に映った。

産まれた出た生命を見て、新鮮な感想を抱くエドとアルの姿は大きな感動を伝えていたし、何より人から人が産み出されるという行為の尊さに触れ、彼らの中にまた一つ気づきが生じたように見えましたね

きっと今回のエピソードで、作り手のもっとも伝えたいテーマと言うのはそこにあったのでしょう。生命の尊さを目の当たりにした事で知る錬金術師としての限界・・・しかしながら、ウィンリーの想いの強さにも後押しされ、大きな希望を抱いたままでエドとアルは旅立つのであります・・・。


生命の神秘性と同時に、女性の強さというものも痛感させられる回でありました。それは、生命が女性によって産み出されるということと無関係ではありますまい

次回、いよいよエドとアルの師匠が登場しますが、彼女もまた女性としての強さと言うものを感じさせる存在であります。もっとも、前期のアニメではそれと同時に・・・いや、これ以上はネタバレですね。

ともかく今回、素直に楽しめた事は何よりでした。人の想いを作品の中で表現するのは、やはりなかなか難しいですね・・・


<毎週水曜日 夜11時からはアニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は4月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、戦国BASARA、クイーンズブレイド、アスラクライン、PandoraHearts、バスカッシュ!、Phantom ~Requiem for the Phantom~、けいおん!、ハヤテのごとく!!、真マジンガー 衝撃!Z編 、戦場のヴァルキュリア、グイン・サーガ、シャングリ・ラ、タユタマ -Kiss on my Deity-、夏のあらし!、ティアーズ・トゥ・ティアラ、咲 -Saki-、蒼天航路など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10281223420/232d260a

0 Comments

Post a comment